■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

河野ワクチン担当相が、「ワクチンだけでどうにかするのは中々難しい」とお手上げ宣言!「ワクチンでコロナ禍克服」は不可能なのが判明も、菅総理はいまだにワクチンに異常なまでに固執!

河野ワクチン担当相が、「ワクチンだけでどうにかするのは中々難しい」とお手上げ宣言!「ワクチンでコロナ禍克服」は不可能なのが判明も、菅総理はいまだにワクチンに異常なまでに固執!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月31日、河野太郎ワクチン担当相が、自身のネット番組において「デルタ株の感染拡大をワクチンだけでどうにかするというのは中々難しい」と発言事実上の”降参宣言”が飛び出した。

米疾病対策センター(CDC)も、「戦況が変わった」とワクチンを2回接種をしてもデルタ株に容易に感染することを認めた中、いまだにワクチンに大きな期待を寄せつつ、本来行なうべき感染予防対策を完全におろそかにしている菅総理に批判の声が集まっている。

河野担当相「ワクチンだけでは難しい」と白旗! デルタ株“ブレークスルー感染”の猛威

ワクチン一本ヤリ政権の担当大臣が白旗――。河野ワクチン担当相は7月31日夜、自身のネット番組で「デルタ株の感染拡大をワクチンだけでどうにかするというのはなかなか難しい」と言ってのけた。デルタ株(インド株)は、ワクチンを接種していても、感染が広がっている。想像以上に手ごわいウイルスだ。

■CDC「戦況が変わった」

30日の会見で菅首相は「ワクチン接種こそがまさに決め手であり、総力を挙げて接種を進めていく」と強調したばかり。河野大臣が「決め手」を否定した格好だ。

デルタ株の登場により、ワクチンの限界が浮き彫りになりつつある。米疾病対策センター(CDC)が「戦況が変わった」と警戒を強めるのが、「ブレークスルー(突破型)感染」。ワクチンを2回接種しても感染してしまうことだ。

~省略~

西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)は言う。

「河野大臣が言う通り、ワクチンだけではデルタ株に太刀打ちできません。ところが、菅首相は相変わらず、ワクチンに過度の期待を寄せるあまり、ワクチン以外の感染対策がおろそかになっている。緊急事態宣言を拡大・延長してもインパクトのある新たな対策はありませんでした。ワクチン接種によって、重症化を防げるとしても、日本の場合、現在2回接種は約3500万人程度にとどまり、感染すれば重症化するリスクは依然高い。このままでは、感染爆発を抑えられず、ワクチン未接種者を中心に重症者が増えかねません」

「ワクチン接種だけでは難しい」と語った河野大臣が呼び掛けたのはマスク着用や手洗いなど感染対策の徹底にとどまった。アイデアが浮かばないのだろう。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.8.2.】

日本のワクチン担当相がついに白旗!→いまだに菅総理はワクチンに縋りっぱなしで、必然的に日本は「さらなるコロナ地獄」に!

出典:河野太郎オフィシャルサイト

河野太郎ワクチン担当相が事実上の「降参宣言」を行ないました。
これまで、菅総理からの命を受けて、散々日本国民にワクチン接種を呼び掛けてきた河野大臣ですが、今になって「ワクチンだけでどうにかするのは中々難しい」と放言するとは、あまりにも無責任としか言いようがありません。

このボクでさえ、コロナ危機が発生した当初から「ワクチンでコロナ危機を克服することなど完全に不可能」と言い続けてきたのに、一体どこまで無能で想像力が欠如してるのだろう。

ちなみにだけど、最初のパンデミック時に完全な抑え込みに成功したものの、変異株の蔓延で再び感染拡大に見舞われていた台湾では、ワクチンが普及していないにもかかわらず、再び完全な封じ込めに成功しそうな情勢にあるようだ。

つまり、コロナ危機を克服するための最も重要で有用な策は、「(先人が提唱してきた)基本的かつ地道な感染防止策」であることがよりはっきりしたし、すでに「ワクチン接種によってますます感染が広がり、より多くの人々が死ぬ」ことがはっきりしてきているにもかかわらず、それでもなお全国民へのワクチン接種に異常なまでに固執しては、東京五輪開催を通じて自ら感染爆発を促している菅総理は、「日本をコロナ地獄に陥れた最大級の戦犯」という他ないだろう。

「基本的かつ地道な感染防止策」を徹底するのなら、東京五輪の開催など完全に論外であることなど誰でも分かることですし、あの尾身会長ですら「普通は五輪はやらない」と言ってましたからね。
菅総理がやっていることは、「最も効率的でステルス的な日本破壊(国民大量虐殺)工作」であり、グローバル資本勢力の完全なる傀儡である実態が、これでもかというほどに明らかになっています。

まあ、今の時点で正直に「ワクチンだけではもう無理」と降参宣言をした河野氏は百歩譲ってまだマシなのかもしれないけど、この期に及んでもなお、ろくな効果もないどころかますます感染爆発を引き起こしかねない上に、相当に深刻なリスクがあるワクチンをいまだに国民にゴリ押し続けている菅総理は、(安倍前総理と同じく)凶悪犯罪者レベルだろう。

…それにしても、この凶悪な変異株でも地道な感染抑制策で収束に成功しそうな台湾は本当に凄い
確かに、強力なロックダウンや厳しい私権制限などは本来であればやっていけないことだけど、散々健康や生命の危機に晒された挙句に”人体実験ワクチン”を半強制的に打たされるよりは、こっちの方がだいぶマシであると言わざるを得ないね。

本当にそうですね…。
まさしく、史上最悪のグローバル資本勢力による地球規模のバイオテロというしかありませんし、この今の世の中そのものが、「第三次世界大戦の真っただ中」であると考えた方がいいのかもしれませんね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事