【ほんとだ】ネット「『パヨク』と呼ばれる人達って、自衛隊を敬い、北方領土を固有の領土と主張し、日米地位協定の改定を訴え、反差別で日本の品性を高めたりする人のことかな?」「パヨクってカッコいい」「俺もパヨクって呼ばれてぇ」

Pocket

どんなにゅーす?

・ネット上で、「SNSで【パヨク】って呼ばれてる人達って、戦争反対で自衛隊の方々の活動をうやまい、北方領土を固有の領土だと主張し、拉致被害者を取り戻したいし、日米地位協定の改定を訴え、普天間基地の即時返還を望み、辺野古に新な基地を建設させない為に声をあげてる人の事かな」とのツイートが話題になっており、「パヨクってカッコいい」「これってむしろ保守じゃん」などの声が上がっている。

ネットの人々が、ついにグローバリストが作り出したペテンの手口(『愛国』を騙って日本の破壊に勤しむ手口)に次々気づき始める!

にゃにゃあ!ほんとだにゃ!
ネット上で、「パヨクパヨク」なんて人をバカにするコメントがウジャウジャあるけど、よく考えたら、パヨクって、日本を守るカッコイイ人たちなんだにゃ!

つまりこれは、管理人さんが日頃から教えてくれている、グローバリストによる「本物の愛国者を潰した上で、売国奴による日本破壊を推し進める」ためのペテンの手口ってことね!

どうやら、ネットの世界においては、この日本を覆ってきた「壮大なペテンの手口」に気がつく人が大分増えてきたみたいだね。

あおいちゃんの言うとおりで、この日本においては、明治維新以降の大日本帝国時代より、「本物の愛国者」を「反日」「売国奴」などと叩き潰しては軍産資本を潤わせる好戦主義者や日本の富や財産をグローバリストに横流しする売国奴を「保守」「愛国者」とこぞって賛美し、これらに強い権力を持たせることで、日本に大きな力を持たせないためのグローバリズムが強力に推し進められてきた。
インターネットが人類にもたらされた2000年以降においては、小泉政権時に「小泉信者」などと呼ばれる”エセ愛国集団”が生み出されては、特に、第二次安倍政権発足以降、これが非常に強大な組織に発展し、これらネット工作組織が安倍政権によるかつてなかったまでの日本破壊を大きく後押ししてきた。

こうしたネット工作勢力の”源泉”が、昭和初期に生まれた「生長の家」や、戦後間もない頃に、安倍総理の祖父で元A級戦犯のCIAエージェントだった岸信介や児玉誉士夫、笹川良一らが設立に尽力した「朝鮮統一教会」などのカルト宗教団体で、これらは、「反共(反ソ連)」を旗印に米・イスラエル主導のグローバリズムを推進する、ディープ・ステートによる「極東の工作組織」の性質を持っており、これらのカルト宗教が社会に入り込みながらアジアの市民の思想を”操作”し、日本や韓国の傀儡国家化を推し進めてきた。

ネット上でいわゆる「ネトウヨ(ネット右翼)」と呼ばれている集団は、まさに、これらのグローバル系カルトが作り出した”副産物”といえるような存在で、日本を破壊し、国富を徹底的に流出させる役目を負った生粋のグローバリストである安倍総理を神のように信奉しつつ、安倍政権による売国や日本破壊に強く怒る人々(愛国者)を「反日」「パヨク」と罵り、ネガティブイメージを社会に流布させることで、これら「愛国勢力」が強い力を持たないように盛んに活動してきた。

今では、そんな安倍政権が独裁的な地位と権益を手にしたことで、単なる金儲け目的の悪徳商売人までもが、「ニセ愛国ビジネス」に参入しては汚いお金儲けに勤しんでいる状況だけど、何よりも、今の日本に最も必要なのは、「本物の保守・愛国」を根付かせ、これを大きく育てていくことであると考えている。

では、「本物の保守・愛国」とは何か?と言われれば、まさしく、(上のツイートにもあるように)日本の「真の自立(隷米からの脱却)」を訴えながら、自衛隊を真に敬い彼らを守る活動を行ない、平和と民主主義を重んじている天皇陛下を敬い、立憲主義や三権分立などの民主主義の仕組みを大事にし、高い知性と教養・品格・モラルを持ち、全ての日本国民の心身や経済を豊かにする政策や、日本の内需や自給率を高める政策、さらには平和主義の下に戦争に反対する政策を支持しては、グローバリストの侵略から守るための「国家」を重視する政策を支持するような考えだ。

それって、私たちのサイトが日頃から伝えてきたメッセージとほとんど一致しているわねっ!
ってことは、私たちも、(社会に蔓延しているペテンのせいでよく分からなかったけど)実は保守・愛国の側だったってことなのねっ!

やっぱりパヨクってかっちょいいし、パヨクは実は愛国だったんだにゃ!

今や、日本の中で「右翼」「保守」なんて言われている人々は、「究極の反知性」ともいえる安倍カルトや、自らの金儲けや権益しか頭にない守銭奴みたいな連中ばっかりになってしまったけど、これこそが、日本がここまで劣化・衰退しては、改ざん・隠蔽・デマ・ヘイトなどが蔓延する”無法地帯”と化してしまった最大の要因であると考えている。
今のこの状況は、まさしく、グローバリストによる「日本の弱体化と破壊計画」がもたらした結果だし、これらグローバル資本勢力の手となり足となり働いてきた勢力が、これら「ニセ愛国集団」の安倍シンパであることを認識すべきだ。

しかし、これらのペテンがあまりにも過ぎたことで、いよいよその化けの皮が剥がれてきたし、それによって、今や共産党の方が完全に保守に成り代わっているような現象も起こっている。
中でも、消費増税や外国人労働者大量受け入れ、カジノや水道民営化、種子法廃止やTPPなどに人一倍強く反対してきた山本太郎議員などは今の日本に貴重なまでの生粋の保守政治家だし、日本がこのままますます衰退と破滅に向かっていくのを阻止するためには、これら「本物の保守・愛国」を日本に根付かせていくことが最も必要であることを理解して欲しいと思う。
そして、安倍総理を信奉するのが「保守」だと思い込まされてきた人々は、自分たちがグローバリストによって激しく洗脳されていたことを理解した上で、本来のまっとうな保守や愛国に目覚めてもらうのを願っているよ。

世界の人々は、今やかなりグローバル資本勢力による壮大なペテンに気がついてきたみたいだけど、日本はまだまだなのが現状みたいだし、私たちの日本がこれ以上メチャクチャにされてしまう前に、どうかこの勢いで「真の保守・愛国」の輪がどんどん広がっていくのを願うばかりだわ!

Pocket

 

 関連記事