新型コロナ禍に関する「国民の叫び」ツイートまとめ!鈴木おさむさんが「黒沢さん感染」報道に怒り!「安倍政権をロックダウンすれば全て解決」!感染者による衝撃的な「体験記」と「切実な訴え」etc.

Pocket

生命・健康・経済・家計が脅かされている日本国民からの「切実な叫び」がネット上に次々と…!


↓2020年4月6日時点の日本政府発表の感染数(累計)。

出典:NHK NEWS WEB

日本国内がかつてないウイルスパニックに見舞われている中、このように、多くの日本国民からの「切実な叫び声」がネット上に次々と集まってきております。
こうしたツイートの数々を見ても、いかに今の日本が「かつてない危機的事態」に晒されているのかを肌で感じます。

いやあ、どのツイートも非常に秀逸かつ印象深いものばかりだけど、中でも、実際に新型コロナに感染してしまった人々によるリアルな体験記と、「検査を受けたくて受けさせてもらえない」という、あまりにも辛く苦しい実情を訴えている内容が非常に印象的だ。
どうやら、若い人が感染しても、想像を絶する辛さや苦しみが長時間にわたって続くみたいだし、報道などで言われている「軽症」というのは、ボクたちが思っているそれとはかなり異なっているみたいだ。

どうやら、「軽症」というのは、集中治療室に入って人工呼吸器をつけるほどではない状態(重篤ではない状態)を指すみたいで、40度の熱が1週間近く続いたり、気が遠くなりそうな息苦しさや激しい咳に襲われる状態でさえも「軽症」に含まれてしまうっぽいですね。

ボクたちもくれぐれも感染してしまわないように、細心の注意を払っていかなければならないし、安倍政権が本格的な国民への補償をやらないせいで、多くの人々が通常通りに通勤せざるを得ない状況に見舞われてしまっている中、さらなる感染拡大フェーズに突入してしまう危険性がある。
今後も当サイトでは、(事実上の官邸の統制下にある)テレビなどの大手マスコミがなかなか伝えられない、ネット上に寄せられている「生の国民の声」を多く紹介していこうと思うし、今以上に安倍政権に対して「大きな抗議の声」を上げていくことで、少しでも事態が改善されるように手を尽くしていこう。

多くの国民が怒りの声を上げたことで、風俗従事者の人々に対しても支援が行なわれることが決まりましたし、今後も、私たちが積極的に政府や政治家に圧力をかけていくことで、少しでも、(主権者で納税者である)私たち日本国民の生命が守られる政策が行なわれるように、やれることをやっていきましょう!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事