■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【いよいよか?】東京五輪疑獄、竹田恒和前JOC会長の自宅を特捜がガサ入れ!?情報を仕入れた報道陣が高級マンション前に殺到し連日”緊迫ムード”に!

【いよいよか?】東京五輪疑獄、竹田恒和前JOC会長の自宅を特捜がガサ入れ!?情報を仕入れた報道陣が高級マンション前に殺到し連日”緊迫ムード”に!
Pocket

どんなにゅーす?

・東京地検特捜部が立件した東京五輪汚職疑獄が大きな広がりを見せる中、元IOC委員に対する贈賄容疑で仏検察から取り調べを受けたこともある竹田恒和前JOC会長に関する「ガサ入れ情報」が出回り、多くの報道陣が竹田氏が住む高級マンションに殺到する事態になっている。

JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

“ガサ入れ”情報に港区セレブがほとほと困っている。東京五輪汚職事件で、東京地検特捜部から任意で事情聴取された日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和前会長(74)。大会組織委員会の副会長も務めた旧皇族の自宅マンション前に報道陣が連日、大挙して詰めかけている。

「今週に入って『近く特捜部が強制捜査に乗り出す』との情報が流れ、各社が一斉に午前中から張りついています」(メディア関係者)

竹田氏は特捜部の次なるターゲットとして有力視される広告大手「ADKホールディングス」(旧アサツーディ・ケイ)ルートに絡んでいる。

ADKは組織委元理事の高橋治之容疑者の仲介でスポンサー獲得業務の協力代理店に選ばれ、その見返りとして高橋容疑者にコンサルタント料計5000万円を支払った疑いが浮上。ADKは、すでに特捜部の家宅捜索を受けた駐車場大手「パーク24」のスポンサー契約に関わり、2016年からパーク24の社外取締役に名を連ねているのが、竹田氏である。

ADKルートに浮上した怪しい事務所

実は竹田氏、18年6月に東京・港区の自宅マンション内に一般社団法人「竹田事務所」を立ち上げ、自ら代表理事に就いた。法人登記を見ると、一般企業の業務内容にあたる「目的」はコンサルタント業で、理事は竹田氏と妻の2人のみ。

「パーク24がスポンサー契約を締結したのは18年8月。竹田事務所の設立から約2カ月後のことです。当時、竹田氏は組織委副会長として在任中。経営に関わる企業が五輪スポンサーに選ばれた構図です。特捜部は、竹田事務所が何らかの報酬を得るための受け皿の可能性もあるとにらんでいます」(特捜部事情通)

~省略~

9月30日も“ガサ”に入らず空振り続きで、さすがに報道陣もお疲れ気味だった。特捜部はいつ、港区セレブの困惑に終止符を打つのか。

【Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイ) 2022.10.1.】

ついに前JOC会長竹田恒和氏の逮捕がカウントダウンか!?息子の恒泰氏は「ガサではなくガセだ」と主張!

出典:@jucnag

どうやら、マスコミ関係者の間で「近く竹田恒和氏の周辺にガサが入る」との情報が飛び交い始めているみたいです。
先日には特捜から参考人として事情聴取を受けたみたいですが、竹田一族と言えば、田布施システム(大日本帝国)とも深い繋がりがある旧皇族の一つですし、ここに特捜の手が本格的に入れば、まさに私たちが予測している「田布施システムの終わり」を象徴するものになりそうです。

そうだね。
息子の恒泰氏は「ガサではなくガセだ」と主張しているけど、彼も様々な問題を抱えてきた全く信用ならない人物だし、ゲンダイの報道を見る限り、恒和氏は「竹田事務所」なる怪しいコンサル事務所を通じて不当な報酬を得ていた疑いが生じているみたいだ。

●過去参考記事:
【卑怯者】”安倍トモ”竹田恒泰、財務局職員の自殺に対し「籠池は悪魔だな」とコメント!→過去に森友学園で2度も講演!「塚本幼稚園は日本で最も素晴らしい幼稚園です」

そもそも、JOCの幹部を務めながら、自らが社外取締役を務めるパーク24が東京五輪のスポンサー企業に加わったこと自体、極めて不公正で不当な利益を得たものと考えるのが自然ですし、「竹田事務所」がこれらの一連の動きに関する報酬を受け取る窓口になっていたのであれば、不正を示す非常に強力な物証になることは間違いありません。

竹田会長は、元JOC委員ら(ディアク親子)への贈賄疑獄においても嫌疑が掛けられている状況だけど、これも本来仏検察だけでなく東京地検特捜部でも大々的に捜査するべき問題だ。
安倍元総理が政財界に腐った影響力を発揮していた頃は竹田氏に関する様々な疑惑もアンダーコントロールされてきたけど、その安倍氏が消され、安倍氏の親戚の高橋治之氏も逮捕された中、竹田氏もいつ逮捕されてもおかしくないものと考えている。

まさに「田布施システム」が完全に終焉を迎えるのと同時に、「新たな統治システム」構築のために「日本の大掃除」が行なわれている状態といえばいいでしょうか。
東京五輪疑獄を特捜が本気で掘り下げれば、竹田氏や森元総理はもちろんのこと、竹中平蔵氏を含む政財界の大物たちが根こそぎ逮捕されることになるかと思いますが、目下のマスコミの関心事である竹田前会長の捜査の行方について注視していこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事