■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ルーリー終了フラグ?】東京地検特捜部、三浦瑠麗氏の夫・清志氏を10億円詐取の疑いで家宅捜索!取引先に建設予定がない太陽光発電所の建設計画を持ち掛けか!→瑠麗氏「私は一切知らない」

【ルーリー終了フラグ?】東京地検特捜部、三浦瑠麗氏の夫・清志氏を10億円詐取の疑いで家宅捜索!取引先に建設予定がない太陽光発電所の建設計画を持ち掛けか!→瑠麗氏「私は一切知らない」
Pocket

どんなにゅーす?

東京地検特捜部が、三浦瑠麗氏の夫・清志氏が経営する会社「トライベイキャピタル」と自宅を家宅捜索していたことが判明。各マスコミが報じた。

・報道によると、清志氏は、「取引先の代表に兵庫県での太陽光発電所の建設計画を持ちかけ、建設の見込みがないにもかかわらず、出資金およそ10億円をだまし取った」疑いがあるといい、被害を訴える代表が刑事告訴。三浦瑠麗氏は報道が事実であることを認めつつも、自身のウェブサイトで「私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ない」と強調、その上で「夫を支えながら推移を見守りたい」などとコメントした。

三浦瑠麗氏の夫が“10億円投資トラブル”で六本木タワマンに家宅捜索「夫を支えながら推移を見守りたい」

1月19日、太陽光発電事業への出資を名目に、およそ10億円をだまし取ったとして刑事告訴された東京・千代田区の投資会社「トライベイキャピタル」の本社と代表の自宅が、東京地検特捜部の家宅捜索を受けたことが報じられた。同社の代表は三浦清志氏で、国際政治学者・三浦瑠麗氏の夫として知られる。捜索の背景について、全国紙記者が語る。

「清志氏は『トライベイ』の代表として、再生可能エネルギー事業のファンド経営をしていました。瑠麗氏とは東京大学の同窓で、外務省、マッキンゼーなどの外資系コンサルティング会社などを経て同社に参画し、さまざまな投資案件に携わってきました。  同社は取引先の代表に兵庫県での太陽光発電所の建設計画を持ちかけ、建設の見込みがないにもかかわらず、出資金およそ10億円をだまし取ったとして、この代表から告訴されてきた経緯があります」

~省略~

捜索は同社以外にセレブが多く住むことで知られる六本木の高級タワーマンションでも行われた。 「捜索が行われたのは三浦夫妻が自宅としているマンションでしたが、昨年、さらに上層階に引っ越したばかりだったようです。今後、特捜部は自宅などから押収した資料を分析して、資金の流れなどの解明を進めるものとみられています」(前出・全国紙記者)

~省略~

【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2023.1.20.】

三浦瑠麗さん『夫の会社が家宅捜索』認める 「私はまったく関与しておらず、捜査に協力する所存」

~省略~

サイトでは「一部報道に関して」と題したタイトルで「今般、私の夫である三浦清志の会社が東京地方検察庁による捜索を受けたという一部報道は事実です」と報道を認め「私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないことではございますが、捜査に全面的に協力する所存です」と自身は無関係だとも強調。さらに「また、家族としましては、夫を支えながら推移を見守りたいと思います」とした。

【Yahoo!ニュース(中日スポーツ) 2023.1.20.】

ついに三浦瑠麗氏終了フラグか!?夫の清志氏が10億円を騙し取った疑いで特捜から家宅捜索を受ける!

出典:TRIBAY

三浦清志

~省略~

略歴
福岡県宗像市出身[1]。父親が日本人、母親がアメリカ人のハーフ。福岡県立宗像高等学校卒業[1]。東京大学教養学部在学中に三浦瑠麗と結婚。2002年に同大学を卒業[2]し、外務省に入省[2]。2004年大臣官房総務課に配属後、組織改変等を担当し、退職。外務省退職後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに転職[2]し、2007年より同社マネージャー。同社を退社し、ベインキャピタルを経て[2]Saferay Japan株式会社を設立し、代表取締役に就任。さらにTRIBAY CAPITALにマネージング・ディレクターとして参画。現在は同社代表取締役社長である。

~省略~

【Wikipedia】

三浦瑠麗氏の夫が東京地検特捜部から「10億円詐取の疑い」で家宅捜索を受けていたことが判明。
想像もしなかったような事態にネット上が大きく湧いています。

Wikipediaによると、夫の清志氏は米国人の血が混ざったハーフらしく、外務省を退職した後、(天下の)マッキンゼーに入社しマネージャーを務めていたらしいね。
こうした経歴を見る限り、かなりの上級国民のようにみえるけど、こんな三浦瑠麗氏の夫が特捜から家宅捜索を受けて窮地に陥っているというのも、安倍氏が消されたことと何らかの関係があるのだろうか?

私たちは、安倍元総理が消されたことに合わせて、安倍シンパをはじめとした「エセ保守勢力」が粛清されていく流れを予測していましたし、三浦瑠麗氏についても(「朝生」から姿を消す)など、ここ最近じり貧になりつつあることを取り上げてきました。
報道によると、三浦夫妻の自宅も家宅捜索に入られたみたいですし、この状況で「私は全く知らない」というのはあまりにも無理があるのではないでしょうか?

三浦瑠麗氏は政府の「成長戦略会議」のメンバーを務めていた(2020年10月 – 2021年10月)し、これまで「成長戦略の一環」として太陽光エネルギーを提言・推進してきたみたいだね。
このような状況にある以上、夫がソーラービジネスに関わっているからこそ、(夫の会社を儲けさせたいがために)これを推進してきたことが強く疑われるし、竹中平蔵氏と同じような利益相反の疑いがプンプンだ。

状況によっては、三浦瑠麗氏が今回の詐欺容疑に関与している疑いすらありますし、今後の捜査の進展に要注目ですね。

三浦瑠璃氏が政府有識者会議メンバーに選出されたこと自体、今回の事件が起こる前から(あらゆる点において)極めて不適切だったし、当サイトでは当時からこれを厳しく批判し続けてきた。
現在のこの状況や一部メディアの報道を見聞きする限り、夫の清志氏は極めていかがわしい商売に手を染めていたことが疑われるし、司直の手が妻の瑠麗氏まで伸びることになるのかどうかも含め、この先の展開を注視していくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事