【国会崩壊】党首討論、安倍総理のふざけた態度に批判の声が殺到!岡田克也議員「総理、良心の呵責を感じませんか?」総理「笑。岡田さん、ルールは守んなきゃ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月27日に行なわれた党首討論において、安倍総理によるルールを無視した冗長な答弁と不遜な態度に国民の怒りが殺到している。

・安倍総理の冗長答弁で質問時間を奪われた無所属の会の岡田克也代表が、「総理、良心の呵責を感じませんか?」と厳しく諫めたほか、小西洋之議員はツイッターで「どういう育ち方をしたら、安倍総理みたいな人間になるのだろうか。」と痛烈に批判野党の議員が安倍総理の不誠実な態度に激高する場面が目立ち、終始荒れた党首討論となった。

【党首討論】岡田氏「総理、良心の呵責感じませんか」

無所属の会・岡田氏「改ざん、隠蔽、廃棄、虚偽答弁。民主主義の根幹にかかわる」

【無所属の会・岡田克也代表】前回の党首討論で、首相は「なぜ(国有地取引で)値引きされたか」「なぜ小学校として認可されたか」が森友学園問題の本質だと答弁した。それは大事だが、より重要な問題として公文書の改ざんや隠蔽(いんぺい)、廃棄、国会での虚偽答弁。これは民主主義の根幹にかかわる問題だ。

【安倍晋三首相】決裁文書の改ざんはあってはならないことだし、行政府の長として責任を痛感している。国民の行政に対する信頼を揺るがすことになった結果について、改めておわびを申し上げたい。二度とこうしたことはないように、しっかりと対策をとっていきたい。

【岡田氏】行政の信頼の問題というより民主主義の根幹だ。首相の発言を聞いていて、とても納得できない。「行政府の長として責任を感じている」と言うが、行政府への責任転嫁としか思えない。まるで自分が当事者じゃないかのような、対岸にいるようなものの言い方はずるい。自ら当事者だと認めるべきだ。

【首相】私自身が改ざんをしたわけではない。私はかかわってはいないと財務省の調査でも明らかになっている。私の言い方自体がひとごとだということでは全くない。今後二度と起こらないようにしていく責任は私にあり、そういう覚悟を込めて申し上げている。

【岡田氏】首相が(昨年2月に)私や妻が認可や国有地の払い下げに関係していれば総理大臣も国会議員を辞める、と発言し、それと矛盾のない答弁にするために改ざんや虚偽答弁をしたというのが現実ではないか。財務官僚は好きでやっているんじゃない。保身もあっただろうが、総理を守らなきゃいけないという中で次々と出てきた。首相は責任を感じていないのか。

【首相】この問題の発端は、国有地が不正に安く払い下げられたのではないか、そこに政治の関与があったのではないか、そして学校の認可に政治的な関与があったのではないか、というのが大きな問題点だったはずだ。(財務省が文書を)削除した中で、私の妻が財務省に「進めてください」と電話をかけたわけではないし、削除する必要もまったくないものであったのではないか。

【岡田氏】総理、良心の呵責(かしゃく)、感じませんか。あなた。そのことだけ申し上げておきたい。

【朝日新聞 2018.6.27.】

<首相>簡潔答弁せず時間切れ…その後「ルール守んなきゃ」

◇質問時間奪われた岡田克也氏に語りかけ

27日に行われた国会の党首討論で、持ち時間を超えて質問しようとした無所属の会の岡田克也氏に対し、安倍晋三首相が終了後、「やっぱり岡田さん、ルール守んなきゃ」と語りかける場面があった。

最後に討論に立った岡田氏の持ち時間は6分。学校法人「森友学園」の問題を追及したが、首相は委員長の「簡潔に」という要請を聞かずに答弁を続け、途中で時間切れになった。岡田氏は「良心の呵責を感じませんか。それだけ申し上げておきたい」と述べて質問を終えた。

岡田氏は「私が再度質問する時間がないように(首相が)長く話したとしか思えない」と記者団に不満を語った。【樋口淳也】

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2018.6.27.】

安倍総理、意味も無い冗長答弁で終始時間稼ぎ!岡田議員が厳しく叱責すると「岡田さん、ルールは守んなきゃ!」とヘラヘラ笑顔で返す!

↓岡田氏に「良心の呵責を感じないのか?」と叱責された時の安倍総理。

出典:Twitter(@tohohodan)

何なのよこれはぁ~!!
自分自身が散々時間稼ぎして、相手党首の貴重な持ち時間をこれでもかと削っておいて、岡田議員がどうにか言いたい質問をしようとしたら「岡田さん、ルールは守んなきゃ!(ニタア)」って…!
これがいい年した大人のすることなのっ!?

小西議員も、「どういう育ち方をしたら、安倍総理みたいな人間になるのだろうか?」と心底嘆いているけど、ボクも全く「同感」としか言いようがない。
これまでも、安倍総理はとことん国民をバカにしきった大嘘やごまかしを星の数ほど繰り返してきたけど、今回ほど安倍総理の異様なまでの幼児性と歪んだ人間性が表出したケースはなかったんじゃないかな。

ここまで野党が本気で怒った党首討論も今まで無かった感じだし、この国の国会がすでにここまで崩壊してきているのに戦慄さえ覚えてしまうね。

しかし、テレビはこうした安倍総理の醜い姿こそ連日報じなければならないはずなのに、今日も一日、はっきりってどうでもいいような日大の新監督選考のニュースや、W杯の日本の活躍などでもちきりで、ほとんどまともに国会の様子が報じられていないのも異様な事態だ。
すでに、国会だけでなくマスコミも腐臭が漂うほどに劣化しきっているし、文字通り、「政治とマスコミが腐敗した国」というのは、ほぼ例外なく衰退・破滅していくのみだよ。

ほんとに、どうでもいいような話題を延々とやり続けているテレビなら、いっそのこと全く観ない方がマシよっ!!
国民にとって真に有益な情報を伝えようとする気持ちなんて、今のテレビにはこれっぽっちも無いってことねっ!

はっきり言って、今のマスコミにあるのは、保身とカネだけだね。
やはり、政治も報道も、関わっている人間一人一人の良心やモラル、ポリシやー信念があってこそまともに機能するものだし、すでに安倍政権の政治家も、官僚も、マスコミも、カネと保身と忖度という”洗脳”にどっぷりと嵌まって脳が激しく劣化しかかっている状態だ。

幸い、ネット上では、こうした日本の”特権階級”たちの未曾有の腐敗に怒っている人が多くいるし、こうした国民を地道に「一人二人」と増やして、より大きな声に繋げていくしかない状態かもしれないね。

私も、正直気持ちが切れかかってしまう時があるけど…っ、何とか気を強く持って、これからも社会を根底から壊していく数々の嘘やインチキに対して、粘り強く抗議の声を上げ続けていくわっ!

おススメ記事&広告

 
Pocket