■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【応援】自民京都府連買収、地元弁護士グループが議員ら50人を集団告発へ!西田府連会長「収支報告書に記載されており、法に則って行われている」二之湯国家公安委員長「やましいことはない」

【応援】自民京都府連買収、地元弁護士グループが議員ら50人を集団告発へ!西田府連会長「収支報告書に記載されており、法に則って行われている」二之湯国家公安委員長「やましいことはない」
Pocket

どんなにゅーす?

自民党京都府連による「マネロン買収疑惑」が紛糾する中、地元弁護士グループが議員ら50人を集団で刑事告発する準備を進めていることが分かった。

弁護士グループが告発するのは、府連会長の西田昌司参院議員に、田中英之文科副大臣や本田太郎外務政務官ら昨秋の衆院選候補者6人、さらに府連からカネを受け取ったとされる京都市議や府議の総勢およそ50人だといい、当事者側が違法行為を一貫して否定する中、今後の行方が注目される。

どうなる?自民京都府連“マネロン選挙買収”疑惑…地元弁護士が議員ら50人を集団告発

自民党京都府連をめぐる組織的な選挙買収疑惑に新たな動きだ。京都府内の弁護士グループが府連会長の西田昌司参院議員ら約50人を公選法違反(買収、被買収)容疑で刑事告発する準備を進めている。河井元法相夫妻が有罪となった参院広島選挙区の大規模買収事件の様相を呈してきた。

告発に動くのは「自由法曹団京都支部」に所属する弁護士約20人。告発対象は2019年参院選で当選した西田議員のほか、田中英之文科副大臣(京都4区)や本田太郎外務政務官(京都5区)ら昨秋の衆院選候補者6人、それに府連からカネを受け取ったとされる京都市議や府議の総勢およそ50人だ。

~省略~

脱法スキーム発案者と指摘される西田氏は自身のユーチューブチャンネルなどで、「政治資金の流れは収支報告書に記載されており、法にのっとって行われている」などと主張。今期限りで引退するため、告発対象から除外されている二之湯国家公安委員長(参院京都選挙区)に至っては余裕すら漂う。18日も「大変驚いている。府連は何ら法に反していないという立場だ」「寄付したのは政党活動の趣旨で、やましいことはない」などと強気一辺倒だ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.2.19.】

「第二の河井事件」に発展するのか?京都の弁護士団が西田昌司府連会長ら50人を集団告発へ!

出典:Twitter(@kaz_fukuyama)

京都府連マネロン買収疑惑「新たな展開」に向かっていくことになりそうです。
地元弁護士グループが西田昌司府連会長ら50人を集団告発することを発表、ネット上ではこの動きに多くの応援と賛同の声が集まっています。

Twitterでも指摘されてるけど、本当だったら、検察が主体的に素早く動いて、立件に向けて調査と準備を進めるべきなのではと思うけどね。
国民側が主体的に捜査組織の尻を叩かないといけないのは本当に情けないし、それだけ、これは河井事件に匹敵するほどの重大な疑獄事件であるということだ。

よほど検察を抑え込める自信があるのか、現在のところ、西田昌司府連会長をはじめ、当事者たちは無理のある”潔白主張”と露骨な開き直りコメントを繰り返していますが、全体的な構図を見る限り、完全かつ非常に悪質な選挙買収事件であり、こんなことが国家権力に黙認されるようならば、文字通り日本の民主主義システムは完全に終わりです。

事件の詳細がより明らかになれば、この先さらに告発人や被告発人が増えていく可能性もあるけど、今回もまたまた文春報道を通じて新たな自民党の闇がつまびらかにされていくのだろうか。

河井事件もそうでしたが、自民党に関する重大疑獄が発覚するのは、もっぱら週刊誌のスクープなどばかりですし、今日も警察や検察は「巨悪は見て見ぬフリ」を決め込みながら、小市民の些細な問題ばかりにひたすら力を入れている始末です。

この集団告発の動きがメディアに大きく報じられれば、賛同者も大きく膨れ上がっていくだろうし、署名運動が立ち上がって多くの一般市民が検察に働きかけていくような展開も考えられる。
とにかく、権力層による明確な違法行為に対して、これを厳しく指摘・批判し続けていくことが非常に大事だし、ボクたちも地元弁護団を強く応援しつつ、検察が動かざるを得ない状況に持っていくことが重要ではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事