■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

5Gの影響で米国の一部航空便が欠航!一部の旅客機の計器で干渉が起きる恐れ!全日空や日本航空も影響!(人体への悪影響など)あまりにも問題が多すぎる5G!

5Gの影響で米国の一部航空便が欠航!一部の旅客機の計器で干渉が起きる恐れ!全日空や日本航空も影響!(人体への悪影響など)あまりにも問題が多すぎる5G!
Pocket

どんなにゅーす?

米国で導入が進んでいる5Gの影響により、一部航空便が欠航するなどの問題が発生している。

・高速・大容量・低遅延など様々なメリットがあるとの触れ込みで世界各地で5Gの導入が進んでいるものの、(人体への悪影響など)様々な分野における深刻な弊害を唱える声が多く出ている。

米5G問題、日本航空・全日空で欠航相次ぐ 20日以降は平常運航

米国で携帯電話の高速通信規格「5G」が航空機の安全性に影響を与えるとして問題になっている。米通信大手のAT&Tとベライゾンは、19日に予定していた一部の空港付近でのサービス開始を延期した。電波が航空機の高度計などに影響を与えるおそれがあるとして航空会社や米航空当局が懸念していた。

5Gで使う周波数帯が高度計のものと近いため、干渉を起こす危険性があると航空会社側は主張している。通信会社側は、この周波数帯を使って40カ国以上で5Gが安全に導入されているなどと反論する。

高度計に不具合があれば事故につながりかねず、各国の航空会社はサービス開始を見込んで一部の欠航を決めた。

日本航空は米ニューヨーク・ロサンゼルス・シカゴの3空港と羽田・成田を結ぶ計8便を欠航。

~省略~

【朝日新聞 2022.1.19.】

アメリカの“5Gサービス”の影響で米国便が欠航…何が問題?日本の空港やスマホは大丈夫?専門家に聞いた

~省略~

「5G」とは第5世代移動通信システムのことで、高速・大容量・低遅延など様々なメリットがあると言われている。

総務省の資料によると、アメリカでは2019年から本格展開し、日本では東京オリンピックが予定されていた2020年からサービスが本格的に始まっている。今回問題になっているのは、アメリカで1月19日から新たに5Gで使われる予定になっていた周波数の電波で、航空当局が一部の旅客機の計器に干渉するおそれがあると指摘したのだ。

これを受けて日本では、全日空と日本航空が日米を結ぶ一部の便を欠航。

この周波数の電波を使う予定だったアメリカの携帯電話大手「AT&T」と「ベライゾン」も、空港周辺でのサービス開始を延期すると発表した。

~省略~

――何が問題になっている?

5Gの電波はいろんな周波数を使うのですが、大きく分けて周波数が低くてカバーエリアが広い「sub6」と、周波数が高くて大容量高速に使える「ミリ波」というものがあります。アメリカではAT&Tとベライゾンが「sub6」の3.7~4.2GHzを、周波数オークションで落札しました。

実は、この周波数の隣にある4.2~4.4GHzは、ずっと以前から「レーダー高度計」というものに使われています。レーダー高度計は、飛行機から電波を出して地上までの距離を測るもので、離着陸するときなど空港周辺だけで使います。

連邦航空局は、このレーダー高度計と「sub6」で干渉が起きるとしています。またボーイングなどの航空業界でも、昨年から問題があるのではと指摘していたんです。

フランスなどでは、空港近辺の5Gは出力を下げ、指向性を強めてレーダー高度計に影響が出ないようにしています。しかしアメリカは国土が広いので5Gの電波を高出力してもOKだったんですね。

~省略~

【FNNプライムオンライン 2022.1.21.】

5Gの影響でANAとJALが米国便を一部欠航に 高度計と電波干渉の恐れ

~省略~

日本においてもCバンドと同様に3.7GHz帯の電波が5Gサービスに使われるが、NTTドコモなどが電波高度計との干渉について検討済みで、影響については「大きな問題にならない」と結論づけている。

