■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【気味悪すぎ】日本政府、ウクライナ首都を「キエフ」から「キーウ」に変更!「チェルノブイリ」も「チョルノービリ」に!政府主導でロシア語由来の単語を国内から排除へ!

【気味悪すぎ】日本政府、ウクライナ首都を「キエフ」から「キーウ」に変更!「チェルノブイリ」も「チョルノービリ」に!政府主導でロシア語由来の単語を国内から排除へ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年3月31日、日本政府がウクライナの首都について、「キエフ」から「キーウ」に変更すると発表した。

・このほか、「チェルノブイリ」も「チョルノービリ」に変更するとしており、日本政府が主導してロシア語由来の単語を排除しようとする動きが出てきている。

政府、ウクライナ首都呼称「キーウ」に変更

外務省は31日、ウクライナの首都の呼称に関し、ロシア語に由来する「キエフ」からウクライナ語の「キーウ」に変更すると発表した。

【共同通信 2022.3.31.】

チェルノブイリの呼称「チョルノービリ」に

外務省は、ウクライナの地名の呼称変更に関し、ロシア語に由来する「チェルノブイリ」を、ウクライナ語の「チョルノービリ」に変更したと発表した。

【共同通信 2022.3.31.】

出典:NHK  NEWS WEB

「キーウ」変更、日本に謝意 ゼレンスキー氏

ウクライナのゼレンスキー大統領は31日、日本の外務省がウクライナの首都の呼称をウクライナ語の発音に基づき「キーウ」に変更したことについて、ツイッター投稿で謝意を示した。

投稿は「ついに自国の都市名に関して古いソ連式の表記が廃止され、正しいウクライナ語の形が受け入れられる時が来た」と歓迎。その上で「日本が既に改めたことに感謝しており、他の国々もこれに続くよう呼び掛ける」と述べた。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2022.4.1.】

ついに第二次世界大戦時の日本国内に酷似!(当時は英語を徹底的に排除した中で)今度はロシア語を日本政府が主導して排除へ!

ウクライナ戦争が長期化している中、ついに日本国内も異様な雰囲気に包まれてまいりました。
今になって日本政府が「キーウ」「チョルノービリ」などと言いだしたことに、相当に強い違和感と危機感を持たずにはいられません。

この妙な動きに賛同する声も出ているみたいだけど、ボクに言わせれば、「一体何をやってるんだ」との感想しか出てこないし、それだけでなく、例えようのない気味悪さが伴っている上に、この先の日本の未来を強く案じずにはいられなくなってきてしまう
なんせ、当時の第二次世界大戦時においても、日本国内で政府が主導して英語を徹底的に排除する運動が行なわれたし、こんなことをすれば、ますます先人がこれまで築き上げてきたロシアとの一定の互恵関係をますますぶち壊してしまうことになり、(これまでも何度も懸念してきたように)ますます日本国民に多大な脅威や損害が降りかかってくることになりかねない。

本当に、戦後何十年にもわたって少しずつ積み上げてきたものが、一瞬にしてほとんどバラバラに砕け散ってしまった感があります。
本来であれば、日本は(ユダヤ勢力同士の権力闘争から)一線を画して一定程度の距離を取りながら、「大人の対応」に徹する必要があったのですが、岸田政権は思っていたよりもずっと短絡的で、驚くほどに外交における調整能力が欠如している実態が露呈しています。

中でも、ゼレンスキー政権の方は(ジョージ・ソロスやCIAなど)よりたちの悪い過激なグローバリストらが思うがままにコントロールしているのが現状であり、プーチン政権よりも数段危険でヤバいのが実際のところなんだけど…。
元からまっとうな感性や危機察知能力を持っている人であれば、テレビなどの大手マスメディアがゼレンスキー政権を気持ちが悪いくらいに持ち上げまくっていることをみただけで「なんか変だな」と感じるはずだ。

マスコミだけでなく、岸田政権もがゼレンスキー政権におべっかを使いまくり、ついには、長年使用してきた地名をウクライナ由来に変更しはじめた様子に、強い戦慄と寒気を感じてしまいます。
このままゼレンスキー政権にべったりと張り付き、ロシアとの関係を壊し続けていくと、想像をはるかに超えるほどの(安全保障や経済、食糧など)損害を日本国民が被ることになるでしょうし、(新型コロナ危機に続き)どんな時でも日本国民をひたすら死地に追いやろうとする「日本政府の異常な売国・壊国性」が改めて浮き彫りになっているといえるでしょう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事