【自民総裁選】石破氏が「地方や中小企業、社会保障重視」の「石破ビジョン」を提唱!→ネットでは安倍シンパからの非難や攻撃相次ぐ!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理と石破元幹事長の事実上の一騎打ちとなった自民党総裁選において、ネット上で早くも情報戦が激しく行なわれている

・石破氏は、「中小企業や地方経済、社会保障を重視」していくための「石破ビジョン」を発表するも、安倍シンパや既得権層、ネット工作員と思しき勢力が石破氏を激しく非難する声が相次いでいる。

・その一方で、安倍総理による一方的な改憲アピールや、実態とかけ離れた「自画自賛の出馬宣言」については、多くの一般市民から突っ込みや怒りの声が相次いでいる。

石破氏、地方を重視「石破ビジョン」発表 社会保障も

9月の自民党総裁選挙に立候補する石破元幹事長は27日午後、政策発表会見を行い、中小企業や地方経済を重視する「石破ビジョン」を発表した。

自民・石破元幹事長は、「中小企業、地方経済の潜在力を可能な限り伸ばしていく」、「国民の皆さまに信頼を持っていただく社会保障制度を確立する。それが石破ビジョン」と述べた。

石破氏は会見で、「石破ビジョン」をアピールし、「社会保障国民会議」や「地方創生推進機構」を創設し、実現に取り組む考えを示した。

また、石破派の幹部は、石破氏を支持する竹下派の参議院議員と会談し、尾辻元参院副議長を選対本部長とすることを確認した。

一方、安倍首相は福井市内で講演し、「憲法改正に取り組む時が来ました」、「違憲論争に終止符を打とうではありませんか」などと述べ、アベノミクスの成果を強調したほか、憲法9条に自衛隊を明記すべきだと訴え、総裁選の争点の1つとする姿勢を示した。

【Yahoo!ニュース(ホウドウキョク) 2018.8.27.】

石破氏「正直公正」は変えず

自民党の石破茂元幹事長は27日、国会内で開いた政権公約発表の会見で、党総裁選(9月7日告示、20日投開票)に向けたキャッチフレーズ「正直、公正、石破茂」を変えない考えを表明した。モリカケ問題での対応が批判された安倍晋三首相への“当てつけ”との見方から、党内で異論が拡大。石破氏は「突然言い出した言葉ではなく、政治家になって以来の心がけ。人への批判ではなく、変えることはありません」と理解を求めた。その上で「政策の議論をするに当たっては、スローガンは当然変わる」と主張。積極的には打ち出さない意向も示唆した。

公約には、首相の政治姿勢をけん制するような内容が並んだ。「いつどこで、誰が何をしたか明確でなければならない」として、問題になった加計学園と首相秘書官の面会を念頭に「官邸スタッフの面会内容の明確化」と記載。「フルオープンの議論」「不都合でも必ず開示」と訴えた。安倍政権での成長戦略や地方創生、女性活躍は「失敗」とする資料を配布。アベノミクスに対抗した「石破ビジョン」を打ち出す構えだ。

~省略~

【@niftyニュース(日刊スポーツ) 2018.8.28.】

石破氏が「中小企業や社会保障重視」などの「弱者支援政策」を打ち出すも、早速安倍シンパのネット工作勢力(と洗脳民)が「中身が空っぽ」「出来るわけがない」などと徹底攻撃!

出典:Twitter(@suryagudang)

いよいよ、自民党総裁選が安倍さんと石破さんの一騎打ちになったけど、石破さんが国民側に寄り添った「中小企業・地方経済・社会保障重視」の「弱者支援政策」を打ち出したものの、早速この考えにネット上で非難の声が相次いでいるわ

石破氏はかなり腹をくくったみたいで、「正直、公正」のスローガンについて、今後も基本的に撤回しない考えを見せた上で、安倍政権による「資本家・大企業・グローバリスト重視」の「社会強者支援」政策に対して明確な対立軸を打ち出し、「国民側に立った反グローバリズム路線」を掲げてきたね。

どこまでこれを実現できるかはさておいても、これだけでも安倍総理と比べてかなり良いと思うけど、早速「具体性がない」だの「中身が空っぽ」だの、「そんなの出来るわけがない」だの、あれこれイチャモンを付けながら石破氏を非難する声が目立ってきている。
恐らく、これらの声の主は、安倍政権のお陰で大きな恩恵を受けている、大企業・資本家・政党関係者などの既得権側の人間か、安倍官邸や財界などが委託しているネット工作企業によるものか、これら既得権による「権力礼賛思想」に洗脳された、情報弱者の一般市民である可能性が高そうだ。

この日本では、常に一般庶民の弱者側に富が配分されないようにマスメディアやインターネットにおいて、私たちを”奴隷思想”に陥らせるための相当に強力な世論誘導や洗脳が横行しているものね。

少なくとも、既得権とは関係のない一般庶民からすれば、「今こそ改憲の時が来ました!」なんて一人で勝手に息巻いている安倍総理に比べれば、安倍政権によってどんどん壊れてきている社会保障を重視する姿勢をを見せている石破さんの方がよほどいいに決まっているわ。

とにかく、マスメディアやインターネットにおいても、まとまった金や組織力を持つ「1%の社会強者側」の声が必然的に大きくなる現実を知るべきだね。
これらの”支配者側”が、潤沢な資金や組織、権力を使って、人工的に世論を作り出すことは実に簡単なことだし、こういう時こそ、ボクたちは自らの頭で考え、想像し、国民が選ぶべき道を考えていくことが大切だね。

安倍総理がこの前の出馬宣言で披露した、「『日本を取り戻す』。この志のもと、党一丸となってこの5年8カ月、内政、外交に全力を尽くしてまいりました」「誰にも働く場所がある、まっとうな経済を取り戻し、外交においては日本の大きな存在感を取り戻すことができました」(リテラ)との出馬メッセージも、相変わらず何から何まで大嘘まみれだし、少なからず、「稀代の大嘘つきサン」だけは、総理大臣をこれ以上務めさせるわけには絶対にいかないわ

Twitterでも指摘している声があるけど、正しくは、「外交において、大きな”損害感”を示すことが出来ました!」だね。

とにかく、既得権にまみれた自民党の中でこのような路線を打ち出しただけでも、石破氏については評価をしてもいいと思うし、どこをどう考えても、総理というよりも”人間”として終わっている安倍総理よりは、石破氏の方が果てしないくらいにマシだね。

Pocket

 

おススメ記事&広告