【ITmedia 2022.1.19.】

「5G基地局の整備加速を」 総務省が携帯4社に要請

総務省は12月28日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど携帯キャリアに5G通信の人口カバー率を向上させるため5G基地局の整備を加速するよう要請した。

4社に対し、基地局の開設数と展開率、人口カバー率の年度目標を25年度分まで作成し、2022年3月11日までに提出するよう求めた。整備状況は半期ごとに報告させる。

~省略~

総務省は「5Gは経済社会や国民生活に重要なインフラ」とし、地方と都市部の格差を是正を目的とする岸田内閣の目玉政策「デジタル田園都市構想」の実現に向け、通信インフラの整備に注力している。

【ITmedia 2021.12.28.】

人体だけでなく、あらゆる分野に悪影響をもたらす5G!「高速・大容量・低遅延」の美辞麗句の裏に、「デジタル奴隷監視社会」のディストピア計画!

出典:YouTube

各国で導入が進められている5Gの弊害や問題が徐々に浮き彫りになってきています。
米国では「重要な計器に異常を生じさせる可能性がある」として旅客機の欠航が発生していたり、世界中の市民からも反対の声が上がっているみたいですが、ついに日本においても5Gの本格的な整備が始まろうとしています

すでに6G導入の話まで本格的に浮上してきており、報道によると、NTTグループが(政府の後ろ盾で)「米国や中国の後手に回った国際開発競争の主導権を握りたい」との理由で大阪万博の会場に6Gを導入しようとしているらしい。
権力層は「高速・大容量・低遅延」などを謳い文句にしながら5Gや6Gをごり押ししているけど、常識的に考えて、5Gや6Gから生じる強力な電磁波が人体に良いはずがない
以前に東京新聞が5Gに警鐘を鳴らす記事を出していたけど、実際のところ、世界の専門家から健康への悪影響を唱える声が多く上がってきており、地元の市民からも反対運動が起こったことで導入を見送る地域も増えてきているようだ。

なぜ、世界支配層は5Gを「次世代の最新通信システム」などと喧伝しながら、(新型コロナワクチンのように)世界的な導入をごり押ししているのか?
それは、世界の市民に関する大容量のデータを効率よく入手・管理しつつ、市民の人体そのものを”コントローラー”に変えたうえで、神経機能や脳機能を破壊させつつ思想や行動までをも思いのままに制御しようとしているからだ。

その計画の一環の中に、新型コロナワクチンの恒常的な接種やワクチンパスが組み込まれているということですし、実際のところ、すでに現在のワクチンに何らかの通信機能が入っていることを疑う声も上がっています。

●過去参考記事:
【疑念噴出】モデルナと武田薬品、ワクチンの金属片は「製造ラインに取り付けられたステンレス部品の破片の可能性が高い」と発表しつつ、「安全性に問題はない」と強調!

【ゆるねと通信】コロナワクチンを通じた全人類への「マイクロチップ埋め込み計画」に伴うマッチングアプリを日本企業が開発!、「バイデン就任」でGAFAの世界的影響力が強化される恐れ!

ちなみに、日本国内の航空線への5Gへの影響を心配する声も上がってるけど、上の記事においては「NTTドコモなどが電波高度計との干渉について検討済みで、影響については『大きな問題にならない』と結論づけている」と書かれており、これも何ともいえない、ふわっとした怪しげな表現になっている。
この先、日本全国で5Gが本格的に導入されていくプロセスの中でどんな問題が発生してもおかしくないように思えるし、「便利な高速・大容量」との美辞麗句に多くの人が引っ掛かってしまうと、それらと引き換えに”かなり大きなもの”を失ってしまう可能性がありそうだ。

現在の4Gの電波ですらも健康の悪影響を指摘する声が上がっていますし、5G時代の到来は、すなわち「デジタル奴隷監視社会の到来」そのものを表すことになりそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事