■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

岸田総理が「統一教会問題」を受けて内閣改造を実施!教団との関係性が薄い人物を起用するも、早くも複数人(加藤勝信氏や寺田稔氏など)が教団との癒着を報じられる!

岸田総理が「統一教会問題」を受けて内閣改造を実施!教団との関係性が薄い人物を起用するも、早くも複数人(加藤勝信氏や寺田稔氏など)が教団との癒着を報じられる!
Pocket

どんなにゅーす?

・安倍氏暗殺事件を機に統一教会と自民党との癒着が連日大きく報じられるようになっている中、岸田総理が急遽内閣改造を実施。その大方の陣営がすでにマスコミによって報じられている。

・「教団と関係性が薄い人物を起用する方針」と伝えられているものの、早くも入閣が見込まれている複数人(加藤勝信氏や寺田稔氏など)が教団との癒着を報じられており、今後の岸田総理やマスコミの動向が注目される。

19閣僚中14ポスト入れ替え、防衛・厚労に経験者「再登板」…初入閣組は派閥推薦を重視

岸田首相(自民党総裁)は10日に行う内閣改造・党役員人事の顔ぶれを固めた。全19閣僚中14ポストを入れ替える一方で、閣僚経験者を多く登用する。防衛相は浜田靖一氏(66)、厚生労働相は加藤勝信氏(66)と、いずれも経験者を再登板させる。経済安全保障相には自民党政調会長の高市早苗・元総務相(61)を起用する。

浜田氏は無派閥の衆院当選10回。麻生内閣の2008~09年に防衛相を務めた。台湾情勢の対応に加え、年内に国家安全保障戦略など3文書の改定が控える中、経験が評価された。

加藤氏は、安倍内閣で厚労相を2度務めた経験があり、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮にふさわしいと判断された。

その他の閣僚経験者では、河野太郎・元外相(59)をデジタル相に、西村康稔・前経済再生相(59)を経済産業相に充てる。

初入閣組は各派閥の推薦を重視する姿勢が目立った。岸田派の寺田稔首相補佐官(64)を総務相、麻生派の永岡桂子・元文部科学副大臣(68)を文科相、安倍派の西村明宏・元官房副長官(62)を環境相、二階派の谷公一・元復興副大臣(70)を国家公安委員長に起用する。

山際大志郎経済再生相(53)は留任させる。

国家安全保障を担当する首相補佐官には、岸信夫防衛相(63)を起用する。

党役員には、各派閥から重量級を充てる。麻生太郎副総裁(81)と茂木敏充幹事長(66)を続投させ、政調会長に萩生田光一経済産業相(58)、選挙対策委員長に森山裕総務会長代行(77)、総務会長に遠藤利明選対委員長(72)を起用する。

新たな閣僚や党役員と「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)との関係について、首相は9日の長崎市での記者会見で「自ら点検し、厳正に見直すことが前提だ」と述べた。首相は9日に各議員に電話で入閣を打診した際、旧統一教会と関係を断つよう求めた。

~省略~

【読売新聞 2022.8.10.】

出典:テレ朝news

内閣改造で三原じゅん子氏抜てき案浮上も “脱旧統一教会”最優先でサプライズはなしか

~省略~

岸田首相は旧統一教会との関係清算をアピールし、政権批判をかわす内閣改造、党役員人事を断行する。10日発表の刷新人事の最終調整を終えた岸田氏は9日、長崎市での記者会見で旧統一教会との関係について「自ら点検し、厳正に見直してもらうことが新閣僚や党役員の前提となる。徹底したい」と断言した。

すでに岸田氏は党内各派閥、グループと会談し、入閣待機リストを取りまとめた。党内融和とバランスを考慮して、要望を考慮する一方で任命後に旧統一教会との関係が発覚することがないよう個々の議員による厳しい「身体検査」を迫った。

~省略~

【日刊スポーツ 2022.8.9.】

岸田改造内閣、入閣見込みの3人が旧統一教会側と「接点」

~省略~

安倍晋三内閣で2度務めた厚生労働相に起用される見通しの加藤勝信氏は、代表を務める自民党支部が2014年3月と16年3月、教団の友好団体「世界平和女性連合」に「会費」名目で1万5千円ずつ、計3万円を支出していた。

総務相として初入閣する見込みの寺田稔氏は18年10月、資金管理団体が教団の友好団体「国際勝共連合」に会費2万円を支出。10日午前に取材に応じた寺田氏は「(旧統一教会関連だという)認識がなかった。今後、付き合うことがないようにする」としている。

経済再生担当相に留任する予定の山際大志郎氏は、資金管理団体が13年3月、教団の友好団体「平和大使協議会」に会費1万円を支出していた。事務所は「適正に処理している。10日午後からの会見で説明する」としている。

~省略~

【朝日新聞 2022.8.10.】

結局、新たな内閣も「統一教会まみれ」になりそうな上に、サンクチュアリ教会が応援してきた高市氏を入閣させた岸田総理!

