籠池夫妻の長男・佳茂氏が悲痛な訴え!「両親は冷暖房もない部屋で勾留4ヶ月、まるで囚人扱い」「父は筋を通しただけ、なのになぜこんなことに」

Pocket

どんなにゅーす?

・大阪地検特捜部に逮捕されて以降、4ヶ月以上もの異例の長期勾留が続いている森友学園の籠池夫妻の長男・佳茂氏が週刊現代に悲痛な胸の内を明かした

・佳茂氏は、現在Twitterで言論活動しており、安倍政権による「口封じ」ともいえる検察・司法を抱き込んだ両親の「不当勾留」に対して、強く世間に訴え続けている。

籠池夫婦の長男が語る「父母勾留4ヵ月。いくらなんでも酷すぎる」
あんなに安倍さんを応援してきたのに…

「父や母は一時期まで、誰よりも安倍総理を応援していました。あのまま何事もなく応援し続けていたら、(加計学園理事長の)加計孝太郎さんのように学校は認可され、安倍夫妻との関係も良好なままだったと思うんです。しかし途中で梯子を外され、逮捕されてしまった」

こう語るのは籠池佳茂氏(37歳)。森友学園の籠池夫妻の長男だ。

森友学園への不自然な国有地売却について、疑惑が解明される気配はない。当事者が口を閉ざしているからだ。森友小学校の名誉校長だった安倍昭恵夫人、近畿財務局職員、財務省理財局長だった佐川宣寿氏……。

だが、最大の当事者・前理事長の籠池泰典氏と、妻の諄子氏(ともに被告)は、発言したくてもできる状況にない。

7月31日、大阪地検特捜部に詐欺容疑で逮捕されてから4ヵ月にわたり、夫妻は大阪拘置所に勾留されているからだ。

~省略~

――籠池夫妻が勾留されている大阪拘置所内には冷暖房がありません。夫妻は弁護人以外との面会ができない状況だとか。

「もうすぐ真冬ですから、母には厚手の靴下を差し入れています。母が父と同じように勾留されていること自体ありえないことです。接見禁止のまま勾留4ヵ月。はっきり言って囚人扱いですよ。

『これ自体が懲罰ではないか、日本の司法制度は中世並みだ』と言った人がいますが、本当にそうかもしれないと思います。公平公正な取り調べ、調査、裁きが機能して初めて近代国家と言えるのに、その大前提が崩れています。

これまでも、日本の司法制度によって理不尽な思いを余儀なくされてきた人がたくさんいます。だから、冤罪事件に巻き込まれた元厚労次官・村木厚子さんの『私は負けない』のような書籍も差し入れているんです」

――特捜部は、籠池夫妻は立件に踏み切ったが、本丸の近畿財務局に対しては動きがありませんね。

「特捜部がなぜ財務省をやれないかというと、国税庁から情報をリークしてもらう関係があるのと、検察庁自体が財務省から予算をつけてもらう立場だからです。

そういう組織が抱える宿痾ですね。父と母だけが逮捕され4ヵ月も勾留されていることは出来レース以外の何物でもないと思います」

~省略~

――「交渉資料は破棄した」と言い続けた佐川氏は国税庁長官に栄転し、かたや籠池氏は詐欺罪で逮捕されました。

「父も母も逃亡するはずないし、証拠隠滅する気もないから、逮捕はないと思っていた。下の妹は泣き崩れていましたが、夢を見ているようでした。

逮捕前、父は一貫して誠意ある対応をしてきました。国有地払い下げに関して、情報も資料も、出したのはすべて父の側からです。政権からは一つも出ていない。非難されるいわれはないんです。

