■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【菅会見】渡部氏には厳しいのに「総理には優しいマスコミ」に批判殺到!菅総理は、学術会議任命拒否について「反発がかなり出ると思っていた」と不気味な笑みを浮かべ、”危険な本性”を露呈!

【菅会見】渡部氏には厳しいのに「総理には優しいマスコミ」に批判殺到!菅総理は、学術会議任命拒否について「反発がかなり出ると思っていた」と不気味な笑みを浮かべ、”危険な本性”を露呈!
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月4日、国会が事実上閉会したことに合わせて菅総理が記者会見を開催。これまで情報発信が少ないとの批判も出ていた中、コロナ危機や学術会議問題などについて記者からの質問に応じた。

・ネット上では、不倫騒動のアンジャ・渡部氏に対しては次々と辛らつな質問を浴びせていたにもかかわらず、菅総理に対しては、事前通告していたことをうかがわせる「優しい質問ばかり」だったことに批判の声が殺到。さらには、学術会議問題について、反発を予想していたかとの質問に対し、不敵な笑みを浮かべながら「かなりなるんではないかと思っていた」などと答えた菅総理にも怒りの声が上がっている。

菅首相、学術会議問題の反発「かなり大きくなると思っていた」と笑み浮かべ回答

菅義偉首相は臨時国会が事実上閉会することに合わせ、4日午後6時から首相官邸で記者会見を行った。外遊時を除いて首相が会見を開くのは、9月16日の就任時以来2回目。

~省略~

学術会議の任命拒否問題について、菅首相は、反発を予想していたかについて記者から問われると「かなりなるんではないかと思っていた」とやや笑みを浮かべて答えた。
学術会議の在り方を官房長官時代から考えてきたといい、「縦割り、あるいは既得権益、悪しき前例主義を打破したいと掲げて自民党総裁選挙も当選させていただいた」と説明。「こういう中で、学術会議も新しい方向に向かった方が良いのではないかという意味合いの中で、内閣法制局の了解をえている一貫した考えのもとで自らの判断をさせていただいた」と述べた。

~省略~

菅首相は冒頭、新型コロナウイルスの感染拡大について「極めて警戒すべき状況が続いている。強い危機感をもって対応している」と述べた。
ひとり親家庭への緊急手当てを年内をめどに支給すると明かした。来週早々には経済対策を決定すると述べた。
2050年の二酸化炭素の排出ゼロを目指すカーボンニュートラルについて2兆円の基金をつくるとして、「経済対策のため、環境投資を一歩大きく踏み込む」と述べた。

~省略~

自民党の二階俊博幹事長が全国旅行業協会の会長を務めているため、旅行業界がGoToキャンペーンで優遇されているのではないかとの質問に、首相は「二階幹事長が特別ということではなくて、何が地域の経済を支えるのに一番役立つのかという中で判断した」と述べた。
会見は、質問を希望する記者が残っていたが、次の日程を理由に約50分で終了した。

【東京新聞 2020.12.5.】

菅首相会見《渡部を追求した熱意》で質問しない記者に批判

12月4日午後6時、総理就任以来、頑なに記者会見を拒んできた菅義偉首相(71)がついに記者会見を開いた。これまでは“合同インタビュー”や官邸内でのぶら下がり質問などには対応してきたが、記者クラブに所属する記者から事前に伝えられていた質問に答えるのがほとんどで、答えたくない質問は無視することも多かった。

新型コロナの感染拡大が止まらないなか、就任会見から約3カ月経ってようやく行われた記者会見に、多くの人が注目したが、ツイッター上ではこんな落胆の声が。

《官僚のペーパーを棒読みしている。総理の本意や決意が伺い知れない》
《え? 菅総理お帰り? もう終わり??》

「国民の命と暮らしを守ると言いながら、コロナによる自殺者数が急増しているのに、なぜ国民の前でこれまで語らなかったのか?」とか「二階俊博幹事長が全国旅行業協会の会長を務めているから、自民党は旅行業業界を優遇しているのではないか?」などの厳しい質問も出たが、菅首相は「官房長官が会見を開いている」とか「旅行業界が地域経済を支えている」とお茶を濁すだけ。出席者が多いことを理由に質問は1人1問と限定されており、質問者もそれ以上の追及をすることはなかった。

