【異常事態】NNN(日テレ)の世論調査、選挙に大勝したのに安倍政権の不支持率が3.2Pアップの44.2%に!支持は41.7%!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月27~29日に行なったNNNの世論調査によると、安倍政権の支持率が0.4ポイントダウンの41.7%不支持率が3.2ポイントアップの44.2%不支持が支持を上回ったとのこと。

・安倍政権は、22日に行なわれた衆院選挙では圧倒的多数の当選者を出し大勝したものの、直後の世論調査で不支持率が増加し、支持を上回る”異常事態”となっている。

内閣不支持2か月ぶり支持上回る~NNN

安倍内閣を「支持する」と答えた人は前の月より0.4ポイント下がり、41.7%だった。一方、「支持しない」は3.2ポイント上がり44.2%で、2か月ぶりに不支持が支持を上回った。

また、先の衆議院選挙を受けて、秋の国会で与野党の論戦が行われるべきかをたずねたところ、「行うべき」と答えた人が64.9%にのぼった。

野党第一党だった民進党が立憲民主党と希望の党などに分裂したことを受けて、野党がどのように再編されるのが望ましいかをたずねたところ、「立憲民主党を中心に再編する」が最も多く39.9%だった。

続いて、「今のままでよい」が31.8%、「希望の党中心の再編」は6%、「民進党を再び結集する」は7.5%だった。

【日テレNEWS24 2017.10.29.】

選挙結果と180度違う世論調査結果が出てくる異常事態!ますます匂う「野党共闘破壊」の謀略と外的な圧力

はあああ~~っ!?
衆院選で安倍政権が歴史的な大勝を収めた直後の世論調査で、この結果ですってぇ!?

つまりは、このデータが本当なら、今回の選挙は「国民の民意と全く逆の選挙結果」がもたらされたってことじゃないのよぉ!!

すなわち、この国では民主主義が一切反映されないような仕組みが出来上がっていると言うべきか、民意が反映されないような外的な圧力や操作(謀略)が行なわれたとでも言えばいいのかな?

ちなみに、こうした現象は5月に行なわれたフランスの大統領選ともちょっと似ている
その際も、反グローバリストのルペンが多くの国民からの支持が集まっており、次期大統領の最有力とされていたものの、突如、選挙直前でロスチャイルド銀行出身のマクロンが乱入してきて、何故かそのまま当選してしまっており、どちらも反エスタブ・反エリートの貧困層の庶民が反グローバリストを支持し、彼らが結束していく動きをグローバリストが妨害し、最終的にグローバリストが選挙に勝利している点でも共通しているね。

 

今回の野党共闘を徹底的に壊した(=安倍政権大勝に導いた)小池&前原両氏は、絶対に復権させてはならない

やっぱり、フランスも日本も(そしてアメリカも)結局は、巨大なグローバル資本側の勢力に政治家や政局、国家制度が操られている点では共通しているみたいね…。
こうした側面に私たちが気がつかない限り、同じことが何度も繰り返されるだけなんじゃないかしら?

希望の党に合流した(させられた)元民進議員が小池氏に激怒していることを「責任転嫁だ!」「自業自得だろ!」なんてバッシングしている動きもあるけど、(確かにそうした側面はあるものの)それによって小池氏の責任をぼやかすことだけは絶対にやってはならない
その上で、(二度と同じ轍を踏まないためにも)何故あのような事態になったのかの徹底的な内部調査と総括を行なうことが必要だ。

今回の一連の騒動は、実質的な小池氏(前原氏も)による、安倍政権と対峙してきた(安保違憲・改憲反対・反グローバリズム系)民進党議員に対する「殲滅(落選)作戦」であり、この謀略に気がついた枝野氏が立憲民主を立ち上げなかったら、それこそ、枝野氏らの勢力を含めた民進党の議員は完全に壊滅させられていただろう。

希望を異常に持ち上げていたメディアが、突如潮が引いたように勢揃いで希望を叩き始めたのもなんだか不自然だし、かつての小池フィーバーもかなり人工的に盛っていたような気がしてならない。
小池フィーバーを盛り上げれば盛り上げるほど、前原氏が希望に合流する行動に正当性が生じてくるし、そこで一気に「踏み絵」のパフォーマンスを派手に強行し、メディアが派手に叩けば、希望もろとも元民進議員は選挙で壊滅的被害を被る

つまり、希望に合流させられてしまった民進議員は”罠”に嵌められてしまったんだよ。
(辛くも当選した民進系議員もそれなりにいるけど、(踏み絵を踏んでいる時点で)すでに有権者からの信頼は大きく崩れており、今後の復権はなかなか難しいだろう。)

もちろん、若狭氏も上手に乗せられ、思うがままに操られた末に”用済み”にされてしまったことは言うまでもない。

な、なるほど…!
今回の選挙ほど、色々なものがドロドロに渦巻いた選挙はなかったんじゃないかしら?
いずれにしても、前原さんと小池さんは絶対に再び力を持たせてはいけないわね!

前原氏も何故か余裕で選挙に当選してしまったし、小池氏はなんだか今後も希望の党に厚かましく居座ろうとしている様子だからね。
今後もまた(グローバリストに操られながら)おかしな工作をやりかねないし、とにかく、この二人だけは最上級の危険人物であることは間違いないだろう。
(もちろん、他にも野党内にこの上なく怪しい人物が多く入り込んでいるのはいうまでもない。)

ただ、この世論調査結果や報道のスタンスを見る限り、安倍政権も決して安泰と言うにはほど遠い状況にあるのは確かなようだ。
「立憲民主の台頭」など、ボクたちにとっては悪くなかった要素も出てきているので、今後も注意深く国内外の動きをウォッチしていこうと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket