林芳正文科相、政治資金で赤坂の高級クラブ「結羅」やガールズバー「BAR gloss」を利用!「セクシーヨガ」だけでは飽き足らず!

Pocket

どんなにゅーす?

「セクシー個室ヨガ通い」が問題視された林芳正文科相に、政治資金で高級クラブやガールズバーを利用していた問題が浮上している。

・林大臣の2016年の政治資金収支報告書によると、東京・赤坂の高級クラブ「結羅」に総額35万円支出しては、同じ赤坂のガールズバー「BAR gloss」に1万6500円支出していたことが判明。他にも生演奏カラオケ店「NIGHT TRAIN」に69万6600円支払っていたことも分かっており、これに対し、事務所側は「法令に従い適正に処理し報告している」と説明しているという。

ヨガ通いの林文科相 政治資金でナイトスポット巡りのア然

日刊ゲンダイは、林大臣の資金管理団体「林芳正を支える会」の政治資金収支報告書(2016年分)を精査。女性が客に酒を供するような高級クラブやガールズバーなどへの支出が続々だった。

「支える会」は9月16日、東京・赤坂の高級クラブ「結羅」に6万2000円を支出。同店には、1年間で計7回、総額35万円支払っている。さらに、「結羅」への支出と同日の9月16日付で、赤坂のガールズバー「BAR gloss」に1万6500円支出。まるで、高級クラブでは飽き足りず、ガールズバーに“ハシゴ”したかのようなカネの使い方だ。

さらに、生演奏カラオケが楽しめる東京・西麻布の「NIGHT TRAIN」には、4月13日付の17万8000円の支出を皮切りに計4回、総額69万6600円も支払っている。

絶対音感を持ち抜群に歌がうまいという林大臣。まさか、生演奏カラオケで美声を披露したのか。支出は全て「組織活動費」の「渉外費交際費(飲食費)」として処理されている。

林事務所に問い合わせると、「政治資金は法令に従い適正に処理し報告している」とした上で、「ご指摘の支出は、マスコミや有識者などとの有用な意見・情報交換のため、TPOに合わせて適宜利用している政治活動の経費です」と返答。ガールズバーやカラオケ店でどうやって情報交換したというのか。

【日刊ゲンダイ 2018.5.7.】

「セクシーヨガ好き」の林文科相、今度は政治資金で高級クラブやガールズバー利用が発覚!

出典:Wikipedia

国会会期中の白昼堂々の「セクシーヨガ通い」で、大きな批判を浴びた林文科相に、今度は税金で高級クラブやガールズバー、生演奏カラオケなどを利用していた問題が浮上しています。
林大臣の事務所は「マスコミや有識者などとの有用な意見・情報交換のため、TPOに合わせて適宜利用している政治活動の経費」と説明していますが、さすがに政治資金でこれらのお店を利用するのは無いのではないでしょうか?

「マスコミや有識者との有用な意見交換のために、高級クラブやガールズバー、生演奏カラオケ店を利用」とは…もはやどこからどう突っ込んでいいのか分からんね。
こんな風に、マスコミ関係者と政治資金を使って若い女性のいるお店でワイワイ酒を飲み交わしていたら、そりゃマスコミも政権の腐敗や不正を追及する記事が書けなくなるのも当然だし、そもそも本当に複数の関係者とともに、これらのお店を利用したのかどうかも分からない

いずれにしても、日本の教育機関のトップであるにもかかわらず、ご本人の風紀がかなり乱れている様子だし、この調子では、掘れば掘るほどさらに”セクシー系”のネタが出てくる可能性もありそうだ。

やはり、林大臣も「自民党の伝統」をしっかりと受け継いでいるようですね。
「セクシーヨガ」についても、色々な問題が指摘されている状況ですし、林大臣については、まだまだセクシー系&ナイトスポット系のお店を利用していた痕跡が出てくる可能性もありそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事