週刊ポストが、安倍総理の数々の言行不一致(嘘つき&サイコパスぶり)を特集!「過去をなかったことにし『全否定』する特徴」

Pocket

どんなにゅーす?

NEWSポストセブン(週刊ポスト)が、安倍総理のこれまでの病的なまでの「言行不一致」を特集従来の発言をことごとく翻しながら、自らを正当化しようとする悪質な嘘の数々を皮肉交じりに伝えている。

安倍首相の発言 過去をなかったことにし「全否定」する特徴

森友学園問題を通じて安倍晋三首相の発言の信用性に疑問の声が出ている。例えば籠池泰典氏について、かつては「妻からこの森友学園の先生の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いております」(2017年2月17日・衆院予算委員会)と言っていたのに、わずか数か月後には「詐欺を働く人物のつくった学校で妻が名誉校長を引き受けたことは、やっぱり問題があった。こういう人だから騙されてしまったのだろう」(2017年10月11日・テレビ朝日系『報道ステーション』)とひっくり返すような具合だ。

さらに、過去をなかったことにして「全否定」するのも特徴と言える。安倍首相の悲願といえば憲法改正だが、野党から自衛隊の合憲化について追及されると、「(自衛隊を)合憲化するということを私は申し上げたことはありません」(2018年2月22日・衆院予算委員会)

はて? そもそも改憲のきっかけとなった読売新聞のインタビューで、こう言っていたではないか。

「私の世代が何をなし得るかと考えれば、自衛隊を合憲化することが使命ではないかと思う」(2017年5月3日付朝刊)

しかもそのインタビューについて当時、「自民党総裁としての考え方は、相当詳しく読売新聞に書いてあるので、熟読してもらってもいい」(2017年5月8日・衆院予算委員会)と、国会で宣伝までしていた。ご本人がもう一度熟読したほうがいいのでは。

財政再建化についても、「(財政再建問題を)私が国際公約と申し上げたことは一度もない」(2015年5月18日・参院本会議)ときっぱり。が、2年前の言葉はこれ。

「国際公約でもある財政健全化に向け、中期財政計画を早期に策定するなど、経済成長と財政健全化の両立を目指してまいります」(2013年6月24日・衆院本会議)

安倍首相本人が自分の発言をなかったことにしてしまっているのだ。

【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2018.4.6.】

↓Yahoo!コメントも辛辣な声が続々。

出典:Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン)

安倍総理の膨大な嘘の「ごく一例」を示した週刊ポストの記事!生まれつきの嘘吐き総理の長期政権によって、この国は再起不能一歩手前の「虚構国家」に!

出典:情報収集中&放電中

NEWSポストセブンさん(週刊ポスト)が、安倍総理の根っからの嘘吐き体質「過去をなかったことにし『全否定』する特徴」と評して、皮肉たっぷりに記事にしているわ。
まともな国民からしてみれば、安倍総理のペテン体質なんて、とっくの昔にイヤと言うほど分からされていたけど、今まではその事実をどこのマスメディアも積極的に報じようとしてこなかったわ。

そういう意味では、結構新鮮で、ある意味センセーショナルな記事よね。

当サイトでも、安倍総理の悪質な嘘は逐一記事にしてきたけど、そんな総理の嘘を批判する記事はとうに100を超えているのではないだろうか?(正確に数えていないのではっきりとは分からないけど…)
ふと思い出しただけでも、今国会の施政方針演説一つとっても、何から何まで嘘ばっかりだったし、今頃になってようやく、「ごくごく当たり前」の指摘をするマスメディアが出てきた
(当然のごとく、上記記事に対して、Yahoo!でもツイッターでも安倍総理への批判と呆れの声で埋め尽くされている。)

こうした流れを見ても、ようやく、安倍政権が本格的に終わりそうな兆候が目に見えて出てきたし、あまりにもこうした論調の報道が遅すぎたくらいだ。

それだけ安倍政権が、政権発足以降、”ステルス化”している巨大資本勢力(軍産&銀行家)に強力に支援されてきたということだし、元来の日本の国民性や社会構造もあいまって、相当に深刻な忖度や、お上の顔色をうかがう風潮が蔓延してしまったことで、ここまで日本の国家システムが根底から腐りきってしまったということかしら?

実際のところ、海の向こうの新しい”主流派”は一刻も早くに安倍政権を潰したいものの、日本国内の”奴隷文化”や忖度の蔓延があまりにも酷いせいで、思うようになかなか安倍政権が倒れないというのが現状なのかもしれないわね。

それだけ、安倍政権を支えてきた「旧来の世界支配層(好戦的なネオコン戦争屋勢力)」はトランプ政権の誕生によってかなりの割合まで駆逐され、逆に安倍政権を危険視する「新しい支配勢力」が世界で台頭してきたということかと思う。
北朝鮮問題をめぐる、かつてなかったような対話路線の進展も、こうした「世界的な変革」によってもたらされた流れかと思うし、あとは、どこまで日本国民自身が色々な意味で”覚醒”して、安倍政権を自分たちの責任できちんと終わらせることが出来るか、というところかな。

それに加えて、マスコミの人たちもいかに「安倍政権の呪縛」から解き放たれて、本来のマスコミの役割(建前)を取り戻せるのか…といったところかしらね。
すでに、自民党からも本格的に「安倍下ろし」を始める準備が整いつつあるみたいだし、これを機に、(ポストさんに続いて)安倍総理が今まで繰り返してきた「犯罪レベルの数々の大嘘」をマスコミが揃って徹底的に糾弾する段階に差し掛かってきたんじゃないかしら?

おススメ記事&広告

 
Pocket