選挙戦最終日、安倍総理が秋葉原に登場し「安倍親衛隊」が大集結!大量の日の丸と巨大な横断幕&「帰れコール」と「安倍晋三」コールが入り乱れ騒然に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月21日、安倍総理が「因縁の地」秋葉原に再び登場し、都議選時の「帰れコール」徹底阻止するべく、各地から安倍総理の応援団を大量に動員し、秋葉原に大集結した。

・安倍総理の演説時には「安倍総理頑張れ」の巨大横断幕まで登場。再び「帰れ」などのコールが上がったものの、安倍支持者がこれをかき消す「安倍晋三コール」を連呼したり、声を上げた人たちに「お前らが帰れ!」「選挙妨害するな!」などと恫喝し、現場は騒然。そのため、前回のような巨大な「帰れコール」は発生しなかった模様。


安倍総理が「リベンジ」と銘打った秋葉原での演説、かつてなかったほどの”安倍親衛隊”が大集結!日の丸や巨大横断幕も出現し、ヤジやマスコミを徹底警戒!

出典:Twitter(@value_investors)

出典:Twitter(@1212pfd)

出典:Twitter(@value_investors)

いよいよ選挙戦も最終日になりましたが、安倍総理が自ら「リベンジ」と銘打った秋葉原での演説が凄まじいことになったようです!
ご覧のように、全国各地から”安倍親衛隊”が大集結し、巨大な横断幕や日の丸が大量に舞い、マスコミや有権者のヤジを徹底警戒
少しでもヤジが上がったり、それをマスコミが撮影しようとすると、それを全力で阻止し、反対派の人々を徹底的に弾圧する動きに出てきた模様です。

まさしく、数々の巨大な新興宗教(や暴力団)、大企業、資本家などを従えながら強大な権力と資金力を誇る自民党の「本領発揮」とも言えるような凄まじい光景だね。
改めて、安倍政権の強大な組織力を痛感するし、他の人も言っているように、まるで戦時中の出征や学徒出陣のような異様な光景だとも言えるだろう。

どうやら、あらかじめ反対派の声を徹底的に封じ込む対策を強行したことで、この前のような大きな「帰れコール」は起こらなかったみたいだし、もはや演説どころではない大混乱の中で安倍総理の最後の演説が執り行われたようだ。

…そして、泣いても笑っても、いよいよ明日が投票日だ。
選挙終盤で自民党の勢いが若干落ちているとの情報も出てきているので、どうにか、民主主義国家の根幹を維持するためにも、野党勢力が少しでも議席を伸ばし、与野党のバランスが適正に修正されることを心から願っているよ。

そうですね!
私も、無党派層の一般庶民の方々が一人でも多く選挙に足を運び、責任ある投票を行なっていただくことを強く願っています!

おススメ記事&広告

 
Pocket