進次郎氏の”異様”結婚会見の裏に安倍官邸!TVで”祝福報道”させて支持率アップを画策!菅長官「進次郎氏は入閣していいと思う」

Pocket

どんなにゅーす?

小泉進次郎議員の結婚について、マスメディアを挙げて大々的に祝福報道を繰り返している裏に、「支持率大幅アップ」を画策する安倍官邸の存在が指摘されている。

・一部メディアによると、菅官房長官が急速に進次郎氏との距離を縮めており、これまで石破派に近い立ち位置を持ってきた進次郎氏が、安倍一派に”鞍替え”した可能性が指摘されている。

・さらには、進次郎氏が次期安倍改造内閣に「入閣確実」との噂も広がっており、進次郎氏に「特別な権力」が与えられる流れが発生してきている。

小泉進次郎と滝川クリステル「官邸に結婚報告」の裏!安倍に寝返り、田崎史郎司会で進次郎・菅官房長官の蜜月対談も

~省略~

きわめてプライベートな出来事である結婚について、わざわざ首相官邸に赴いて国の行政のトップである首相と官房長官に報告し、首相官邸でツーショット会見までおこなうとは……。前代未聞の公私混同ではないか。

しかも、これ、進次郎議員と安倍官邸の出来レースとしか思えない。安倍首相は「まったく知らなかったので大変驚いた」、菅義偉官房長官は「俺も勘が悪いな。滝川クリステルさんとどうして一緒なんだろう。犬の(保護)活動やっているから、それかなとも思ったよね」などととぼけ、進次郎議員も「今日の今日、官房長官に電話して」「官房長官と総理に会えたのは運が良かったとしか言いようがない」などと説明していた。

しかし、いくら与党随一の人気議員とはいえ、この国の首相と官房長官に用件も伝えずに会ったり、いきなり会見を開くなんてできるはずがないだろう。

「今回の結婚報告は、菅官房長官が進次郎とあらかじめ相談して、安倍政権のPRのために仕掛けたものだ。官邸サイドはもちろん結婚相手もとっくに知っていた」(全国紙・官邸担当記者)

実際、安倍政権の御用評論家で、進次郎の対談本を手がけるなど、ここのところ進次郎議員とも接近している田崎史郎氏がきょうの『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)で、進次郎の結婚情報について「先週はじめに官邸の方から、どうも進次郎さん結婚するらしいねと。40歳前後の女性で、相手はすでに身ごもっているっていう話はあったとコメントしていた。

これは、田崎氏の「後出しジャンケン」ではない。田崎氏は加えて「官邸で結婚発表をやるっていうのは、おそらくはじめてのこと。まずこれ菅さんのところに行ったのがミソなんですよ。菅さんのところに行ったら「総理がいるから会ってみないか」ということで、総理にお会いになっているけれども、それは付け足しなんです。菅さんに報告したいということ」と解説した上、こんな事実を明かしたのだ。

「菅さんを進次郎さんはいちばん信頼してるんです。菅さんもずっと進次郎さんのポストを「何やりたいの?」って相談相手になってきた」
「2人は…僕は今週土曜日発売の『文藝春秋』で(菅と進次郎に)対談してもらってるんですけど、2人は政治家としてものすごくウマが合うなと思いました。信頼し合っているんだなというのがよくわかりました」

田崎氏が司会で菅・進次郎が対談? 調べてみると、これは事実だった。明後日発売の「文藝春秋」9月号には、「初対談 菅義偉×小泉進次郎」というタイトルの対談記事が掲載されていた。司会は田崎、しかもタイトルは「令和の日本政治を語ろう 憲法改正、社会保障、日韓関係。ポスト安倍」、リードには、「2人が明かすポスト安倍の条件」などの文字が踊っていた。

これはどう見ても、進次郎が安倍官邸、菅官房長官と急接近しているということだろう。そして、菅官房長官の作戦に乗って、安倍政権のPRのために首相官邸で結婚報告をおこなったということではないか。結婚報告のタイミングも、進次郎議員は「原爆追悼の日を避けた」というようなことを言っていたが、実際は、この対談掲載の「文藝春秋」発売日に合わせたものとしか思えない。

~省略~

【リテラ 2019.8.8.】

国会でほとんどろくに仕事をしてこなかった進次郎氏が「未来の総理」に確定!?TVもアイドル並みに「特別扱い」!

ただの自民党の一国会議員であるはずの進次郎さんが、なぜかTVでトップアイドル芸能人並みの扱いを受けていることに、異様に感じる人々が続出しているわ。
ほんと、官邸で結婚会見すること自体も異常な事態ですし、何よりも、ここまで進次郎さんを国民に向けてゴリ押ししているテレビは異様としか言いようがないわよね。

しかも、進次郎氏の国会議員としての実績は、ほとんどゼロであることが話題になっており、「こんなに無能な進次郎氏が、どうして大手マスコミの間でこんなにも持ち上げられているのか?」と怪しがる国民が続出している状況だ。
確かに、進次郎氏が国会で活躍している姿をほとんど見たことがないし、国民が強い違和感を感じるのも当然だろう。
しかも、菅官房長官も、進次郎氏について「入閣していいと思う」と発言しては、「ポスト安倍の資格(未来の総理の可能性)」があることについても、この度認めるような発言を行なったとのことだからね。
そんな進次郎氏が「次期総理に相応しい人物」として世論調査でトップになっているのも変な話だし、まさしく、進次郎氏の”謎”がますます深まる事態になっているね。

ここまでマスコミや菅さんが進次郎さんを持ち上げている”謎”を解く鍵こそ、進次郎さんが、「ジャパンハンドリングの総本山」CSISの薫陶を受けた、グローバリストが送り込んでいるエージェントだってことね。
これに加えて、彼自身、薩長の”特権階級”の血筋で、先祖代々グローバリストとの関係が深いのも大きいわね。

進次郎氏は、国会の中で自分の意見を一切言おうともしないけど、「リンク外」においては、グローバリストが掲げる「人口削減思想」を披露したりなど、忠実に「与えられた仕事」をこなしているからね。

今回においては、レイムダックになりかかっている安倍政権をサポートするために、本格的に安倍一派に加わる動きを見せてきたけど、こうした進次郎氏の怪しげな動きを見ても、CSIS(グローバル資本勢力)が「安倍政権のさらなる延命」を画策していることが見えてくる。
そして、今回の人工的に作られた「進次郎フィーバー」によって、大メディアの安倍政権支持率が大幅アップする”シナリオ”が用意されていることが想像できるし、いずれにしろ、何だか、色々なところでヤラセや操作がかなり露骨になってきた感があるね。

そして、多くの国民も、進次郎さんの”怪しさ”をはっきりと認識してきたみたいね。
彼が「ポスト安倍」の筆頭候補になっていること自体が、日本の政治が(グローバリストによる)「ヤラセと操作」で成り立っていることをよく表わしているし、グローバリストによる徹底的な支配下にある日本の大手マスメディアの怪しげな実態も同時に露呈させているんじゃないかしら。

Pocket