【ヒィ】鹿児島市甲南高校で教材用に使用していた頭蓋骨、本物の人骨だった!生徒が美術の授業でデッサン!市内の別の高校でも人の頭蓋骨が見つかる!

Pocket

どんなにゅーす?

・鹿児島市の県立甲南高校において、美術のデッサンの授業で使用されていた頭蓋骨が、本物の人骨だったことが判明。市が身元に関する情報提供を呼びかける事態になっている。

・鹿児島市では18年6月にも県立鶴丸高校の生物講義室でも人の頭蓋骨が見つかったため、甲南高校も授業で使っていた頭蓋骨を警察に提出していたという。

・問題の頭蓋骨は30~40歳くらいの女性のものとのことで、警察は事件性は無いと判断。市は「身元不明の死者」として官報に掲載した上で、市営墓地に埋葬したという。

美術授業用の頭蓋骨「本物」…頭にシール状の痕

鹿児島県立甲南高校(鹿児島市)で、美術の授業で使われていたデッサン用の頭蓋骨が本物だったことがわかった。

同校によると、頭蓋骨は20年以上前から、牛の骨などと一緒にデッサン室の棚に保管されていた。この間、美術の授業で、生徒が頭蓋骨を見ながら模写することもあり、今年6月にも生徒1人がモデルにしていたという。

鹿児島では6月、県立鶴丸高校(同市)で、約50年前に死亡した女性のものと推察される頭蓋骨が見つかっていたことが判明。これを受け、甲南高がデッサン室の頭蓋骨の鑑定を県警に依頼したところ、人骨と判明した。30~40歳の女性とみられ、県警からは「事件性はない」と説明されたという。吉元彰一教頭は「頭頂部にはシールを貼ったような3、4センチ四方の痕があり、学校の備品だと思った。なぜ(本物が)あったのかわからない」と話している。

この頭蓋骨について、鹿児島市は5日付の官報に、身元が分からず引き取り手のない死者として掲載。県教委は今後、他校でも同様の事例がないか調査する。

【Yahoo!ニュース(読売新聞) 2018.12.6.】

高校の教頭も「なぜ本物があったのか」と困惑!鹿児島県内の高校で立て続けに本物の頭蓋骨が発見される!

ひぃぃぃっ…!!
ど、どうして、高校の教材で本物の人の頭蓋骨が使われていたんですかぁ~っ…!?
しかも、鹿児島市内の別の高校でも本物の頭蓋骨が見つかっていたなんてぇ…!

にゃにゃっ!?
どこの誰かさんかも分からにゃい頭蓋骨が鹿児島の高校から次々見つかるにゃんて、こりゃホラーかミステリーの世界だにゃ!

まさしく「知らぬが仏」というか、知らずに授業に使用していたのが「本物の仏」だったとは。
警察が事件性がないと判断した理由もかなり気になるけど、あまりにも謎が多いニュースだね。

本物だとは知らずにこれまで頭蓋骨を持ち運んだり、美術や理科の授業で触れていた生徒の間ではトラウマになってしまう懸念もあるし、市内をより詳しく調査すれば、さらに見つかる可能性もあるかもしれない。

なぜこんな事態になっているのか、もう少し詳しい手がかりや情報が欲しいところだね。

私も当事者だったら、間違いなくトラウマになってしまいそうですぅ~。
鹿児島市が情報提供を呼びかけているみたいですし、いつか詳しい真相が分かるといいですねぇ…

おススメ記事&広告

 
Pocket