イチローさん、”3度目”の国民栄誉賞辞退!「人生の幕を下ろした時にいただけるよう励みます」…安倍政権の「支持率アップ」の目論見が外れる!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月5日、米国メジャーリーグを引退したイチローさんに対し、安倍政権が3度目の国民栄誉賞を打診していたものの、今回も断られていたことが判明。菅官房長官が明らかにした。

・イチローさんは、断る際に「人生の幕を下ろした時にいただけるよう励みます」とコメントしたと伝えられており、ネット上ではイチローさんの対応に称賛の声が相次いでいる。

イチロー、国民栄誉賞辞退 「人生の幕下ろしたときに」

菅義偉官房長官は5日の閣議後の記者会見で、米大リーグを引退したイチロー元選手への国民栄誉賞の授与の検討を見送ると明らかにした。イチロー元選手の代理人を通じて内々に打診したところ「人生の幕を下ろした時にいただけるよう励みます」と断られたという。

イチロー元選手が国民栄誉賞を辞退するのは3度目となる。菅氏は「ご本人のそういう気持ちを尊重するのは当然のことだ」と説明した。「多くの方に夢や希望を与え続けてきたスーパースターだ。国民の皆さんと共に今後の活躍を楽しみにしたい」とも語った。

【日経新聞 2019.4.5.】

イチローさんの「国民栄誉賞辞退」の知らせに多くの国民が賛辞!「もう賞自体を廃止しろ」「すでに安倍政権による政治利用の道具に成り下がっている」

出典:YouTube

先日にメジャーリーグを引退されたイチローさんですが、今回も日本政府による「国民栄誉賞授与」のオファーを断られたとのニュースが入ってきましたぁ!
さすがイチローさんというべきでしょうかぁ、引退された後も飄々とされている感じですぅ!

ったく、安倍政権ってば!
今回もちゃっかりと、人に見えないところでイチローさんにするすると近づいて、安倍総理とイチローさんとの「2ショット」を日本中に流すことで、せっこいやり方で自身の政権支持率アップに結びつけようとしていたのねっ!!

安倍政権があの手この手でせっかく作り上げた「令和フィーバー」も、塚田氏による前代未聞の「忖度辞任」で完全に吹っ飛んでしまったからね。
国民間でにわかに安倍政権に対するネガティブイメージが広がり始めた中で、イチロー氏への国民栄誉賞授与で一気に「形勢逆転」をはかったところだったけど、この企みも失敗に終わったということだね。

やっぱり、イチロー氏といえば、「誰にも媚びずなびかず」に、独自の道を歩み続けているのがもっとも彼らしい感じがするし、権力からの「様々な誘惑」に対しても目もくれようとしないようなところはさすがだね。
今回のニュースで、なんだかさらに安倍政権へのイメージが悪化したような感じがするし、これまでの「安倍盤石」の風向きがどことなく少しだけ変わってきたかもしれないね。

イチローさんのこの迷いのない対応、とっても好感が持てますし、これからも、新たなフィールドでたくさん活躍されていくのを願っていますですぅ!

そして、相変わらず、うわべだけの人気取りのパフォーマンスに固執している安倍政権に対しても、もっと批判の声を上げていく必要がありそうねっ!

Pocket

 

 関連記事