【不気味】自民党の「歴史を学び未来を考える本部」に下村博文議員が就任!安倍政権による”近現代史見直し”によって「大日本帝国礼賛」教育加速の恐れも!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権による「歴史を学び未来を考える本部」の本部長に下村博文元文科相が就任し、近現代史の検証や見直しを活性化させる動きが出てきている。

・安倍政権では、欧米軍事勢力と共謀した長州テロリストによる明治政府樹立や大日本帝国を礼賛する思想を広めており、安倍総理と同じく統一教会などのネオコン系新興宗教とも昵懇な下村氏ら日本会議勢力による、さらなる「長州明治礼賛教育」加速の動きを懸念する声が出てきている。

暴力団やカルト宗教とも昵懇、加計学園闇献金疑惑もくすぶる下村元文科相が、日本の「近現代史再検証」のトップに就任!

出典:Twitter(@SiamCat3)

安倍政権が、またも近現代史の再検証や子供たちヘの教育ついて「不気味な動き」を見せ始めております。
政界を引退した谷垣氏が初代本部長を務めた「歴史を学び未来を考える本部」に、新たに下村博文元文科相が就任し、明治以降の近現代史の歴史の見直しを活性化させていくとのことです。

谷垣氏の後任には(同じく政界を引退した)高村正彦氏が務めていたみたいだけど、思えば高村氏も、安倍総理の祖父・岸信介氏が立ち上げに関わったネオコン系朝鮮カルト統一教会の関連会社「ハッピーワールド」から高級車をプレゼントされていたことが発覚したくらいにカルトとズブズブだったけど、まさしく下村氏も高村氏と引けを取らないほどに、安倍トモカルト宗教や暴力団とも昵懇な、これ以上ないほどに真っ黒な政治家の一人だ。

下村氏といえば、加計学園疑獄でも闇献金疑惑が発覚したものの、検察は理由を非公表の上で謎の不起訴処分にしてしまったし、その本人はといえば、「都議選が終わったら(疑惑について)しっかりと説明する」としながら「都議選中はこの件をメディアは報じるな」メディア関係者を恫喝していたものの、都議選が終わった後も、すでに半年以上経過しているにもかかわらずいまだに何の説明も行なっていない有様だ。

こんな根っからの嘘つきでゴロツキのような悪徳政治家が、日本の重要な歴史検証の責任者を担当していくのですから、真面目で誠意ある事実に基づいた歴史検証が行なわれるはずもありません

本来、歴史の検証というのは、モラルと良識のある歴史学者が中心となって、一切の政治的な思想や利害関係がない環境の下で、史料や証言に基づいた丁寧な検証作業が必要とされるものの、安倍政権がやろうとしているのは、自身の政治思想(長州明治礼賛思想)を日本国民に布教・浸透させることで、安倍政権に対する従順な忠誠心を刷り込みつつ、周辺国への敵対心を植え付けることで軍産複合体への利益誘導に基づいた軍拡や戦争を誘発させようとしているのは、この政権の背後関係を見ても明らかだ。

こうした歴史検証においては、絶対にこのような政治・宗教勢力による一方的な意向が存在してはならないし、この記事を読んでも、この組織の会合が相当にトンデモな思い込みや一方的な願望に基づいたずさんな内容が飛び交っていることは想像に難くないだろう。

もう、こうした実情を考えても、日本における政教分離(政治に宗教を持ち込むことを禁じている憲法20条)は安倍政権によって完全に反故にされているといわざるを得ませんね。

ボクはこの、憲法で定められている「政教分離の原則」はとても優れたものだと思っているけど、安倍政権の関係者たちは、このような「政教分離」が定められていることも、現憲法をことさらに憎んでいる背景の一つにあるのかもしれない。

どちらにしても、ここまで霊感商法などの数々の問題を引き起こしてきた過激なカルト宗教と実質的に一心同体の安倍政権が、その宗教的な思想に基づいて日本全体の近代史を塗り替えようとしているのだから、これは一大事と言うほかないだろう。

このままだと、これらの勢力の意向のままに、長州テロリストやこの連中に手を貸した欧米軍産資本勢力、そしてこれらが一心同体になって打ち立てた大日本帝国を国民全員が礼賛させられる時代がまたしてもやってきてしまうこととなるし、言い方を変えれば、知らずのうちにボクたちも日本会議や統一教会の”信者”にさせられてしまうこと同じようなことになってしまうよ。

本当に恐ろしいことです…。
大手メディアも全くこうした背景を教えてくれないゆえに、多くの国民もその危険さがほとんど気がついていませんし、下村新本部長の下にどんどん進められそうな、カルト的な近現代史見直しの動きに私たちは強く警戒する必要がありそうです。

おススメ記事&広告

 
Pocket