大阪府立懐風館高校による女子生徒への「黒髪染め強要」に怒りの声が殺到!度重なる染髪で頭皮がかぶれ不登校に!修学旅行も参加不可に!

Pocket

どんなにゅーす?

・大阪府羽曳野市の府立懐風館高校に通う3年生の女子生徒が、高校を相手取り220万円の損害賠償訴訟を起こした。

・女子生徒は、生まれつき髪が茶色いのを理由に「黒髪に染めるよう」中学時代から指導を受けており、母親は高校側に配慮をしてもらうように要請したものの、高校側はこれを了承せず、入学以来黒髪染めを強要度重なる染髪で女子生徒の頭皮はかぶれ、髪はボロボロになったという。また、「黒さが足りない」との理由で文化祭や修学旅行も参加不可となり、女子生徒は不登校に。府側は女子生徒に対し、請求の棄却を求めているという。

損賠訴訟
「髪染め強要で不登校」高3、大阪府を提訴

頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けたとして、大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の女子生徒(18)が約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こした。27日に第1回口頭弁論があり、府側は請求棄却を求めた。生徒は昨年9月から不登校になっており、「指導の名の下に行われたいじめだ」と訴えている。

訴状などによると、生徒は2015年4月に入学。中学時代に黒染めを強要されて嫌な思いをしたため、母親は「高校では同じことがないよう配慮してほしい」と伝えていた。

しかし、学校側は生徒の入学後、1、2週間ごとに黒染めを指導し、2年の2学期からは4日ごとに指導。度重なる染色で生徒の頭皮はかぶれ、髪はぼろぼろになった。教諭から「母子家庭だから茶髪にしているのか」と中傷されたり、指導の際に過呼吸で倒れ、救急車で運ばれたりしたこともあった。文化祭や修学旅行には茶髪を理由に参加させてもらえなかった。

生徒は昨年9月、教諭から「黒染めしないなら学校に来る必要はない」と言われ、それ以降は登校していない。高校は今年4月、生徒の名前を名簿から削除。他の生徒や保護者には、退学したと虚偽の説明をしたという。

学校側は生徒の代理人弁護士に「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる」と説明している。

府教委高等学校課と同校は取材に、「係争中なので答えられない」と話している。【遠藤浩二】

【毎日新聞 2017.10.27.】

”維新の国”大阪府による驚愕の教育現場の現状!

出典:Yahoo!ニュース(MBS)

大阪府立懐風館高校による女子生徒への「黒髪染め強要」訴訟がネット上で大騒ぎになっています。
様々な方面に騒動が波及しており、安倍礼賛系まとめサイトとして有名な「保守速報」によるデマ拡散騒動にまで発生している状況です。

ネット上の情報を見る限り、保守速報別人の女子高生の写真を「懐風館高校の女子生徒」として記事化し、写真の女子生徒が鮮やかな茶髪なのを理由に「これで地毛は無理があるのでは?」と、女子生徒を貶めて、学校側を擁護するような記事を出したみたいだね。

安倍総理をはじめとした安倍政権の政治家も愛読していることが指摘されている有名サイトだけど、アクセス数が非常に多いことから検索エンジンでも上位に表示されることが多く、本来市民が持つべき民主主義的な思考を徹底的に破壊する目的の記事を量産している意味でも、(安倍政権も大いにお世話になっている)非常に有害なデマ拡散サイトと言えるだろう。

それにしても…この話が全て本当なのだとしたら、(かつての森友学園もそうだけど)大阪府は全く恐ろしい場所だね。
これが、橋下氏や現在の松井知事がもたらした、維新が推進する「弱者締め付け」と「差別・排斥思想」を教育の現場に取り入れた大阪府の現状なのかな?

(一時のブームは去っているものの)維新の勢力が今でも大阪で維持されているのも驚くべきことだけど、こういう政治思想があらゆる現場に浸透し、学校の教育者たちも完全に「いいこと」と「悪いこと」の当たり前の分別もつかずに、頭のネジが飛んでしまっているみたいだ。

そして、維新とも一心同体の安倍政権を礼賛する保守速報が、これに追い打ちをかけて、ヘイトと弱者への痛めつけをデマをもって拡散する…とは。
まさしく、現在の荒廃したこの国の現状を物語っているようです。

「染髪を禁止」しながら、「黒に染めることを強要」という時点で、身勝手かつ狂信的な排斥主義や民族主義を感じるし、とにかく校則を守る云々以前に、常識を逸脱した暴力的でクレイジーな思想であるのは間違いないので、まずは維新に汚染された大阪府の教育の実態を徹底的に調査する必要があるかもしれないね。

おススメ記事&広告

 
Pocket