■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【隷米主義】日米首脳会談、「日米同盟と核抑止力のさらなる強化」で一致!バイデン氏「日本の防衛に”全面関与”する」!バイデン氏が「国連の常任理事国入り」を支持したとの報道も…!

【隷米主義】日米首脳会談、「日米同盟と核抑止力のさらなる強化」で一致!バイデン氏「日本の防衛に”全面関与”する」!バイデン氏が「国連の常任理事国入り」を支持したとの報道も…!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年5月23日、岸田総理とバイデン大統領による日米首脳会談が開催され、「日米同盟と核抑止力のさらなる強化」で一致したことなどが報じられた。

バイデン氏が「日本の防衛に”全面関与”する」と述べたほか、米側が「国連の常任理事国入り」を支持したとの報道も出ており、欧米が主導して日本が軍事・経済的に「グローバル同盟」に組み込まれる動きとともに、ロシアや中国と対立・緊張が増していく動きが演出されている。

大統領「日本防衛に全面関与」 日米首脳会談、核抑止強化へ

岸田文雄首相は23日午前、バイデン米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。覇権主義的な動きを強める中国を念頭に、東アジアで「力による一方的な現状変更の試みを許さない」との認識を共有。バイデン氏は「日本の防衛への全面的な関与」を約束した。米国が提供する「核の傘」を含めた抑止力、対処力の強化で一致する見通し。日本の防衛力向上と同盟を深化させる方針も確認。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの対応で緊密連携を図る。

~省略~

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2022.5.23.】

バイデン大統領 安保理改革での日本の常任理事国入りを支持

岸田総理大臣とバイデン大統領の日米首脳会談で、両首脳が安全保障理事会を含めた国連の改革と強化の必要性で一致し、バイデン大統領から、安保理改革が実現した場合には、日本が常任理事国になることに支持が表明されたことが分かりました。

【NHK NEWS WEB 2022.5.23.】

結局「さらなる米国隷属」を約束させられた日米首脳会談だった模様!(自衛隊をグローバル連合軍に差し出す代わりに)安保理常任理事国入りをちらつかされた可能性も…!

出典:YouTube

警察による厳重警備の下で行なわれたバイデン大統領来日による日米首脳会談ですが、やはり日本国民にとってはロクでもない内容に終わったようです。

全体的な印象としては、トランプ政権下で進みかかっていた「対米従属体制からの解放」を強く否定しては、再び日本を「米国の鎖」に強く結び付けようとしているようにみえるし、中でもバイデンによる「日本の防衛に”全面関与”する」というのは「日本の対米従属体制の強化」を明確に示すメッセージだろう。
そして、マスコミは「バイデンが日本の安保理常任理事国入りを支持した」とセンセーショナルに騒いでいるけど、これもどうせグローバル支配層による汚れた裏や思惑があるのは明々白々だ。

もしかしたら、憲法改悪(=自衛隊を欧米のグローバル軍に差し出す)ことと引き換えに安保理常任理事国入りをちらつかせてきた可能性もありますし、やはり全体としては、対露中の軍事緊張や、その先にある戦争のために、日本を(軍事的に)欧米陣営に組み込もうとしている意図が見え隠れしていますね。

(米国の差し金で)岸田総理がNATO首脳会議に参加する動きや、AUKUS(米英豪による軍事同盟)に日本を参加させようとする動きもそうだけど、やはり、グローバル支配層は日本に”憲法改悪”させた後に「グローバル連合軍」に引き入れることを前提に下準備を進めているようだし、日本国民は想像力をよく働かせて「日本に待っている未来」に対してもっと危機感を持つべきだ。

NATO加盟に名乗りを上げたフィンランドのマリン首相が日本を訪問した動きや、英国の軍隊と日本の自衛隊による「相手国での法的地位を定めた円滑化協定」締結の動きもそうだと思いますし、欧米諸国は日本の自衛隊を「軍隊」とみなしたうえで、ロシアや中国との軍事対立における”協力”を求める動きが強まっていますし、やはり日本の憲法改悪は欧米支配層にとって「あらかじめ決まっている流れ」なのでしょう。

こうした状況の中で、本当に日本国民の命を守る気概がある宰相であれば、巧みな外交力を発揮して、欧米と上手に距離をとりつつ、さらには露中ともある程度うまくやることで「蚊帳の外」の地位を築いて、日本が戦争に巻き込まれていくのを回避していくのだと思うけど、言うまでもなく、そんな良心的で実力のある政治家は今の日本に皆無だし、岸田総理が(欧米から脅されるままに)自衛隊をグローバル連合軍に差し出していけば、言うまでもなく真っ先に「使い捨ての駒」にされてしまい、最悪、自衛隊だけでなく(かつてなかった経済危機や食糧難などによって)一般の国民も大量の犠牲者が発生することになるだろう。

とにかくも、多くの日本国民は、ウクライナ戦争が泥沼化しかかっているだけでなく世界がここまで混沌としてしまっている最大の戦犯はバイデン政権であることをよく認識しつつ、(自衛隊員だけでなく全ての日本国民の命をも差し出そうとしている)岸田総理に対して「日本が戦争に巻き込まれないための道」を全力で訴えていく必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事