■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【隠蔽疑惑も】ワクチン接種後に死去した中日木下投手、死因は「急性心筋炎」だった!厚労省の資料で判明!→ワクチンの副反応で亡くなった可能性が大きく高まる!

【隠蔽疑惑も】ワクチン接種後に死去した中日木下投手、死因は「急性心筋炎」だった!厚労省の資料で判明!→ワクチンの副反応で亡くなった可能性が大きく高まる!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年8月3日に27歳の若さで死去した中日ドラゴンズの木下雄介投手について、死因が急性心筋炎だったことが判明。これまで死因は未発表だったものの、11月に公表された厚労省の資料によって明らかになった。

木下投手は、6月28日に新型コロナワクチンの接種を受けた後、8日後の練習中に倒れて救急搬送され、7月6日に心停止し8月3日に死亡新型コロナワクチンの副反応によって死亡した可能性が大きく高まるとともに、厚労省が意図的に3か月近くにわたって情報を隠蔽していた疑いも出てきている。

中日・木下雄介氏が死去 「ワクチン接種」に選手から不安の声

中日の木下雄介投手が8月3日に亡くなった。27歳だった。木下さんは7月6日、トレーニング室で休憩中に突然意識を失ったという。心肺停止状態だったためトレーナーが自動体外式除細動器(AED)で処置をし、午前11時30分ごろに救急車で名古屋市内の病院に搬送された。入院後も意識不明の状態が続き、帰らぬ人となった。報道によると、ナゴヤ球場で取材に応じた加藤球団代表は死因などについて「家族の意向もあるので言えない」と説明したという。

~省略~

突然の訃報と共に大きな反響を呼んだのが、6月28日に球団親会社の職域接種を受けていたことだった。木下さんは1回目のワクチン接種日から8日後に倒れた。現時点ではワクチンとの因果関係はわかっていない。厚生労働省はワクチン接種当日の激しい運動は避けるように呼びかけている。だが、この基準も国によって違う。シンガポール保健省が5日に公表した新型コロナウイルスワクチンの最新ガイドラインでは、接種から1週間は激しい運動を控えるよう勧告している。

~省略~

【AERA dot. 2021.8.10.】

↓JPSikaDoctorさんの動画より「現実に木下投手は心筋炎死亡だった」

モデルナ製ワクチン接種後、心筋炎で20代含む4人死亡 因果は不明

厚生労働省は12日に開いた副反応に関する専門部会で、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの接種後、男性4人が心筋炎を発症し死亡したと報告した。うち2人は20代男性で、若い男性へのモデルナ接種をめぐっては、心臓の筋肉に炎症が起こる心筋炎などが出る割合が比較的高いとして、厚労省が注意を呼び掛けている。

~省略~

27歳の男性は6月28日に1回目を接種。7月6日に心停止し、8月3日に死亡した。接種前から心臓に疾患があった可能性もあるといい「接種が原因と強く疑うことは困難」と専門家が評価した。24歳の男性は8月14日の2回目接種後、17日に死亡した。接種後には発熱や腹痛を訴えていた。

【SaikeiBiz 2021.11.14.】

8月に急死した木下投手、ワクチンの副反応で死亡した疑いが大きく高まる!さらには、(若者の接種を広げるために)厚労省が意図的に情報を隠していた疑いも!

出典:Wikipedia

非常に重要な情報が出てまいりました。
私たちも、木下投手が急逝した原因に新型コロナワクチン(モデルナ)接種が深く関係していることを疑ってきましたが、ようやく厚労省が公開した資料によって、木下投手の死因が「急性心筋炎」だったことが判明しました。

おまけに、同じ時期に(球団による職域接種を通じて)ワクチン接種した平田良介選手も数日後に救急搬送されて「異形狭心症」との診断が下されたとのことだし、これは、どこからどうみても異常事態そのものだろう。
おまけに、マスコミ報道においても、急性心筋炎で死亡した27歳男性が木下投手であることが隠されているような状態だし、ここまで厚労省による情報公開が遅いことについて、「若年層においてのワクチン接種を普及させるために、わざと情報公開を遅らせたのでは?」との疑いの声も上がっている状況だ。

ここまで、未来ある若年層の人々がワクチン接種により次々とかけがえのない命を落としている中で、相変わらず、マスコミはこのありのままの実態を全く伝えようとしないばかりか、(御用専門家を総動員して)新型コロナワクチンの”有用性”を繰り返し喧伝しては、ワクチンパスを普及させたりワクチン義務化を導入させるためのプロパガンダを繰り返すばかりです。

そして、日本国内においてコロナ感染者が激減したのは、国内におけるコロナウイルスが(変異の過程などにおいて)自ら死滅した可能性が大きく、海外の状況をみても)新型コロナワクチンによる効果ではないことは明らかだ。
ボク自身は、東京五輪強行の際にばら撒かれた変異ウイルスは、あらかじめ(衆院選の時期に合わせて)自ら死滅させる”プログラム”が組み込まれていたことを疑っているけど、五輪強行時の感染大爆発から現在の(あっという間に緊急事態宣言が解除されるほどの)あまりの急過ぎる収束まで何から何までが非常におかしいといわざるを得ない。
しかし、最も異常なのは、こうしたワクチンによる深刻な薬害を全力で隠しているマスコミであり、これは日本だけでなく欧米の先進国においても同じことが言える。

とにかくも、全世界で急速にブースターが進行している新型コロナワクチンは、(特に、健康に何らかの問題を抱えている人ほど重大な健康被害を起こす危険性がある)非常に危険な薬物であることは間違いないでしょう。
すでに深刻な薬害は世界的に確実に多く発生していますが、これらの重大な責任が製薬会社に向かうことは永久にありません(そのような契約になっている)し、マスコミも意図的にこれを強く推奨していることで、(グローバリストの計画通り)世界中の人々の健康状態が急速かつ確実に悪化しつつあるのが現状です。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事