■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【疑念噴出】ファイザーとモデルナが「オミクロン対応ワクチン」を開発!10月に「新ワクチン」の接種を開始へ!寺嶋毅医師は「新しいものを待たずに既存ワクチンの4回目を打った方がいい」と喧伝!

【疑念噴出】ファイザーとモデルナが「オミクロン対応ワクチン」を開発!10月に「新ワクチン」の接種を開始へ!寺嶋毅医師は「新しいものを待たずに既存ワクチンの4回目を打った方がいい」と喧伝!
Pocket

どんなにゅーす?

・mRNAワクチンのブースター接種が進められているにもかかわらずオミクロン株の感染が大爆発している中、ファイザーとモデルナが「オミクロン対応ワクチン」を開発。厚労省は10月に「新ワクチン」の接種を開始するという。

・こうした中、東京歯科大学市川総合病院・寺嶋毅教授は、4回目接種の対象者について「新たな種類を待たずに(早くに)接種した方が良い」と提言ブースターを重ねるごとに「免疫寛容」が発生し、より感染しやすくなるとの指摘も多く出てきている中、国民から疑念の声が噴出している。

【速報】「オミクロン株対応ワクチン」10月にも接種開始へ 厚生労働省専門部会

~省略~

現在、日本国内で接種が進められているコロナワクチンは、中国・武漢などで流行した発生初期のウイルスをもとに作られていて、オミクロン株に対する効果は限定的とされています。ファイザー社とモデルナ社は、初期のウイルスに加えオミクロン株に対しても効果が出るように改良した新しいワクチンを開発しています。

厚生労働省はきょう開いた専門部会で、このワクチンについて、9月中に輸入が可能だとして、早ければ10月にも接種を始める方針を示し、了承されました。接種の対象者は高齢者などの重症化リスクが高い人が想定されていましたが、1回目と2回目の接種を終えた全ての人への接種も想定して準備を進め、今後のデータをもとに決定するとしています。

【Yahoo!ニュース(TBS NEWS DIG) 2022.8.8.】

「オミクロン対応ワクチン待たずに4回目を」 接種間隔見直しも訴え 感染症専門医

厚生労働省は8日午後、オミクロン株対応ワクチンの秋以降の導入について審議しますが、日本感染症学会の専門医が取材に応じ、「対象者は新たなワクチンを待たずに4回目接種を受けるべき」と指摘しました。

東京歯科大学市川総合病院・寺嶋毅教授:「(現在主流の)BA.5に対して(新たなワクチンが)実際にどれだけ感染、発症予防効果があるのかまだ不透明。秋頃に打っても、その頃あまり流行がなく、結局効果が少し下がってきたところに(次の)流行が来るとすると、秋まで待ってその有益性がどれだけあるか」

寺嶋教授はこう述べたうえで、第7波の流行を抑えるためにも、4回目接種の対象者は、「新たな種類を待たずに、接種した方が良い」との考えを示しました。

そのうえで、原則5カ月とされている接種間隔を見直すことや「高齢者や基礎疾患のある人の同居家族などにも、接種機会を設けるべき」と対象の拡大も訴えます。

~省略~

【テレ朝news 2022.8.8.】

(さすがに)多くの国民から疑念の声が噴出!「4回目中止」を決断する医療機関も増えている中、「既存のワクチン打て打て」に加えて「オミクロン対応ワクチン」キャンペーンがスタート!

一体何なのよこれは!
「オミクロン対応ワクチンが10月から接種スタート」なんていう(奇妙な)話が出てきたけど、もうその頃にはオミクロンに代わる新しい変異株が出ている可能性があるうえに、挙句の果てには「新しいワクチンが出るまで待たずに既存のワクチンをどんどん打つべき」なんていう声まで出てくる始末だし…
もう滅茶苦茶だわっ!!

