■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】築900年の中国の貴重な木造橋が「謎の大火災」で崩壊!、平和式典で「ロシアを排除」した広島・長崎両市長に批判の声!、立憲が「参院選大敗の原因は提案型野党への転換」と分析!

【ゆるねと通信】築900年の中国の貴重な木造橋が「謎の大火災」で崩壊!、平和式典で「ロシアを排除」した広島・長崎両市長に批判の声!、立憲が「参院選大敗の原因は提案型野党への転換」と分析!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年8月9日号)

築900年の中国の貴重な木造橋(世界最長の籐製橋)が「謎の大火災」で崩壊!地元当局「原因を調査している」

“築900年”アーチ橋が炎上 中国の重要文化財崩れる

~省略~

炎と煙に包まれる、福建省にある木造の万安橋。

およそ900年前に架けられた万安橋は、釘を一本も使わない伝統的な工法で造られていて、中国の重要文化財に指定されている。

長さも98メートルで、中国で最も長い木造のアーチ橋として知られている。

火災は6日の夜に発生したとみられていて、地元当局が出火原因を調べている。

~省略~


【FNNプライムオンライン 2022.8.8.】

これはまた…なんとも凄惨な光景ですね…。
中国に限らず、世界的に非常に価値のある貴重な文化財だと思いますが、普通に考えれば放火以外に考えづらいのではないでしょうか。

おまけに、米国&台湾と中国の軍事緊張が極限まで高まっていて、いつ戦争が勃発してもおかしくないような状況での出来事だからね…。
これまでも、中国では、工場が次々と大爆発を起こしたり、原因不明の爆発や火災が繰り返されてきたけど、これらの中に「政治的な意図」をもって人為的に引きこされたものが含まれている疑いがある。
そのように考えると、(タイミング的にみても)今回中国の貴重な文化財が丸焼けになってしまったのも、米諜報勢力などの仕業(嫌がらせ)である可能性もあるかもしれないね。

映像を観ても、全体的に非常に激しく燃え上がっており、何者かが橋全体に油を撒き、火をつけたことが疑われます
(ちなみに、中国以外の例をみてみますと、2019年に発生したパリ・ノートルダム大聖堂の大火災について、グローバル諜報勢力による政治的なテロとの疑いが多く上がったことがありました。)
「原因を調査中」という当局の今後の発表を待ちたいと思いますが、この先、中国が米国や台湾を激しく威嚇していけばいくほど、中国国内で原因不明の爆発や火災が次々と発生していくことになるかもしれませんね…。

 

(官邸の圧力に屈し)平和式典で「ロシアを排除」した広島・長崎両市に批判の声!日本に核を落とした米国に尻尾を振りながら、(ジャパンハンドラーに言われるままに)ロシアを叩き挑発し続ける岸田政権の売国性と恐ろしさ!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事