■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】英国エリザベス女王が96歳で死去、(世界各国で「宇宙軍」が創設されつつある中)米国議会で「UFOは実在する」と初の見解!

【ゆるねと通信】英国エリザベス女王が96歳で死去、(世界各国で「宇宙軍」が創設されつつある中)米国議会で「UFOは実在する」と初の見解!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年9月9日号)

英エリザベス女王が96歳で死去!世界の”闇の勢力”も激変のただ中へ!

イギリス エリザベス女王死去 96歳【随時更新】

イギリスの君主として歴代最長となる70年にわたって在位してきたエリザベス女王が8日、96歳で亡くなりました。
女王の死去を受け、長男のチャールズ皇太子が国王に即位しました。
国際社会からは女王の功績をたたえ、追悼する声が相次いでいます。

~省略~

専門家「イギリスの顔 大きな喪失感」

イギリスの政治外交史が専門でイギリス王室に詳しい関東学院大学の君塚直隆教授はエリザベス女王について「戦後の70年間をすべて自身で体現していた。イギリスの顔であり、世界で最もよく知られた女性だった。女王の死は、大きな喪失感をもたらしていると思う」と指摘しました。

君塚教授は、女王が「コモンウエルス」と呼ばれるイギリス連邦の加盟国との関係を特に重視していたと述べたうえで「第二次世界大戦後、イギリス政府がアメリカやヨーロッパとの関係を重視する一方で、コモンウエルスとの関係をつなぎ止めていたのは女王だった。EU離脱後、その関係はますます大切になっていく」と功績をたたえました。

また日本との関係について「皇室とイギリス王室の関係は深かったが、第二次世界大戦で敵対国となり、断絶していた。しかし、女王から日本に手を差し伸べ、当時の昭和天皇がそれに応えたことから関係が復活した」と述べました。

~省略~

日本でも政府機関で半旗掲げ弔意

松野官房長官は、閣議のあとの記者会見で「エリザベス女王陛下の崩御の報に接し、深い悲しみを禁じえない。日本政府として、イギリス王室、イギリス政府およびイギリス国民の皆様に対し、心から哀悼の意を表する。日本政府としても、本日、関係政府機関において半旗を掲げ、弔意を表している」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.9.9.】


出典:YouTube

英国のエリザベス女王が死去したとのニュースが大きく報じられているわ。
報道によると8日に死亡したとのことだけど、ちょうど英国ではジョンソンさんに代わってトラス新首相が就任したばかりですし、様々な部分において何とも意味深な出来事だわ。

欧州では、メルケルやジョンソンが去り、ロシアではゴルバチョフが死去。そして日本では安倍氏が暗殺されたし、ここでエリザベスが死亡ときたか…。
これらはいずれも、ダボス会議の常連連中のグローバリストと深い関係を持ってきた人物だし、特に英国王室は、ロスチャイルド財閥と非常に深い結びつきを持ってきた「闇にまみれた一族」であり、彼ら(グローバル・エリート)が世界的に展開してきた「新世界秩序」における中心的な役割を担いつつ、極めて強大な影響力を持ってきた

そもそも、社交儀礼的にお悔やみのメッセージくらいは出してもいいかもしれないけど、日本の政府機関がわざわざ半旗まで掲げて最大級の敬意を示す意味が分からないし、これ自体が、現在の日本政府そのものが英国王室をはじめとしたグローバル資本勢力の完全なる傀儡組織であることをよく示しているわ。

簡単にいえば、70年にもわたって英国王室の頂点に君臨してきたエリザベス女王は、(バチカンのフランシスコと並ぶ)まさにグローバリズムのシンボリズム的存在であり、様々な闇ビジネスで得た莫大なブラックマネーを用いて、世界的な戦争や経済危機などに深く関わってきたことがいわれてきた。

英国王室は、あなたが考えているよりも多くの収入源を持っている

もちろん、ウクライナ戦争においても、英国王室がゼレンスキー政権を全面的に援助していると考えるべきだし、全体的な流れを見ると、やはりプーチンのロシアにとって有利な方向に傾きつつあるという風に見えるけど、どうだろうか。

これによって、英国王室が弱体化し、ひいてはグローバル・エリートの権力が徐々に疲弊していくことに繋がっていけば、もう少し世界はマシな方向に向かっていくのではと思うんだけど、果たしてそうなっていくかしら?

この先の世界の運命を決めていく一つの分岐点になるのがやはりウクライナ戦争であることは間違いないし、何よりも、ボクたち一般市民は「他力本願」に徹するのではなく、日本や世界で起こっているありとあらゆる事象をありのままに捉え、自らで考え行動することができるようになっていけば、少なからず今よりもずっといい世の中に変わっていくはずだ。
日本国内においても、安倍暗殺事件発生後、確実に「新しい流れ」が沸き起こっているし、エリザベス死去後、世界がどのように変わっていくのかについても注意深く見ていくこととしよう。

 

(世界各国で「宇宙軍」が創設されつつある中)米国議会で「UFOは実在する」と初の見解!そもそも”地球外生命体”や”宇宙人”は存在するのか!?

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事