■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【勇気ある発言】元フィギュア村主章枝さんが「ワクチンを打つ方が怖い」と心情を吐露!「トップが世界の資産のほとんどを持っていて、都合のいいように一般人は利用されてるのかなと思う」とも!

【勇気ある発言】元フィギュア村主章枝さんが「ワクチンを打つ方が怖い」と心情を吐露!「トップが世界の資産のほとんどを持っていて、都合のいいように一般人は利用されてるのかなと思う」とも!
Pocket

どんなにゅーす?

・世界中でグローバル製薬企業による新型コロナワクチンの接種が急速に進められている中、元女子フィギュアトリノ五輪代表の村主章枝さんが、自身のTwitterで「私は、ワクチンを打つか悩んでいる」とつつ「打つ方が怖いです」とツイート。大きな話題になっている。

・村主さんはこの他にも、「世界長者番付が先月発表されていたけど、トップが世界の資産のほとんどを持っていて、その方たちの都合の良いように一般人は、利用されているのかなと感じる。アメリカに来て4年目になるが、ひしひしと感じる」とツイート。彼女の勇気ある発言に様々な声が飛び交っている。

村主章枝さん、コロナワクチン接種「打つか悩んでいる」も「打つ方が怖い」

フィギュアスケートのトリノ五輪日本代表・村主章枝さん(40)が24日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルスワクチン接種を受けるか悩んでいることを明かした。

村主さんは「私は、ワクチンを打つか悩んでいる」とし「打つ方が怖いです」と心情を記した。

~省略~

また「ワクチン接種は、個人の自由と思うが、ワクチンを打たないと悪みたいな風潮があるアメリカにいると、何か違う意図を感じてしまう」とつづった。

【Yahoo!ニュース(スポニチアネックス) 2021.5.24.】

(予想通りに)村主選手のツイートが大炎上に!「おかしな陰謀論に嵌ってしまった」「あまりに無知」「考えを改めさせないといけない」などの声が大多数に!

出典:Twitter(@fumiesuguri)

元女子フィギュアスケートの日本代表・村主章枝さんが、現在の社会と新型コロナワクチンに疑問を呈するツイートをしたところ、(予想通りの)大炎上に見舞われてしまっています。
ここでは、比較的好意的な反応を中心に紹介し、批判的な声はわずかに紹介するだけにしますが、みたところ、おおよそ8割以上が「村主さんがいかがわしい陰謀論に嵌ってしまった」「あまりに無知」「おかしな考えを改めさせないといけない」などといった批判的な声が中心となっていますね。

話題になっている村主さんのツイートを一通り読んでみたけど、一般的に大きく常軌を逸したことは何も言っていないように思えるし、全てがある程度の理路整然とした思考力と(人よりもいくらか)優れた感性や想像力で意見を言っているだけのように感じるけど…。
まさか、これだけのツイートでも「おかしな陰謀論」「アッチの世界に行ってしまった」みたいな声が大量に噴出してくるとは驚きだね。

ていうか、深刻な健康被害が出た場合、「グローバル製薬企業側が一切の補償をしない(全額国が肩代わりする)」という内容で国と契約しているワクチンに対して、強い不信感や不安を持つのは、まっとうな思考力や危機管理能力を持っている人であればごくごく当たり前だし、むしろ、これに何の疑問を感じずに「我先に」と接種しようとする人々の方がちょっとおかしいのでは?と個人的には思うんだけどね。

社会に重大な脅威を与えるような暴力的な発言や、完全に非科学的でスピリチュアルな発言なのならまだしも、「(接種するかしないかは)個人の自由」「命を世の中の風潮や、何でもない赤の他人にやれ、と言われるような世の中であって欲しくないと思いました」というのも、全くもって正常で社会的にまっとうな考えだと思いますし、むしろ、こうした的を射た冷静な意見に対して、「おかしな世界に行ってしまった」「考えを改めさせないといけない」みたいな風潮で、寄ってたかって非難する行為の方が、よほど、反社会的で、全体主義や権力崇拝思想をはらんだ、非常に危険な行為なのではないでしょうか。

そもそもワクチンというのは、基本的に何の病気もしていない元気な人が接種するものであり、ワクチンにおける副反応というのは、病気の治療のために薬を服用したことで副作用に見舞われるケースとは全く違ったものであると考えるべきだ。
だからこそ、ワクチンを接種するというのは、「かなり高い安全性とリスクの少なさ」を大前提に考えたうえで、接種するか否かを一人一人が慎重に考えないといけないものだし、本当にリスクが極限までないのであれば、わざわざ製薬会社が「重篤な副反応が出ても一切補償しない」と明言することなどないはずだ。

こうした、無視することができない「非常に重要なファクター」が存在している中で、村主さんのように「本当に大丈夫なのだろうか?」と不安に感じている意見に対して、容赦ない非難や心無い軽蔑のコメントを寄せている時点で、「ワクチンによって多少の犠牲が出るのはしょうがないこと」「社会秩序のため(コロナ危機を乗り越えるため)に自身の意見を殺して社会の風潮に従え」と言っているのと同じだし、さらに始末が悪いのは、こうした村主さんのような意見を圧殺させたり、考えを改めさせることが、「正義である」と信じ込んでしまっている人が大勢いることだ。

実際のところ、原田曜平さんのお父さんのように、健康体だった人が新型コロナワクチン接種によって重篤な健康被害が生じ、ICUに救急搬送された例が存在していますし、この他にも、すでに多くの健康だった人々がコロナワクチン接種によって命を落としている現実を無視してはいけません。

ネット上では、村主さんのツイートにぶら下がっているリプを挙げたうえで「(武田邦彦氏の信奉者やトランプ支持者など)こんないかがわしい人々が反ワクチン運動をしているのだから、ワクチンは安全だ」みたいな思考が蔓延している様子だけど、これも全く間違った思考であるという他ない。
こうした「物事を極限まで単純化」させては、深く考えずに機械的にあらゆる意見や考えを「白か黒」か選別していく思考こそ、1%の支配層が大衆に刷り込んできた「奴隷化思考」の最たるものだし、こうした「奴隷化思考」が、これまで多くの泥沼の戦争を惹起させ、まさしく「1%の利益のため」におびただしい数の人々が殺されてきた現実がある。
そして、現在、世界支配層は、こうした高度な「民衆同士の分断・争い」を通じて、(村主さんも言っているような)民衆の支配や統制システムを強化させては既存の民主主義を破壊し、「全く新しい社会システム(グローバル共産主義)」の構築を強力に推し進めている現状があることをよく知る必要がある。

多くの知識を持っている専門家や学者の人ほど、「表層的な事柄」に囚われては、最も重要な「問題の本質」を見失ってしまう傾向がみられますし、こうした「専門家」の人々までもが村主さんに対して批判的な言説を寄せていることもなかなか深刻な事態ですね…。

それに加えて、単に腹いせや溜まっているストレスを発散させるために、彼女を軽蔑したり批判的なリプを送り付けているケースもあるみたいだし、いずれにしても、民衆同士の分断はかなり深刻なレベルで進んでしまっている上に、かなり多くの人々が1%の思い通りに(「使い捨ての駒」として)動かされてしまっているのが現状のようだ。

とにかくも、世の中の強烈な潮流に流されずに、しっかりと自分の信念に基づいた発言をした村主さんを応援したいし、(ワクチンに対してかなり極端な反対意見を発している「おかしな人々」にも流されずに)今後も、自分自身の感性や想像力を大事に、多くの情報に触れ、絶えず学び続けながら、この深刻な腐敗にまみれた社会に一石を投じる意見を発していくことを期待しているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事