安倍総理が総裁3選!石破氏は予想を上回り健闘!進次郎氏は石破支持!地方票では10県で石破氏が勝利!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月20日、自民党総裁選の投開票が行なわれ、当初の予測通り安倍総理が553票(議員票329票、地方票224票)を獲得し、総裁3選を果たした石破氏は254票(議員票73票、地方票73181票)だった

・最後まで明言を避けてきた小泉進次郎筆頭副幹事長は、石破氏に投票したことを明言。議員票・地方票ともに、石破氏の票が当初の予想を上回り、安倍総理の権力が盤石ではない実態が明らかになった。

安倍首相が自民党総裁3選 石破氏は810票中254票

自民党総裁選は20日午後開票され、安倍晋三首相(63)が石破茂・元幹事長(61)を破って、連続3選を決めた。任期は2021年9月までの3年間。

総裁選は1人1票の投票権を持つ国会議員票405票と、党員・党友による地方票405票の計810票で争われた。首相は553票(議員票329票、地方票224票)を獲得し、254票(議員票73票、地方票181票)だった石破氏を破った。

国会議員票については、朝日新聞の事前の取材で首相は337票を集めていたのに対し、石破氏は50票にとどまっていた。だが、実際の投票結果では石破氏が20票以上を上乗せし、首相は取材の数字を下回った。

議員票で圧倒的にリードし、首相の3選が確実視される中、焦点になっていたのは地方票だった。首相は地方票でも石破氏に勝利したものの、石破氏の獲得票は、両陣営の事前の予想を上回った。

首相は20日午後6時から記者会見を行う予定だ。

【朝日新聞 2018.9.20.】

【速報中】10県で上回った石破氏「自民は一色でない」

~省略~

石破氏が島根で圧勝 群馬・茨城・三重・富山・高知・徳島・宮崎でも上回る

自民党総裁選は、党員・党友による地方票の開票作業が各都道府県で進んだ。

朝日新聞の取材によると、3選を目指す安倍晋三首相の地元・山口県や和歌山県など首相が石破茂・元幹事長を上回る県が多いものの、石破氏も事前の両陣営の予想より健闘。島根県では石破氏が圧勝しているほか、群馬、茨城、三重、富山、高知、徳島、宮崎各県でも石破氏が得票数で上回っている。

首相支持の国会議員が多数を占める県でも、地方票では石破氏が首相票に迫る結果が出ているところもある。秋田県は数百票差で、わずかな差となっているという。石破氏を支持する吉田博美参院幹事長の地元・長野県は接戦だったという。

~省略~

【朝日新聞 2018.9.20.】

自民党総裁選
小泉進次郎氏、石破氏を支持

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は20日昼、党総裁選で石破茂元幹事長に投票することを明らかにした。党本部で記者団に「石破さんに入れる」と語った。毎日新聞の取材では、総裁選で態度未定や不明の国会議員が小泉氏以外に10人おり、小泉氏の発言がこうした議員の投票に影響する可能性もある。

~省略~

【毎日新聞 2018.9.20.】

長州閥の”特権階級”が変わらず国内で強大な権力を放っていることを示した結果に!一方で、進次郎氏の石破支持や石破氏の健闘で、この先の権力図が大きく変化していく可能性も

出典:鑑定家ジョーティッシュ

自民党の総裁選が投開票され、当初の予想通りに安倍総理が3選を果たしました。
結果そのものは何ら驚くものではありませんが、その内容を見ると、石破さんが予想以上の健闘をしており、安倍総理が目論む圧倒的勝利にはならなかったようですね。

数字そのものは安倍総理が大きな差を付けての勝利だけど、安倍総理は石破氏をコテンパンにやっつけようと思っていた中で、特に石破氏が地方票で安倍総理に肉薄するほどの票数を獲得したということで、現在の日本の政治が、永田町(政治権力の中枢)と地方(民意)で圧倒的な分断や乖離が起こっていることを如実に示す結果となったね。

まさしく、日本の政治において、国民主体の「民主主義政治」から一部の特権階級や権力者ばかりを優遇する「貴族政治」のようなものになりつつあり、言い換えれば、明治維新のテロを引き起こした(ネオコン軍産と密に繋がる)長州テロリストの特権階級が依然日本国内で強大な権力を放っていることを突きつける結果となった。

その一方で、民主主義とはかけ離れた「1%の特権的な一族が不当に権力を占有している実態」に薄々気がつく日本国民も少しずつ増えており、特にアベノミクスの恩恵がほとんどもたられていない地方政治においては、安倍政権による「軍産・国際銀行家・投資家優遇」の強者優遇&お友達優遇の”密室・隠蔽政治”に確実に不満が蓄積しつつある実態も見えてきたね。

小泉進次郎筆頭副幹事長が石破さんに投票したことも、今後何らかの影響が出てくる可能性がありそうです。

マスコミが異常なまでに彼を特別扱いしているのも、彼が日本の政治をコントロールしている機関CSIS(米戦略国際問題研究所)と密接な関係を持ち、ディープ・ステートの日本担当であるマイケル・グリーンジェラルド・カーチスらと深い繋がりを持っていることが影響している。

そんな進次郎氏が石破氏に投票したというのは、安倍総理にとっては大きな脅威であり、日本をコントロールしているグローバル支配層も安倍総理に大きなプレッシャーをかけているということだろう。
(その一方で、あえて当日までどちらに投票するかをあれこれ理由を付けて明言しなかった時点で、今回は安倍総理を当選させる力がディープ・ステートからかかっていたと考えられる。)

そういう意味で、安倍総理にとっては決して安泰な状況とは言えず、いつ権力を失して、(致命的なスキャンダルを仕掛けられるなどして)失脚するような事態が起きてもおかしくない状況だと言えそうだ。

世界情勢も「トランプ政権の誕生」を機に劇的に変化を続けていますし、ロシア・中国を中心とした新しい世界秩序に移行しつつある状況です。
今後も安倍政権や日本の特権階層がどのような道を辿っていくのか、よく見ていく必要がありそうですね。

こうした世界情勢を見る限り、旧ネオコン戦争屋と昵懇な長州閥一族や清和会勢力などは、いずれ粛正・退廃していく流れがぼんやり見えている状況だからね。
早速マスコミも安倍政権にややネガティブな報道をしている様子だし、今後の安倍政権や国内外の権力闘争の行方を注意深くウォッチしていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket