山中教授と西浦教授が対談!「市中感染が広がっている」との認識で一致!山中氏「対策をしないと日本でも何十万もの人が亡くなってしまう」西浦氏「野球で言うとまだ2回表でコロナが人間を攻撃」

Pocket

どんなにゅーす?

政府の有識者会議のメンバーである山中伸弥京都大教授と、厚労省のクラスター対策班の西浦博北海道大教授が対談を行ない、現在の日本の状況について、「新型コロナの市中感染が広がっている」との認識で一致した。

・山中教授が「対策を取らないと日本でも何十万もの人が亡くなってしまう」と警鐘を鳴らしたのに対し、西浦教授は「野球で言うとまだ2回表で、コロナウイルス側が人間を攻撃している状態」と解説。日本政府に対し、本格的なコロナウイルス対策を行なうように求めた。

西浦氏が山中氏と対談 “市中感染が広がり始めている認識”

新型コロナウイルス対策について国のクラスター対策班のメンバーで北海道大学大学院の西浦博教授が京都大学の山中伸弥教授と対談し西浦教授は現在の感染状況について「社会全体で接触を削減しなければならない状況になるか、その分水嶺(ぶんすいれい)にさしかかっている」と述べ、地域の感染状況に応じた対策をすみやかに行う必要性を強調しました。

対談は日本循環器学会が今月27日から開く学術集会に合わせて企画され、西浦教授は政府の有識者会議のメンバーの山中教授と意見を交わしました。

~省略~

対談では、山中教授が日本でも対策を取らないと、欧米のように多くの人が亡くなるおそれがあると指摘したのに対し、西浦教授は感染した人の致死率は日本も欧米も変わらず、重症化する頻度は変わらないと説明しました。

そして西浦教授は流行の収束について「ピュアに科学的に理解しているところからするとあまり明るい希望を抱いていない。流行を繰り返しながらウイルスが弱毒化するかどうか観察していく」と述べました。

そのうえで「野球で言うと、まだ2回表で新型コロナウイルス側が攻撃している」と述べ、世界各国の状況を見ながら、複数年にわたる対策が求められるという認識を示しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.7.10.】

ネット上では山中教授や西浦教授に対して「不安を煽るな」「経済が止まる」など非難の声が殺到!ホリエモンは山中教授を「ポジショントーク」と批判!

西浦教授と山中教授が改めて、さらなるコロナショックに対する危機感をあらわにしましたが、ネット上では彼らに対して批判の声が殺到しているようです。
ホリエモン氏も、山中教授による「対策を取らないと何十万もの人が亡くなる可能性がある」との発言などに対し「危機側のポジショントーク」などとTwitter上で批判しており、「不安を煽るな」「経済が止まる」などの理由で、コロナ危機に警鐘を鳴らしている人々への攻撃が、以前よりも増して強くなっているようです。

一度緊急事態宣言を経験したことで、「もう自粛モードはこりごりだ」といった感情的な理由も相まって、ますます両教授への風当たりが強くなっているみたいだね。
しかし、科学的かつ客観的な視点を持って考えてみれば、現実問題として、欧米各国ではこれまでの概念を覆すほどの大規模なコロナ危機が発生しており、さらに言えば、ウイルスそのものも変異していく可能性が高い中で、両教授が言っている発言は、決して国民を脅かそうとしている「悪趣味な話」などではなく、現実的に考えても大いに起こり得る話であるといえる。

その一方で、長期間にわたって強行的なロックダウン(都市封鎖)を行なうと、言うまでもなく経済活動が長きにわたって完全に止まってしまい、政府が全国民に対して長期にわたる補償政策を行なわない限り、国民は(ウイルスではなく)経済危機によって大量死してしまう
そういう意味でも、政府は非常に難しいかじ取りが求められることになるけど、「国民の命と健康を最優先に守る観点」で判断すれば、今は、国民への補償を最優先に行なうことが急務であり、GoToキャンペーンなどをスタートさせる段階にはないことだけは確かだろう。

安倍政権は、自分たちの利権やお金儲けばかりに目がくらんでいるあまりに、科学的かつ客観的な判断も、国民の生命や健康を最優先に守る視点も完全に見失っている状態のようにみえます。

悲観的な意見を発している専門家に対して多くの「自己責任論者」がよってたかって攻撃する流れも「いつものパターン」だけど、彼らは、「経済最優先」の政策を推し進めた結果多くのかけがえのない人命が失われたとしても、知らんふりして責任放棄を決め込むだろうし、これまでも「こうしたパターン」が何度も繰り返されてきたことを忘れてはいけない。

とにかく、COVID-19はいまだに「分からないことだらけ」であることを念頭に置いておく必要があるし、「どんな(予想外の)展開になっても全くおかしくない」といった意識を、政治家から一般国民まで、全ての人々が頭の片隅に置いておく必要があるのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事