【ヤバすぎ】修士・博士号取得者、先進主要7か国の中で日本だけが減少!国内の研究力・知性の退化が露わに!

Pocket

どんなにゅーす?

・文科省科学技術・学術政策研究所の調査によると、人口当たりの修士・博士号取得者が近年、先進主要国で日本だけ減少していることが判明したという。

・比較可能な日米英独仏中韓の7か国の中で、修士・博士号の人口100万人当たりの取得者数を、14~17年度と08年度で比較してみたところ、日本以外の6か国で増加しているものの、日本のみが減少しており、日本国内の研究者の環境の悪さと知力の退化の実態が明らかになっている。

修士・博士
日本だけ減少…研究力衰退あらわ 7カ国調査

人口当たりの修士・博士号取得者が近年、主要国で日本だけ減ったことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査で判明した。日本の研究論文の質や量の低下が問題になっているが、大学院に進む若者の数でも「独り負け」で、研究力の衰退を示す結果といえる。

比較可能な日米英独仏中韓の7カ国で修士・博士号の人口100万人当たり取得者数を、2014~17年度と08年度で比べた。

その結果、最新の修士号の取得者数は、中国が08年度比1.55倍の350人▽フランスが1.27倍の1976人--などで、日本以外で増加。日本だけが08年度比0.97倍の570人と微減だった。

博士号も同じ傾向で、韓国は1.46倍の279人▽英国は1.23倍の353人--などと増える中、日本だけが0.90倍の118人と減った。内訳が明らかでない中国を除く6カ国で自然科学で比較しても、日本だけが修士・博士号取得者は横ばい、または減少していた。

~省略~

【毎日新聞 2018.8.22.】

日本国内の研究者の深刻な減少と研究環境の劣悪さが露わに!日本に蔓延し続ける、世にも恐ろしい「知性の劣化(愚民化政策)」!

うわぁ…またまた、日本のヤバすぎる現状が露わになっているわね…!!
世界の主要国はみんな着実に修士・博士号取得者の割合が増えているのに、見事なまでに日本だけが減っている状況じゃないのよっ!

まさに、トルーマンが日本に原爆を投下した頃に言っていた「猿をバカに変えて我々が永遠に飼い続ける」言葉通りの社会になっているということだね。

自分の国の言葉すらもまともに使うことが出来ない、安倍政権の政治家たちが「今の日本の全てを物語っている」けど、まさしく、長年に渡って日本国内で行なわれてきたのは、「自分の頭で考えない」「権力を脊髄反射で盲信し、無条件で追従するロボット人間」を量産するための教育制度であり、それが、選挙での投票率の低下や自民党政権の一党独裁化を作り出しては、ブラック企業の横行などを生み出してきた

こうした、劣悪すぎる教育環境が優秀な頭脳が育っていくことを阻害させ、そんな劣悪な環境の中でも突出した能力や才能を表出させた人間は、海外の恵まれた環境にどんどん出ていき、日本以外の国でその能力を発揮するような”悪しきシステム”が出来上がってしまっている。

このような「最悪の悪循環」が日本国内に蔓延しており、もっといえば、そのような愚民化した日本をまんまと思いのままに利用・搾取し、コントロールしている支配層がいるということだ。

このままじゃ、ますます日本の知性の劣化と国の衰退が進行し続けて、気がつけば破綻が避けられないまでに没落が進んでしまうんじゃないかしら!?
冗談抜きで、一刻も早くにどうにかしないとマズい事態じゃないのよぉ!!

そうした日本の衰退や破滅を象徴しているのが、まさに安倍政権とその熱烈なシンパたちだといえるだろう。
まずは、日本国内にはびこる奴隷思想や愚民化の流れをどうにか食い止めないといけないし、そのためにも、ボクたち一般国民が行動を起こして、本気で日本の教育改革に取り組み、日本国民の知性・頭脳の向上や、研究者の育成に惜しみなくお金を投じ、効果的で効率的な制度作りを掲げる政治家・政党を大きく育てていくことが絶対に必要だね。

そのためにも、一部の既得権(明治時代から続く特権階級)が税金を不当に吸い上げ、権益を独占している「腐敗した仕組み」を打破させることが必要だし、下層の国民までまんべんなく税金が還元されては、高度で質の高い教育を行なう制度作りが必須なのではと思うよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。