【おバカ扱い】自民幹部「6月の国会会期末を過ぎれば加計問題も忘れ去られる(ニタリ)」ネット「膿はどうするんだよ」「絶対に忘れない」

Pocket

どんなにゅーす?

加計学園疑獄の追及が国会で続いている中、ある自民党幹部が発したとされる「6月20日の国会会期末を過ぎれば加計問題も忘れ去られる」とのコメントに対し、ネット上では怒りの声が噴出している。

過去にも度々見られた、自民党による国民に対する”愚民観”!その極意は「おバカな国民をさらにおバカにして飼い慣らす」

出典:Twitter(@value_investors)

「国会会期末を過ぎれば加計問題も忘れ去られる」…ですってぇ!?
この連中は一体どこまで国民をバカにしているのよ!!

しかも、過去のこれらの発言を振り返っても、自民党の連中が私たちのことを心底「愚民扱い」して見下しているのが丸分かりだわっ!

ほんとに、過去の発言ともども、あまりに酷すぎるね。
そもそも、民主的な選挙を通じて当選した政治家たちが、納税者である国民に対する敬意や「下手なことをするとたちまち職を奪われてしまう」という畏れの念や危機感が完全に消え去ってしまっている時点で、民主国家としてほとんど終わってしまっているのに等しい。

公僕である政治家たちに見下された時点で、国民が”奴隷”と化してしまっているも同然だし、こんな状況でも本気で怒らないどころか、安倍政権を漫然と支持している人がいるとすれば、はっきり言ってしまうとちょっと手の施しようがない事態だろう。
これでは「奴隷願望や自殺願望がある」と言われてもしかない状況だし、安倍政権の政治家から「おバカ認定」されてしまってもしょうがない事態なんじゃないかな。

私自身は絶対に加計疑惑も森友事件も忘れないし、選挙に行ったら死んでも自民党には投票しないし、ここまで身勝手極まりない悪政に苦しんでいる私たちを心底バカにしてからかっている奴らを支持するなんて、私自身のプライドにかけてでも絶っっ対にやらないんだからっ!!

物事の本質を見極める能力があり、自立心と行動力のある国民であれば、とっくに政権支持率も5%以下になってもおかしくない事態だと思うんだけど、本来であれば国民よりも弱い立場であるはずの政治家からここまで舐められ切ってしまっているのは、あまりに深刻すぎる事態だ。
一日も早く、多くの日本国民が主権者・納税者としてのプライドと自覚を取り戻してもらいたいところなんだけど…現在の日本全体に蔓延する、重苦しいまでの閉塞感や無気力感のヤバさを痛切に感じているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事