【非難囂々】日経テレ東の世論調査、安倍政権支持率が6P上昇の53%に!前代未聞の「統計捏造」も関係なし!高知新聞の「26%」の倍以上!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年1月25日~27日に行なわれた日経新聞・テレビ東京による世論調査において、安倍政権の支持率が6ポイント上昇し、53%になったという(不支持は7ポイント下落の37%)。

・同調査の中で、「勤労統計捏造事件」を受けて「政府統計に関する信頼性」を聞いたところ、「信用できない」が79%に上ったことからも、この支持率に強い疑問を投げかける声が殺到高知新聞の直近の世論調査で政権支持率が26%だったことからも、数字の信憑性を疑う声が大きく増している。

政府統計「信用できない」79% 本社世論調査
内閣支持率は53%

日本経済新聞社とテレビ東京による25~27日の世論調査で、安倍内閣の支持率は53%と昨年12月の前回調査から6ポイント上昇した。不支持率は7ポイント低下し37%だった。厚生労働省による毎月勤労統計の不適切調査問題を受け、政府統計の信頼性を聞いたところ「信用できない」が79%で「信用できる」は14%だった。

【日経新聞 2019.1.27.】

(本来なら政権崩壊に繋がるような)統計捏造が発覚するも、何故か政権支持率が大幅アップ(不支持も大幅ダウン)!高知新聞の「26%」とも強烈なコントラストに!

まーた、大手メディアからあまりにも不可解な世論調査が発表されたわね!
本来だったら、政権の転覆に繋がるような前代未聞の基幹統計捏造が発覚したっていうのに、(しかも、大多数の国民が政府統計を「信頼できない」って答えているのに)これでも政権支持率が大幅アップって、こんなバカなことがあるもんですかっ!!

しかも、ついこの前の高知新聞の世論調査で出てきた「26%」という支持率の2倍以上という、何ともスゴい結果が出てきたね。
ネット上では、いよいよ大手マスコミの世論調査の信憑性に強い疑問の声が噴出しては、マスコミそのものの信頼性がかつてなかったまでに低下してきている状況だ。

これまでも当サイトでは、大手マスコミの世論調査というのは、「グローバル資本勢力による、傀儡政権に対する”通信簿”のようなもの」と述べてきたけど、安倍総理は、ついこの前に5年ぶりにダボス会議(グローバリストによる議論の場)に出席することを許されているし、国民の世論を徹底無視して、グローバリストへの利益誘導(水道民営化、TPP11、日欧EPA、カジノ解禁、外国人労働者の大幅拡大、消費増税推進などなど)を推し進めており、これらによって政権そのものの基盤が大きく強化されているのは疑いようのないことだ。

そのような背景に”着目”すれば、「基幹統計捏造」の発覚にもかかわらず、政権支持率が大幅アップするのはある意味「自然な流れ」だし、「売国を繰り返せば繰り返すほど、強い権力を保障される」という、日本の政界における”法則”にも沿った動きだ。

現在の日本は、すでに本格的な「負のスパイラル」に入ってきており、グローバル資本勢力とマスコミ・政権がより強固に結びついては、国民がかつてなかったまでに激しく洗脳され、奴隷化してきているのは間違いのないことだ。
つまり、大手マスコミによって”作られた”世論調査などを通じて、国民が大きく惑わされ、(これらマスコミに引きずられるように)国民側もマスコミの世論誘導にどんどん嵌まり込んでいる状況であり、「ニワトリが先かタマゴが先か」のような現象が起こっているということだろう。

つまりは、「グローバリストと一体化したマスコミの世論誘導」に国民が大きく引っかかっては、徐々に、マスコミが大きく誘導しなくとも、国民自らグローバリストが望んでいるとおりの思考にはまりこんできていて結果、民主主義が本格的に崩壊されていく道を、国民自身がどんどん突き進んでいるってことね。
これじゃあ、ますます安倍政権が不正や犯罪をやり放題になっていっていくのも必然的な流れだし、完全なまでの「安倍独裁帝国」が出来上がってしてしまうのも時間の問題なんじゃないかしら!?

つい先日の山梨県知事選も安倍政権側が勝利したけど、このままだと次の重要な国政選挙もヤバそうな結果が待っていそうな気がするよ。
どちらにしても、一人でも多くの日本国民が、現代の「グローバル資本主義」の本質をよく理解することが必要だし、自分たち国民は、グローバル資本勢力が民衆にあてがった「エセ民主主義体制」の中で生かされてきたこと、そして、日本のマスコミは、これらグローバル資本勢力と一体化しており、売国を繰り返す政治家ほどより本格的にサポートし、長期政権を後押ししている実態があることを理解することが必要だ。

日本や各先進国の上に、グローバル資本勢力が君臨し、姿を隠しながら各国の政情やマスコミをコントロールしている実態があるのを知れば、今まで見えていなかった多くの景色が徐々に見えてくるようになってくるし、ある程度の「未来予想図」も見えてくるようになるかと思うよ。

とにかく、私たちのサイトでも以前に紹介したけど、今の日本は、すでにローレンス・ブリットが提唱した「ファシズムの兆候」にかなり合致してきている状況なのは間違いなさそうだわ。
私たち日本国民は、グローバル資本勢力に長年にわたって激しく洗脳され続けてきた状況だし、安倍政権がこれらのグローバリストから「お墨付き」をもらいながら、日本のマスコミ・警察・検察・司法をも取り込みながら、前代未聞の凄まじい売国と「日本国家の破壊」にせっせと勤しんでいる状況ってことね!

この調子だと、今後も大手マスコミの世論調査の数字はますます不可解になっていくだろうし、日本は、(曲がりなりにも存在してきた)民主主義が完全に崩壊していく「次のフェーズ」に入っていくことになるだろう。

Pocket