■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【不安的中】知床沈没船「KAZU1」、海底から引き揚げた後の曳航中に落下!水深182メートルまでの深海に沈んでしまった模様…

【不安的中】知床沈没船「KAZU1」、海底から引き揚げた後の曳航中に落下!水深182メートルまでの深海に沈んでしまった模様…
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年5月24日、沈没した知床の観光船「KAZU1」について、民間の専門会社「日本サルヴェージ」が「KAZU1」を海面近くまで引き揚げ、海中につり上げた状態のままゆっくりと引き揚げ地点に向けて移動していた途中で落下させたことが判明した。

「KAZU1」は182メートルの深海に沈んだとのことで、ネット上でショックと驚きの声が上がっている。

【速報】カズワン えい航中の海進から”落下”…水深182メートルに 移動遅れていた 知床観光船沈没

北海道知床半島沖で26人を乗せた観光船「KAZU1(カズワン、19トン)」が沈没した事故で、5月23日海底から引き揚げられた観光船は、24日午後にも作業船の上に引き揚げられる見通しでしたが、24日午前、えい航中の作業船から落ちて、水深182メートルまで落下したということです。

廣岡 俊光 キャスター:「カズワンを海中につり上げた状態のまま、ゆっくりと引き揚げ地点に向かっていた作業船『海進』ですが、作業中にカズワンが、海進から落下したということです」

第一管区海上保安本部によりますと、民間の作業船「海進」は、23日海底から引き揚げた観光船カズワンをえい航しながら、斜里町沿岸の水深の浅い海域に向け移動していました。

24日午後にも作業船の上に引き揚げる予定でしたが、24日午前8時から午前10時にかけて海底に落ちてしまったと、午前10時20分ごろに、海保に連絡がありました。

~省略~

【Yahoo!ニュース(UHB 北海道文化放送) 2022.5.24.】

観光船、180m海底に落下 えい航中、再引き揚げ調整

北海道・知床半島沖で観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、専門業者「日本サルヴェージ」が24日、カズワンを斜里町沿岸部の浅い海域へえい航中、船体が落下、水深約180mの海底で発見された。
カズワンは23日に当初沈んでいた水深約120mの海底から約20mまでつり上げられ、ゆっくりとした速度でえい航されていた。

~省略~

【東京新聞 2022.5.24.】

日本サルヴェージが行なっていた「KAZU1の引き揚げ作業」で重大アクシデント発生!引き上げ前よりも深海に沈んだことで、「もう無理だろ」「税金がさらに浪費される」との声も…

出典:YouTube

なんと…!
せっかく120メートルもの海底から「KAZU1」を引き上げることが出来たのに、まさかの重大アクシデントが発生です。

いやあ、実はボクは、「KAZU1」を海面近くまで引き揚げた状態で救難船が長い距離を曳航しているのを見て(船体の重みに加えて潮の流れや波などの非常に強い力が掛かっている中で)「なんか危ないな…」と感じていたんだけど、何というか、見事なまでにその不安が的中してしまった。

一連の引き揚げ作業は、政府が委託した「日本サルヴェージ」という専門会社が行なっていたみたいだけど、あれほどの船を100メートル以上もの海底から引き揚げたりこれを曳航する作業自体、かなり難しいものだと思うし、恐らくかなり慎重を重ねて作業を進めていたものと思われるけど、引っ張っていたワイヤーの強度が足りなかったのか、何かの落ち度や問題があったのかなども含めて、原因が気になるところだ。

おまけに、引き揚げる前よりもより深い海底に沈んでしまったみたいですし、当然のごとくネット上では税金がさらに投入されることに批判的な声も上がってきていますね。

180メートルというとかなりの深海域になってしまうし、これを再び引き揚げるだけでも相当に大変な作業になってしまいそうだね。
(一般的には水深200メートル以深を「深海」と呼ぶことが多いけど、180メートルもの時点で、光がほとんど届かない上に相当に過酷で強烈な水圧がかかる領域であり、ここから船を引き揚げるには相当な困難と危険が伴うことになる)

改めて、海の危険さや恐ろしさを再認識させられるけど、同時に政府が極めてずさんなチェック体制の下で事故を起こした知床遊覧船を野放しにしてしまっていた事の重大さを痛感する。
どうやら、会社側は再び船を引き揚げることを検討しているみたいだけど、果たして「KAZU1」が無事に陸に引き揚げられて事故原因を突き止めることが出来るのか
その行方を見守っていこうと思うよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事