~省略~

アンジャッシュ・渡部建(48)の謝罪会見は1時間40分にわたった。会見に参加した記者たちは、“質問に答えていない”とか“事実を語っていない”などと渡部を厳しく追求。渡部は脂汗を流しながら、言葉を絞り出していた。

一方、菅首相は会見中、しばしば手元の原稿に目を落としており、あらかじめある程度の質問は記者から伝わっていたとみられる。もちろん、菅首相は謝罪会見を開いているわけではないけど……。

《渡部が不倫をしようが人が死ぬことはないけれど、コロナ禍で死者が出続けている。なんで、渡部はあれだけ厳しく追及できたのに、菅首相のことは追及しないんでしょうか。どっちの問題の方が大切?》

【女性自身 2020.12.5.】

渡部氏の「公開処刑」に腐心していたマスコミが菅総理に対しては揃って”ヘイコラ”で、腐った本質むき出しに!菅総理も「権力快感おじさん」の危険な本性を仄めかす!


出典:YouTube

相変わらず、この国のマスコミは性根が腐りきってるわっ!!
不倫騒動のアンジャ渡部氏に対しては、「公開処刑」といってもいいくらいに、次々と辛らつな質問や怒号を浴びせたりしてたのに、日本国民の生活や健康・生命を大きく脅かしてきた菅総理に対しては、あの勢いがウソのように、ヘイコラ忖度しまくっちゃって!!
結局は弱いものばかりを面白おかしくいじめて「晒しもの」にしている一方で、巨悪に対してはとことん見て見ぬふり「腰抜け&意気地なし」ってことじゃないのよっ!!

おまけに、みたところ、やはり安倍前総理の会見と同様に、事前に記者クラブマスコミが官邸に質問内容を送っていては、「OKな内容」に限って菅総理が答えを用意して読み上げている完全なる「ヤラセ会見」のようだね。
これでは、国民にとって有益な情報がもたらされるはずがないし、菅政権にとって都合がいい情報だけを一方的に垂れ流す、ただの「大本営発表」そのものであり、菅政権のこうした悪だくみに大手マスコミが全面協力しているも同然だ。

そんな中でも、特に戦慄が走ったのは、学術会議の任命拒否について、「反発を予想していたか?」との質問に対し、菅総理が不敵な笑みを浮かべながら「かなりなるんではないかと思っていた」などと答えたことだ。
つまり、学者や国民から多くの怒りや危機感の声が噴出することをあらかじめわかっていた上で、あえて違法行為に手を染めてまでしてこうした暴挙に出たということだし、国民の意思や思いを完全無視しては、グローバル資本家やジャパンハンドラーの意向を徹底的に最優先させる、菅総理の危険な売国性や冷酷さが滲み出ているとも言えるかもしれない。

やっぱり、今の日本においては、「真性的な売国思想」を持っている人間しか総理を務めることが許されないってわけねっ!!
反発・抗議する国民を力で一方的に押さえつけていくことで、より徹底的なグローバル独裁社会を作ろうとしている「権力快感おじさん」の面目躍如ですし、マスコミも渡部氏なんかにありったけのエネルギーをぶつけている暇があるなら、この日本を完全に破壊しようとしている菅総理に対して、追及のエネルギーを少しは向けたらどうなのよっ!?

何から何まで、力の入れどころが完全に間違ってしまっているし、これからも漫然と既存のマスコミ連中を信用し続けていれば、いよいよこの日本においても「生きるか死ぬか」の世界が本格的にやってくることになるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事