【森友】「朝日の改ざん報道はデマだ」と騒いでいた安倍シンパや工作員が錯乱!徐々に”泥船”から逃げ出す動きも!ネット「百田は許さない」「小川榮太郞こそ赤っ恥!」

Pocket

どんなにゅーす?

森友文書の改ざん事件が確定的になっている中で、朝日新聞の報道を「デマだ」と攻撃してきた安倍シンパが「錯乱状態になってきた」と話題になっている。

・金儲けのために安倍賛美を行なってきた言論人の間ではすでに見切りを付ける動きも出ており、安倍政権の”末期状態”を物語る状況になっている。

「完全沈黙」「必死の言い訳」「開き直り&手のひら返し」”自称保守”の詐欺集団の錯乱具合がネットで話題に!

↓百田尚樹氏と(早速手のひら返しを始めた)上念司氏のツイートより。

出典:Twitter(@TomoMachi)

出典:Twitter(@CybershotTad)

何から何まで嘘で塗り固められた「砂上の楼閣」の安倍政権を熱烈に信奉してきた連中が、いよいよ錯乱状態に陥ってきたみたいね。
上念さんや橋下さんなんかは早速、画に描いたような「手のひら返し」を始めて来た感じだけど、必死に言い訳をしながら今でも朝日新聞を叩く人もいれば、完全に話題を逸らして誤魔化し始めた人、色々な反応があって見ていても中々面白いわっ。

安倍政権は右翼でも保守でもない「ただの詐欺集団」だって何度も書いてきたけど、連中の「こういう反応」を見ていてもその本質がよく分かるね。
もう一度言うけど、安倍政権は、CIA(グローバル資本勢力)の意のままに、日本を徹底的に売り尽くすために作られた「生粋の売国政権」であり、それを「右翼・保守」などと騙っている時点で詐欺だ。

本物の保守であれば、近代法治国家の根幹や立憲主義制度を守るべく安倍政権の無法行為を徹底的に批判するはずだし、この政権に擦り寄って「日本を守るため」などと言いながら安倍礼賛をしてきた連中は、ただのグローバル資本の走狗か、金儲けのためなら手段を選ばない悪徳商売人だ。

ボクたちはこうした連中の卑怯さや悪質さをしっかりと見届け、どれだけこの国が安倍政権によって汚染されてしまったかをよく脳裏に刻み込むことが必要だし、もし安倍政権を何とか終わらせることが出来ても、「その後(始末)がかなり大変」であることも同時に痛感してるよ。

本当にネットにテレビに、悪徳詐欺師が大量にはびこっているこの国は、今やすっかり腐りきってしまったわね。
次世代を担う子供たちが素直に真っ直ぐ育ってくれるためにも、この連中もろとも安倍政権を一掃することが必要だし、私たちにはまだまだやるべき事はたくさん残されていそうね。

おススメ記事&広告

 
Pocket