■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

「偏っている」「公平中立」を履き違えてしまう不思議な人々

「偏っている」「公平中立」を履き違えてしまう不思議な人々
Pocket

管理人お陰さまで、うちも少しづつですが知名度が出てきたみたいで、それなりに色々な反応や声をいただけるようになってきたのですが、やっぱり世間の色々な声をいただいていると、日本の人々の想像以上にマズイ現実に気づかされてしまうこともしばしばありまして。

その中でも、最近思ったのは、「偏っているから公平にしろ」「左の意見ばかりだから右の意見も取り上げろ」という声が思った以上にあるんですね~これが。

そして、やはりというべきか、いまだに完全に「左」やら「右」やらの意味を勘違いしては、その上これらに異常に固執する人が多いんです、これがまた。

このサイトを表立って批判したいがために、そういう言説(幻想)を持ち出すのならまだしも、アンケートでもこうした回答をいただくことがしばしばあるので、(回答をいただけるのはありがたいのですが)「ああ、やっぱりそういう現実なのか…」と思ってしまうのです。

前にもどこかで書きましたが、「なんでその人個人やサイト単位で、わざわざ双方の意見を取り上げなイカンのか?」(しかもここまで自民党ヨイショサイトがたくさんあるのに)という話なんですよ。

民主主義の観点で問題なのは、共同体や組織、業界、社会全体を通じて、異なる意見や考えを持つ人たちの声を無視したり封じ込めてしまうこと」であって、サイト単位、番組単位では、別に双方の意見を取り上げるのかどうかは自由であり、こうした個の単位までも「安倍政権支持の視点も取り上げるべき」「双方の声を汲んで公平中立にしろ」という理屈は完全におかしいんです。

それこそ、個人の表現の自由にずかずかと踏み込んで、他人の思想や考えを自分好みに強引に変えさせようとするくらいに、傲慢で自分勝手な行為であり、これも立派な言論(表現)弾圧の一つなんですね。

なんでそんな簡単なことが分からないのかがとても不思議なのですが…分かっているなら確信犯(民主主義の原則を否定する人々)であり、分かっていないのならこっちの方が深刻かもしれません。

やはり、こういう声を実際に受け取ると、安倍政権の支持率が高いのも少しだけ納得してしまうというか、日本の人々が想像以上に洗脳されている「オソロシイ現実」を垣間見たりしてしまいます。

そして、偏っている偏っていない以前に、日本や世界の危機や現実がまるで理解できていないからこそ、(目先の自分たちの利益しか目が無く、偏狭で折れ曲がった価値観でしか社会を見れていないために)「安倍政権支持の声も載せろ」という声があるのでしょう。

当サイトは、安倍政権を批判するのが目的で運営しているのではないです。
(褒めようと思っても、どこをどう探しても褒める点がないだけ)
ていうか、ここで書いても無意味かもしれませんが、、、ここを読んでくださっている当サイトの運営方針を理解していただいている読者の皆さまであれば、言わずともそんなことはご理解いただけているかと思います(^^)

それくらいに、世界は(日本も)大規模な戦争やカオスに向かう寸前の危機的状況なのです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

管理人のつぶやきカテゴリの最新記事