父が今こうなっていることに口をつぐみ、一転して父を悪者のように平気で言う人たちには二度と改憲だの教育だのと言ってほしくありません。

彼らは利権のために安倍さんに付き従っているだけではないか。それは『保守』ではなく『エセ保守』だよと言いたい」

――安倍昭恵夫人が籠池氏に100万円を寄付した疑惑もうやむやです。

「父は当初、表に出すつもりは毛頭なかったんです。でも、出さざるをえないほど追い詰められていた。昭恵さんには、仁義もきりました。

3月16日、父は視察団を前に『100万円を頂戴した』という事実を明かしますが、その前日の15日、昭恵さんから両親のもとに電話がありました。

父は昭恵さんに『もう、あの話を言わなければならなくなりました』と伝えています。私はやりとりを隣で聞いていましたから、父の苦渋はよくわかる」

【週刊現代 2017.12.16.】

籠池夫妻の長男・佳茂氏が、卑怯な「トカゲの尻尾切り」を行なった安倍夫妻と支持者たち、それに従属する特捜や司法の激しい”腐敗と劣化”に怒りを露わに

大阪地検特捜部によって逮捕されて以降、異例中の異例とも言える4ヶ月以上の勾留を受け続けている籠池夫妻の長男・佳茂氏が、週刊現代に多くの胸の内を語りました
彼の訴えには大きくうなずける部分も多くありますし、改めて今の日本でかつてなかったような「異常なこと」が起こり続けていることが実感されますね。

ああ。今の日本がいかに、「巨悪を助け、弱いもの”のみ”をいたぶる」システムが強固に出来上がっているのか、痛感せざるを得ないね。

佳茂氏が語っているように、籠池氏がこのような事態に見舞われてしまったのは、「メディアの前面に出てきて、多くの本当のことを語ってしまったから」だろう。
その最たるものが、昭恵夫人の「主人からです」との言葉とともに差し出された100万円の寄付の一件だろうし、彼が録音していた多くの音声データを公開したのも大きかっただろう。

これらはいずれも、森友疑獄を究明する際には非常に重要なファクターになったけど、こうした籠池氏による素直な「真相究明への探究心」が、結果として、夫妻が異常なまでの人権侵害にあたる「長期勾留」に見舞われる事態に繋がってしまった

その一方で、加計学園の加計理事長は、籠池氏と好対照なまでに、「完全雲隠れ状態」で保身に全精力を傾けながら徹底隠蔽に徹しているし、こうした「自らに嘘をつき続ける行為」が、結果的に安倍政権によって手厚くかくまわれ、森友と桁が違うほどの巨額の補助金詐欺疑惑がくすぶる中で、強行的に開学されることに繋がった

これ以上理不尽ことは無いし、安倍政権によって、日本社会は根底から腐りかけていることを痛感せざるを得ないね。

佳茂氏は、今まで森友学園を全力で応援してきた安倍政権の支持者が、(安倍夫妻による裏切りの兆候を察知して)素早く森友叩きに転じていった事実にも触れており、彼らを「エセ保守勢力だ」と断じていますね。

その上で、「素早く森友叩きに転じた彼らも、籠池夫妻のような立場に置かれる事態をどこかで恐れているのではないだろうか」とも分析していることも印象深い。
こうなってしまうと、保守でも右翼でもないただのファシズムの世界だし、あんなに熱烈に応援していた森友学園をあっさり裏切った連中は、自身の信念もポリシーも何も無い、「強いものにただ付いていくだけ」の金と権力の亡者か、意気地無しの卑怯者なんだよ。

その一方で、かつて森友学園の「愛国カルト教育」を強く批判していた良識ある人々が、今や籠池夫妻の不当勾留をやめるように日々デモや訴えを起こしており、佳茂氏も彼らに深く感謝している状況です。

彼らは、それまでは「権力者にくっついて愛国カルト教育を推進していた」籠池氏に強く怒っていたのであって、今や安倍政権に完全に捨てられ、逆に「弱いものいじめ」の状況に追い込まれてしまった籠池夫妻に手を差し伸べている上で、終始筋が通っている尊い信念を持っている人々だ。

ボクたちは、いかに安倍政権の支持者たちが、終始自らに嘘をつき続けている、「自己欺瞞と矛盾の塊」の集団なのかを理解する必要があるだろうし、こうした構図を理解することが問題の本質をよりよく見通すことに繋がっていくだろう。

しいて「彼ら」に一貫していることと言えば、終始、権力と金の臭いのするところを嗅ぎつけて、常にそちらの方向にすり寄っているということのみですね。

まさに安倍政権というのは、あらゆる「反社会的な要素」が凝縮した国家的な詐欺集団といってもいいだろうし、このような連中を支持していれば、自分自身も「人間であること”そのもの”を捨て去る」ことにも繋がってしまうだろう。

佳茂氏もそうした安倍政権の本質に完全に気がついている様子だし、せめて、検察や司法が本来のまっとうな役割を取り戻すためにも、ボクたち自身が強く声を出し続けていくことが大事なんじゃないかな。

おススメ記事&広告

 
Pocket