【酷すぎる】再びセクハラ疑惑を”全否定”し出した福田事務次官→聴取したのは部下の矢野官房長&調査委託した「外部の弁護士」は財務省の顧問弁護士!

Pocket

どんなにゅーす?

週刊新潮による音声データを含むセクハラ報道に対して、一時は自身の音声と認めていた福田淳一財務事務次官が、再び疑惑を全否定する事態になっている。

財務省側が被害女性に実質的に圧力をかけている中、省内で聴取を行なったのが、福田次官の部下である矢野官房長だったことが明らかになった上に、「第三者の弁護士に調査を依頼」するとしている弁護士が、財務省と顧問契約を結んでいる弁護士事務所だったことが明らかとなり、国民から多くの批判が噴出している。

福田事務次官 “セクハラ発言”報道を否定

女性記者へのセクハラ発言疑惑をめぐり、財務省は福田淳一事務次官に聴取した結果を発表し、福田氏は、セクハラ発言に関する週刊誌の報道内容を否定しました。
財務省によりますと、矢野官房長などが福田事務次官に対して、先週、セクハラ発言疑惑について聴取したということです。

~省略~

また、財務省は、外部の弁護士に委託して調査を続け、「週刊誌報道に示されたようなやりとりをした女性記者の方がいらっしゃれば、調査への協力をお願いしたい」と、財務省を担当する女性記者に周知するよう、報道各社に要請しています。

【TBS News 2018.4.16.】

 

福田次官が「音声が自分のものだと認めた」との報道が出ていたものの、一転してウソをつき通し、被害女性を脅す”路線”を選択した模様!

ここまで重大な物証が出ておきながら、今頃になって疑惑をまたまた全否定し始めた福田事務次官は、一体何を考えているのよっ!?
一時期は、「音声が女性記者に対する自分のものと認める」との報道も出ていたし、「安倍総理が更迭を決断」との報道まで出ていたじゃないのよ!!

出典:Twitter(@marmalade_cakes)

一部の報道では、安倍総理はさっさと福田次官を切りたがっているものの、福田次官を気に入っている麻生財務相ら財務省の幹部が更迭に反対しているとの話も出ていて、政権内でも福田次官の処遇に対して不和が生じている可能性があるね。

しかし見たところ、現状では当初の”更迭路線”から一転して、無理筋でもウソを突き通し、その上で身内の中での大甘な調査で「やっている感」を演出しつつ、その上で、被害女性の記者を脅すことで(これ以上財務省や政権に不利な報道をしないよう)報道機関全体に圧力をかけるという、実にメチャクチャな”ヤクザ路線”を選択したというわけだ。

なんだか財務省そのものも安倍政権さながらの”ウソ吐き体質”が本格的に伝染してきたように見えるし、これも安倍&麻生(ウソアベアソウ)の「極悪コンビ」がもたらした「日本崩壊」の”成果(成れの果て)”といったところかな。

んもぉ!言ってみれば、安倍政権だけじゃなく、日本政府そのものが、「息を吐くようにウソを吐き、国民を騙しまくって極限まで開き直る」の腐りきった体質が隅々まで染み渡っている状態じゃないのよっ!!
もはや完全に、この国は終わっちゃってるわっ!

最近は特に、世界的にもセクハラや女性蔑視に対する問題意識が非常に高まってきている以上、こりゃまた、海外メディアに徹底的にこき下ろされては、日本の末期的な国家の崩壊ぶりが詳しく報じられそうだ。
ほんとに洒落にならない事態になっているし、日本も100万人規模くらいのデモをやって本格的に政府にお灸を据えないと、この国はよもや行くところまで行ってしまいそうな感じだよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket