■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

「川淵新会長」に待ったをかけたのはIOCだった!?森氏「後任が川淵さんだったら辞めてもいいがそれ以外はダメだ」!森氏の”強権対応”と”強欲さ”に組織委はもちろん菅総理も逆らえず!

「川淵新会長」に待ったをかけたのはIOCだった!?森氏「後任が川淵さんだったら辞めてもいいがそれ以外はダメだ」!森氏の”強権対応”と”強欲さ”に組織委はもちろん菅総理も逆らえず!
Pocket

どんなにゅーす?

・東京五輪組織委の次期会長人事が紛糾し見通しが立たない中、森氏の友人・川淵三郎氏の就任が直前でひっくり返った背後に、IOCによる強い意向があったことが報じられた。

・報道によると、森氏は「後任が川淵さんだったら辞めてもいいがそれ以外はダメだ」と、自身の辞任と引き換えに川淵氏を新会長に据えるように各所に圧力。これに組織委や菅総理も丸め込まれる形で「川淵新会長」がほぼ決まっていたものの、IOCが川淵氏の(五輪憲章に大きく違反する)過去の民族差別的な言行を問題視この流れに小池都知事も乗っかる形で川淵氏の就任が潰れた内情が浮かびあがっている。

女性蔑視発言の森喜朗元首相「川淵後継」を止めたのはIOCだった

森喜朗元首相が女性蔑視発言で東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を辞任した騒動は、後継選びを巡って混乱も招き、世界中に醜態を晒した。

政府関係者によると、森会長が後継指名した川淵三郎・日本サッカー協会相談役の新会長就任が一夜にして白紙になったのは、IOC(国際オリンピック委員会)サイドの介入だったという。

「混乱の原因は森会長が後任について、官邸が橋本聖子氏を推したにも関わらず、聞き入れず、川淵氏の後継の流れを強引に作ったことにあります。組織委会長人事はワンマン企業の社長人事とは訳が違います。後継指名などあるはずもないのに暴走し、IOCがこれに激怒しました」(前出の政府関係者)

~省略~

こうした中で、決定打を放ったのは、小池百合子都知事だった。森氏とバッハ会長が決定した4者会談への出席を10日、「今、ここで開いてもあまりポジティブな発信にならない」と拒否してみせた。

「前夜には二階俊博幹事長と会談しており、森降ろしの流れを作ったのではないかと憶測を呼びました。開催都市トップの一撃に官邸、組織委は衝撃を受け、森氏の心もついに折れ、続投断念を決意しました。しかし、IOCや菅総理から『女性を後任に』と求められても、森氏は無視。逆に菅総理に『後任が川淵さんだったら辞めてもいいがそれ以外はだめだ」と迫り、菅総理もいったんはしぶしぶ飲んだ」(自民党関係者)

森・川淵会談により、川淵氏後継の流れを完全に作り、森氏の思惑通りに事態は進んだという。

「川淵氏から『就任の条件として森氏が名誉職として残ること』を提案させた上で森氏は了承。ここまでは森氏ペースだったが、IOCサイドが川淵氏に強く難色。理由は過去の差別的発言などでした。この一撃で事態が動きました」(前出の自民党関係者)

~省略~

【MSN(AERA dot.) 2021.2.14.】

日本側とIOCとの間に決定的な亀裂か!?森会長が意地でも川淵氏をごり押ししようとしていたところをIOCが全力で阻止!?

出典:Yahoo!ニュース(日テレNEWS24)

これはなかなか興味深い記事です。
この話が本当であれば、川淵氏の新会長就任を全力で阻止したのは(過去の民族差別的な言動を問題視した)IOCだったということになりますね。

ほほう。
ということは、IOCはすでに川淵氏の過去の言行を知っていたということか、あるいは、森氏がゴリ押ししていることを受けて自らで調査をしたか、または、ネット上ですぐに彼の数々の過去ツイートが出回っていることを知り、これを深刻に受け止めた可能性もありそうだね。
なんせ、IOCが川淵氏に本格的に”お墨付き”を与えてしまうと、「IOCも差別主義者の集団」とのレッテルをいよいよ大々的に貼られることで、バッハ会長らにも甚大な損害が降りかかることになるし、こうした事態を防ぐために、日本側との認識に本格的な亀裂が入ることよりも、「自分たちが出来るだけ火の粉を浴びない道」を優先的に選んだということになる。

こうした中で「大きな存在感」を発揮したのが小池都知事であり、国際社会とIOCの空気を敏感に感じ取った彼女が、森氏や菅総理の頭を「容赦なくハンマーで叩いた」ことで、川淵氏の就任が直前で潰れ、森氏や菅総理がまんまと彼女の術中に嵌められる事態になったわけですね。

いつもながら、”小池おばさん”の空気を読む上手さと、自らの株を上げるためのとっさの行動や狡猾さには参ってしまうね。
そして、森氏の凄まじいまでの強欲さと、何としてもこの先も「強大な権力と利権を維持」しようとするしぶとさや貪欲さにも言葉が出ない。
それに加えて、菅総理については、まさにボクが前からずっと指摘してきた「(自らの意思や意見を持たない)スカスカサラリーマン総理」の本質がより鮮明に浮き出てきているし、二階幹事長だけでなく、森元総理に対しても「召使い同然」のうだつの上がらない立場にあることがよく分かったよ。

こうした状況の中で、ボクが非常に危惧しているのは、今回の一連の騒動を通じて、グローバリストが「反差別」「反ヘイト」などをお題目にして、(日本国内において重点的に)本格的な言論弾圧や表現規制の風潮を推し進めていくのではないかということだ。
今の日本をみても、いささかバランス感覚を欠いた強権的な風潮が徐々にエスカレートしているように感じるし、特に海外メディアが主導する形で、いわゆる「共産主義的な同調圧力」が社会全体に蔓延していっては、これがあらゆるSNS投稿やブログ記事などが徹底的に監視・規制される世の中が構築されていく恐れがある。

つまり、今回の「森発言」がグローバリストにいいように利用されては、これが私たちに対する表現弾圧や民主主義の破壊に繋がっていく恐れがあるということですね…。
もちろん、悪質な差別やヘイトが許されるものではないのは言うまでもありませんが、私たちは、しっかりしたバランス感覚を失わないようにしながら、グローバリズムの思惑や術中に嵌ってしまわないように、十分に気を付けていかなくてはいけませんね。

そうだね。
なかなか難しいことだけど、冷静かつ俯瞰的な視点を失わないようにしながら、物事の本質や核心部分を見失わないようにしたいところだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事