「セクシー発言」の進次郎環境相、記者が真意を質問するも「説明すること自体がセクシーじゃない」と回答拒否!→ネット「セクシー担当大臣」「本人も説明不能なんだろ」

Pocket

どんなにゅーす?

・国連関連の会合における会見の中で「気候変動問題はセクシーに」などと発言したことが物議を醸している小泉進次郎環境相が、記者から発言の意味を質問されたのに対し、「説明すること自体がセクシーじゃない」と回答を拒否。ネット上で様々な声が上がっている。

小泉環境相「セクシー説明やぼ」
発言の真意問われ

【ニューヨーク共同】小泉進次郎環境相は23日、気候変動問題に「セクシーに取り組む」とした自身の発言の真意を記者団に問われ「説明すること自体がセクシーじゃない。やぼな説明は要らない」と述べた。

記者から「どういった意味で言ったのか」と聞かれた小泉氏は「それをどういう意味かと説明すること自体がセクシーじゃないよね」と返答。詳しい説明は避けた。

~省略~

【共同通信 2019.9.24.】

テレ朝が「(セクシーの表現は)米国の政治の世界では時々使われる」と”進次郎擁護報道”を展開するも、「そんなことはない」との声が識者から上がる!

出典:テレ朝news

小泉進次郎環境相による「気候変動問題はセクシーに」発言が波紋を呼んでいる中、真意を質問した記者に対して、彼が「説明すること自体がセクシーじゃない」と回答を拒否したことに批判が集まっています。
環境大臣として、国民に向けてなるべく分かりやすく説明するのは最低限の責務なのではと思うのですが…進次郎氏の中身の無さや軽さがますます目立ってきている感じです。

「セクシー発言」はさることながら、「どうやって二酸化炭素や火力発電を減らしますか?」との外国人記者からの質問に対して、長時間沈黙してしまった後に、「私は大臣に先週なったばかり。同僚、環境省スタッフと話し合っている」と具体的な内容を全く答えられなかったシーンについても、多くの不安の声が上がっている様子だね。

そんな中で、テレビ朝日が「『セクシーに』との表現は米国の議会で時々使われるもの」と報じたものの、識者から「そんなことはない」との声が上がっている。
つまり、「セクシー」という言葉について、「面白く・色を付けて」などの意味合いで使うことはあるものの、この言葉自体が性的な意味も含んでいるために、(特に英語が母国語ではない人は)使う際には慎重を期する必要があるということだろう。
進次郎氏は、そうした配慮や注意を欠いた上で、単に面白おかしく盛り上げるためにこうした表現を持ち出してしまったために、海外からもやや奇妙に受け取られてしまったうえに、(下記の記事の通り)日本に対する抗議デモにおいても「セクシー発言」が皮肉られてしまう結果になった。

「石炭はセクシーじゃない」NYで日本の火力発電に抗議

まさに、これまで議員としての実績もほとんどなかった中で、進次郎氏の「軽薄なパフォーマンス性」と「知識のなさ」が次々と露呈しているような状況ですね。

そして、相変わらず進次郎氏を必死にフォローする日本のマスコミをみていても、何が何でも進次郎氏を「アクロバット擁護」しつつ、進次郎氏への好印象を国民に徹底的に刷り込もうとする”強い力”がかかっていることを感じざるを得ないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。