統一教会問題がマスコミで大きく取り上げられるようになったことで(慌てて)内閣改造を行なった岸田総理ですが、結局のところ、新たな内閣も教団と繋がりのある人物が多数起用されそうな見通しです。
中でも、経済安保相に高市氏を迎え入れたのは驚きましたし、「統一教会との関係を断つ」といった大義名分の中に「別の思惑」が隠されている可能性もありそうです。

ほんと、全体的によぉ分からん内閣改造だし、りのクンが言う通り、これまで統一教会をはじめとして様々なカルトと繋がりを持ってきた高市氏を経済安保相に起用したのは実に妙だ。
安倍元総理を暗殺した山上容疑者が、統一教会の分派組織であるサンクチュアリ教会のメンバーだったとの報道が一時出ていた(教会側が関係を全面的に否定したためにこの情報は現在ではすっかり消え去ってしまった)けど、そのサンクチュアリ教会が強く支持してきたのが高市氏だし、いわば、岸田総理がサンクチュアリ教会に”配慮”した可能性があるのではないかな?

統一教会から分派「サンクチュアリ教会」指導者が来日 文鮮明7男は集会でアブナイ発言を連発

~省略~

亨進氏がトランプ支持を打ち出した2017年以降、日本でも信者がトランプ氏を支持するデモや街宣を展開した。大統領選の一般投票でトランプ氏の敗北が濃厚となった2020年11月頃には激しく活動し、同月下旬には日比谷公園前から銀座を抜けるルートで、1000人近い参加者を集めるトランプ支援デモを行った。

当時、デイリー新潮でも「博多でトランプを支援する『Jアノン』 デモ密着で見えた正体」(21年01月19日配信)で、このデモを取材したルポライターの安田峰俊氏によるリポートを配信した。

彼らはトランプ氏の敗北が確定した後は、自民党総裁選で高市早苗氏を支持する街宣を行い、さらに反北京冬季五輪の集会とデモも行った。このデモに、自民党の国会議員4人が激励メッセージを寄せたことは、デイリー新潮「北京五輪をボイコットせよ! 『Jアノン』が1年ぶりに大集結を実況中継」(21年12月14日配信)でも報じた。今年6月の参院選公示直前には、参院選で幸福実現党と参政党を応援する旨ののぼりを掲げたサンクチュアリ教会の街宣車が目撃されている。

~省略~

【デイリー新潮 2022.7.12.】

上の新潮の記事を参照しても、少なからず、サンクチュアリ教会も自民党と繋がり(幸福実現党や参政党とも)を持っているみたいですが、もし安倍元総理の暗殺にこのグローバルカルト組織が関わっているのだとすれば、ジャパンハンドラーは統一教会の組織や影響力を弱体化させつつ、これに代わってサンクチュアリ教会の影響力を強めていこうとしているのかもしれませんね。

表面的には統一教会とサンクチュアリ教会は激しく反目し合っている状況だけど、同教団の教祖も文鮮明と韓鶴子の間に生まれた七男である文亨進なので、これらの元締めはどちらも米イスラエルの軍産資本勢力であることが考えられる。
どちらにしても、今回の内閣改造自体によって日本国民の生活が大きく向上するというのは有り得ないことであり、やはり(これまで同様に)ジャパンハンドラーによる「何らかの意図」が介在している可能性が高い

多くの自民党議員が統一教会との繋がりを大きく報じられているのに、(サンクチュアリ教会が強く応援している)高市氏だけが妙にどこのマスコミも触れようとしていないのも気になるところですし、やはり、安倍氏の暗殺から始まった一連の統一教会報道、そして、今回の内閣改造に至るまで、全てがグローバル支配層の”新たな日本支配戦略”の一環であることを疑うのが良さそうですね。

うむ、まだ不明な部分が多いけど、この先の展開を注視しながら、引き続き今回の内閣改造の目的やその裏側にあるものについて、慎重に分析し推察していこうと思うよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事