■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【憶測飛び交う】小池都知事、都議選告示後も「長期入院(雲隠れ)」の不可解!都民ファを自ら潰して自民から(東京9区で)衆院選出馬を疑う声も!

【憶測飛び交う】小池都知事、都議選告示後も「長期入院(雲隠れ)」の不可解!都民ファを自ら潰して自民から(東京9区で)衆院選出馬を疑う声も!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年6月27日、東京都は、22日に過労のため都内の病院に入院した小池都知事が、さらに数日間療養を続けることを発表。重要な都議選が告示されたものの、自身が立ち上げた「都民ファーストの会」の応援にたつ目処が立っておらず、マスコミの情勢では自民党が大きく躍進し第一党を奪還する一方で、都民ファは惨敗する様相だという。

・一部では、小池知事の不可解な「長期入院」に様々な憶測が飛び交う事態に。昵懇の二階幹事長と最近頻繁に会合を重ねていたことから、次期衆院選に自民から出馬するために都民ファを自ら潰そうとしているのではと疑う声も上がっている。

東京都の小池知事、入院延長へ 数日間程度、医師の判断

東京都は27日、過度の疲労で静養中の小池百合子知事が28日以降も入院を続け、数日間程度公務を外れると発表した。都によると、特定の病気や検査のためではなく、疲れが取れていないと医師が判断した。復帰時期は未定としている。公務は引き続き多羅尾光睦副知事が代行する。

小池氏は今月22日に入院。新型コロナウイルス対応や東京五輪・パラリンピックなど重要公務が重なり、その前週ごろから具合が良くなかったという。

~省略~

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2021.6.27.】

都議選、自民が第1党奪還の勢い 都民ファは後退か、電話世論調査

秋までに実施される衆院選の前哨戦となる東京都議選(7月4日投開票、定数127)について、共同通信社は25~27日、都内の有権者約千人に電話世論調査を実施した。投票先は自民党が最多で3割を占め、第1党を奪還する勢い。小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」は公明党や共産党と2番手を争い、現有最多の46議席から大幅に後退する可能性がある。

~省略~

【Sputnik(共同通信) 2021.6.27.】

さまざまな憶測が…小池都知事の入院 都民ファースト都議選苦戦の分析 自公との関係修復、東京五輪後の国政復帰狙う?

~省略~

25日に都議選(7月4日投開票)の告示が迫り、年内には衆院選があり、東京五輪の開幕(7月23日)まで1カ月というタイミングだけに、さまざまな憶測が流れている。

~省略~

都庁関係者は「この数日間、体調は芳しくなく、かなり疲れがたまっていたようだ」と、夕刊フジの取材に語った。

~省略~

小池氏は、都議会の最大会派である地域政党「都民ファーストの会」の特別顧問を務めている。同会の候補者からは応援依頼が殺到しているようだが、小池氏は態度を明らかにしておらず、動向が注目されていた。

実は、永田町で出回っている都議選の情勢調査によると、4年前に大惨敗した自民党が復調し、立憲民主党や共産党も議席を伸ばす一方、都民ファーストは大苦戦すると分析されているのだ。

小池氏が最近、自民党の二階俊博幹事長と頻繁に接触していることも、疑念を呼んでいる。

永田町や都庁の関係者からは「小池氏は、都民ファーストとどう距離感を取るか、悩んで心労がたたったのでは」「都議選後の都政運営を見据えて、自民、公明両党との関係修復を模索しているのだろう」「公選法違反で議員辞職した菅原一秀前経産相の選挙区(衆院東京9区)は、小池氏のお膝元(東京10区)の隣。東京五輪後の国政復帰を狙っているのかもしれない」など、さまざまな声が聞かれた。

【Yahoo!ニュース(夕刊フジ) 2021.6.27.】

ジャパンハンドラーが「都民ファ潰し工作」を実行か!?ジョージ・ソロスらの後ろ盾を持つ小池氏が「国政復帰→総理就任」の恐れも!

出典:Twitter(@product1954)

出典:Twitter(@_yanocchi0519)

出典:Twitter(@_yanocchi0519)

これは、いよいよおかしなことになってきたわね。
前の衆院選でもそうだったけど、この「緑のたぬき」おばさんが選挙に関わると、なぜか、毎度のようにかなり不自然で異様な展開が毎度のように起こっては、奇想天外で不自然過ぎるドラマチックな展開が起こってしまうのよね。

いや~、普段の都民への世論調査においては、小池都知事への支持率がかなり高いデータが常に出ていたのに、都議選告示後の情勢調査でいきなり(前回歴史的大勝利を果たした)都民ファがビックリするくらい惨敗するデータが出てきたので、「こりゃかなりおかしいぞ!(またおかしな工作が始まったか?)」と不審に感じたけど、やはり、いよいよ本格的におかしな話になってきた。

テレビのニュース番組でも、小池氏の入院に「かわいそう」「ゆっくり休んでほしい」などと同情する街の声がしきりに流されていたのを観た時も、「早速強力な世論誘導が始まったぞ」と強く感じたし、やはり、この小池氏のあまりにも奇妙な「都議選&五輪直前の雲隠れ入院」は、かなり”どす黒い裏”があるとみて間違いなさそうだ。

確かに、多くの疑いの声が上がっているように、公選法違反で辞職した菅原氏の東京9区を継いで、次期衆院選で自民から出馬する可能性は大いにあるだろうし、こうなると、(不正に)当選した上で国政にちゃっかりと復帰。そして、以前からずっとボクが懸念してきた「史上初の女性総理」に就任する恐れがある。

ご覧のように、あの天下のCSISのマイケル・グリーンさんと仲良しの上に、ジョージ・ソロスさんの自宅に遊びに行くほどの、グローバリストの忠実なエージェントの小池さんなのだから、最大級の警戒を払う必要があるわ。
前回の衆院選も、このおばさんや前原さんら、グローバリスト渾身の”三文茶番劇”にまんまとやられてしまって、選挙期間中に野党共闘が壊滅してしまったけど、今回の都議選においても、かなり強引な”茶番劇”が展開されて、グローバリストの意向通りの結果が出されることになりそうだわ。

とにかくも、こうした動きを見る限り、小池氏やジャパンハンドラーは、(前回の都議選で一大ブームを作り出した)都民ファを自ら破壊することにしたみたいだし、前回の都議選から何から何まで、ヤラセと茶番劇のオンパレードだね。
そして、この先、小池氏やその上に控える「やんごとなき連中」が一体どんなアッと驚くようなパフォーマンスや工作を画策しているのか、厳重警戒しながらウォッチしていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事