NHK「かんさい熱視線」が「カジノ誘致の賛否」の円グラフの間違いを認める!「作画ミスによるもので、確認が不十分なまま放送してしまいました」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月20日放送のNHK「かんさい熱視線」の中で表示された、「カジノ誘致の賛否」の世論調査の円グラフの面積が、「反対(42%)」と「どちらともいえない(34%)」で逆になっていることが話題になっていた中、NHKが円グラフの間違いを認めた

NHK側は「作画ミスによるもので、確認が不十分なまま放送してしまいました」と説明「反対の声をわざと少なく印象づけさせる」などの意図はなかったと主張している。

NHK番組で印象操作か?カジノ誘致世論でおかしな円グラフ

毎週金曜夜に近畿圏で放送され、各地の社会問題から芸能、文化、スポーツまで幅広く扱う、NHK「かんさい熱視線」。20日に放送された「関西にカジノ!?~IRの光と影~」の回において、世論調査の結果を表した円グラフが明らかにおかしいとの声が上がっている。

IR誘致について「賛成17%」「反対42%」「どちらともいえない34%」「無回答7%」。しかし、放映された円グラフは、どう見ても34%の「どちらともいえない」の方が、42%の「反対」よりも面積が広いのだ(写真=ツイッターから)。まるでNHKがカジノ誘致に反対している人を少なく見せようとしたと受け取られかねない。

~省略~

円グラフを作成した経緯について、NHK広報部に質問書を送ったところ、次のように返答してきた。

「円グラフでは数字は正しく表記していましたが、作成時にミスがあり面積に誤りがありました。翌日の再放送で円グラフを修正して放送したことに加え、番組ホームページで訂正を掲載。今後、このようなことがないようにチェックを徹底していきます」

日頃から政権寄りの報道をしていなければ、「印象操作」を疑われずに済むのに……。

【@niftyニュース(日刊ゲンダイ) 2018.7.24.】

7月20日放送の「関西にカジノ!?~IRの光と影」の円グラフの訂正について

番組内でIR誘致の賛否に関する調査結果を円グラフで紹介した際に、「反対」が42%、「どちらともいえない」が34%と表示しました。円グラフ上は数字では正しく表記していましたが、「どちらともいえない」の面積の方が大きく表示されていました。作画ミスによるもので、確認が不十分なまま放送してしまいました。今後、このようなことがないようにチェックを徹底していきます。

【NHK かんさい熱視線】

ネットで波紋を呼んでいる「インチキ円グラフ」、NHKは「作画ミスによるもの」と説明するも…

↓番組で放送された問題の円グラフ(上)と正しい円グラフ(下)。

出典:Twitter(@jcpkenchanu)

出典:Twitter(@mitsuru_kuroda)

ネット上で怒りの声が相次いでいる、NHK「かんさい熱視線」で表示された「インチキ円グラフ」だけど、NHKが間違いを認めて「作画ミスによるものだった」と説明している状況ね。

それにしても、あまりにもお粗末で信じられない”ミス”だね~。
この件については、当サイトでもいち早く紹介したけど、本来であれば、「色彩的な意味合い」で考えると、「賛成」と「反対」の色が逆であるべき賛成が青反対が赤)だと思うし、こういうところにも、どうにか反対の声が多いことを目立たせないようにする意思が働いているように思えてしまう。

単純にグラフ作成ソフトを使って作成したのなら、このような間違いは絶対に起こらないはずだし、やはり、意図的ではなかったにしても、どうにか反対の声を目立たせないように手を入れていた中で、ミスが生じたのではないだろうか?

どちらにしても、NHKのこの説明もどうも釈然としないし、相当に不可解な一件なのは確かだろう。

それに、安倍政権以降のNHKは実質的に「安倍礼賛広報機関」と化してきているし、反対の声を小さく錯覚させることで安倍政権やカジノ利権者にもとっても都合がいいのも確かよね。
再放送の時に、面積が異なる2つのグラフが表示されてたのもとってもおかしな話だし、少なくともこのNHKの番組はほとんど信頼性がゼロなのは間違いないところだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事