【ここでも登場】”ワイロ逮捕”で話題の文科省補助金事業に加計学園も選定!しかも一学校法人で2校選ばれているのは加計のみ!

Pocket

どんなにゅーす?

文科省の佐野太前局長が裏口入学のワイロで逮捕されたことで話題になっている、文科省推進の補助金制度「私立大学研究ブランディング事業」について、加計学園もこれに選ばれていることが判明した。

・さらに、一つの学校法人で2大学も選定されているのは、全体で加計学園のみとのことで、別件での文科省関係者の逮捕をきっかけに、またしても新たな「安倍トモ優遇疑惑」が浮上している。

新たな安倍案件 文科省受託収賄事件に加計学園が2校

受託収賄で特捜部に逮捕された文科省の局長ばかりに焦点が当てられる「私立大学研究ブランディング事業」。

競争率5倍で79億円(平成29年度)もの国費を投入して行われる援助事業なのだが、加計学園が2校(千葉科学大学、岡山理科大学)も選ばれていることが、きょうあった野党合同ヒアリングで明らかになった。1学校法人で2大学選ばれたのは加計学園のみ。

援助金額は2校合わせて約8千万円(7,973万円/初年度=平成28年度)。文科省の説明によると1校あたり2〜3千万円程度が目安。加計学園に対する優遇は明らかだ。ちなみに東京医科大学は3,500万円(平成29年度)。

きょうのヒアリングで文科省が加計学園への援助金について明らかにしたのは、初年度(平成28年度)のみだった。平成29年度と30年度はいくら注ぎ込まれたのか。援助期間は5年だ。加計学園への援助は来年度も再来年度も続く。

【田中龍作ジャーナル 2018.7.5.】

文科省・佐野前局長のワイロ逮捕をきっかけに、新たな「安倍トモ加計疑惑」が浮上!ネットユーザーも”息子の裏口入学”より”新加計案件”に視線が集中!

↓どこまでも、安倍一派とともに国民の税金を食い潰す加計学園。

文科省の佐野前局長による”裏口入学ワイロ”の逮捕に関連した情報が連日報道されていますが、何と、佐野前局長が東京医科大学に便宜を図った「私立大学研究ブランディング事業」の補助金において、あの加計学園も選ばれていたことが判明しました!
しかも、全体の中で一学校法人で2校も選定されているのは加計学園のみということで、その補助金支給額も突出した状況となっています。(上の記事によりますと、東京医科大は平成29年度で3500万円程度に対して、加計学園は平成28年度で2校合わせておよそ8000万円とのこと。)

まさか、こんなところにまで加計学園が登場してくるとは
税金を元手にした「金儲け」の臭いがするところには、ほぼもれなく加計学園が登場してくるような感じで、またしても新たな「安倍トモ優遇疑惑」が浮上だ。

当サイトではこの記事において、加計学園疑獄における”税金横領疑惑”と比べて、こちらの局長ワイロの件はそこまで補助金の額が大きくないことに触れていたけど、まさか、加計も同じ補助金事業に選定されていては、金額もずっと大きいではないか。

この状況を見ても分かるように、この補助金事業の選定基準はほとんどメチャクチャ同然だった可能性も高く、この辺を追及した野党議員からのヒアリングに対しても、文科省の担当者は「選考過程の話なのでどこまでお答えできるか…」などとウヤムヤにしつつ明言を避けたとのこと。

田中龍作ジャーナルでは、「国費を投入する案件で議事録を残していないわけがない」としているけど、これは選考基準や議事録を徹底的に洗い出し、この補助金事業そのものの内情について、かなり事細かに調査する必要がありそうだ。

裏口入学を条件に簡単に審査にパスしたり、安倍総理の腹心のお友達だけ二校が選定(おまけに額も高額)されたり、本当にこの補助金制度はどうなっているのでしょうか?

官邸としては、「裏口入学ワイロ」の件ばかりを声高にマスコミに報道してもらいたいみたいだけど…東京地検特捜部は、裏口入学の件だけでなく、こちらの加計学園への”不可解な優遇”や、件の補助金制度そのものの実態にもメスを入れる必要があるんじゃないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事