簡単にいえば、ビル・ゲイツらによる「新型コロナ&mRNAワクチン」を柱にした「人口削減バイオテロ」の一大詐欺の”辻褄合わせ”に、国を挙げて必死になっているということだし、少し考えただけでも、彼らの言ってることがいかにおかしいかが分かるはずだ。
ちなみに、多くの医療関係者もこれらのインチキに薄々気が付き始めてきており、先日紹介したように、札幌の大病院(札幌禎心会病院)で「4回目接種の中止」が発表された(ちなみに、同病院では発表直後から公式サイトがダウンし、電話対応もパンク状態に陥っており、本当に大変な状況になっているみたいだ)し、これに追随する医療機関が出てきているみたいだ。

当サイトでも、少し前に「ブースターを重ねるごとに『免疫寛容』が発生し、より新型コロナに感染しやすくなる」との研究結果が記されたドイツの研究チームによる論文を紹介したけど、これでもなお、「既存のワクチンをどんどんブースターするべき」などと主張している御用医師に加え、今頃になって「オミクロン対応ワクチン」を大量購入しようとしている日本政府も、どちらもグローバル製薬企業とその上に控えている資本家連中の傀儡勢力であることを疑う必要がある。

ここまで散々「ワクチン打て打て」と騒いできた以上、今になって引っ込みがつかなくなってるのかもしれないけど、そのせいで私たち日本国民の健康と命がますます大きく脅かされていくのだから、これ以上悪質なことはないし、新たに莫大な国費を投じて「新しい詐欺ワクチン」を大量購入しようとしている政府に対して、全力で反対する必要があるんじゃないかしら!?

ちなみに、上のテレ朝newsで「新しいワクチンが出るまで待たずに既存のワクチンを積極的に打つべき」と提言している寺嶋毅医師は、(2016~18年度の合計で)分かっているだけでアストラゼネカから約139万円を受け取っていたことが分かっているし、今回の言動をみても、ファイザーやモデルナからも同じようにカネを受け取っていることを疑わざるを得ない。

ワクチン会社から謝礼を受け取っていた番組コメンテーター医師の実名

~省略~

本誌・週刊ポストが確認すると、「2020新型コロナ関連専門家・テレビ番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)の上位10人のうち4人がワクチンメーカーから謝礼を受け取っていた。

一番金額が多かったのは、昭和大学医学部客員教授の二木芳人医師(出演本数1位)だ。

すでに公開されている2016年度(337万9300円)と2017年度(286万3811円)、未公開の2018年度分(90万3690円)を合わせると、3年間でファイザーから約714万円、アストラゼネカからは11万1370円(2017年度)、ジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門であるヤンセンファーマからも5万5685円(2017年度)を受け取っていた。

「コロナ前」のものとはいえ、製薬会社から謝礼を受け取っていて、客観的なコメントができるのか。二木医師に質した。

「全部講演料で、肺炎球菌のワクチンに関する講演をファイザーさんから頼まれることが多かった。昨年医療現場をリタイアしてからは、ほとんど講演をしていません。今はワクチンに対する不安が必要以上に大きくならないよういろんな情報をお伝えするように努めている。特定のメーカーの肩を持つことはありません」

次に金額が多かったのは愛知医科大学大学院教授の三鴨廣繁医師(出演本数10位)。ファイザーからは約504万円、ヤンセンファーマから17万6366円となっている。国際医療福祉大学主任教授の松本哲哉医師(出演本数4位)はファイザーから2017年に約154万円など計約348万円、東京歯科大学市川総合病院教授の寺嶋毅医師(出演本数5位)もアストラゼネカから約139万円を受け取っていた(いずれも2016~2018年度の合計)。

寺嶋医師は、

「呼吸器系がテーマの勉強会や講演の座長や講演料だったと記憶しています。2019年、2020年も講演はあったと思いますが、今までもそしてこれからも、謝礼金などで発言が左右されることはありません」

と回答。松本医師、三鴨医師からは回答を得られなかった。

~省略~

【NEWSポストセブン 2021.4.26.】

●過去参考記事:
【現実】TVに連日出ている「コロナ専門家」がワクチン会社から謝礼受け取り!二木芳人医師は3年間でファイザーから714万円!松本哲哉医師も348万円!二木氏「特定メーカーの肩を持つことはない」

とにかくも、テレビにたくさん出てくる「専門家」のセンセイ方は、(優生思想や人口削減思想に侵されている)グローバル資本家層や厚労省の息がかかっている人たちばかりですし、こうした「ワクチンのセールスマン」の主張に左右されず、自分自身の頭で状況を考え、分析し、どうするかを判断していくことが大事だってことね。

そうだね。
現在の”mRNAワクチン推進体制”からの転換について、長尾クリニックの長尾和宏医師は、「1)気づき 2)議論 3)決断 4)勇気 5)公表 この5段階をクリアしないといけない。」と語られているけど、今こそ、多くの医療従事者が「本来の使命」を思い出し、「日本国民の命と健康を守るための決断」を行なってもらうことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事