■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】地方の首長選挙でも野党は惨敗続き!、mRNAワクチン企業の株が暴落!、「ロシア全面侵攻開始」の一報に世界からショックと悲しみの声

【ゆるねと通信】地方の首長選挙でも野党は惨敗続き!、mRNAワクチン企業の株が暴落!、「ロシア全面侵攻開始」の一報に世界からショックと悲しみの声
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。


(ゆるねと通信 2022年2月24日号)

地方の首長選挙でも野党は惨敗続き!町田市長選や長崎知事選など…

問われる野党の存在意義 地方の首長選で惨敗続き…維新を喜ばせてばかり

目も当てられない結果だ。20日投開票の東京・町田市長選の開票作業は深夜に及び、5選を果たした現職の石阪丈一氏(74)は結局5万3323票を得た。問題は野党統一候補の得票の低さだ。立憲、共産、れいわ、社民などが推薦した地域活性化コンサルタントの清原理氏(63)の獲得票数は2万2781。石阪氏の半分に満たない。

立憲の小川淳也政調会長が応援演説で地元入りしたほか、落選中の辻元清美前衆院議員も事務所を激励。野党統一の都知事候補だった宇都宮健児弁護士も推薦人に名を連ねるなど、決して“捨て戦”ではなかった。

~省略~

同日の長崎県知事選は、維新と自民党県連推薦の元厚労省医系技官の大石賢吾氏(39)が初当選。わずか541票差で敗れた現職の中村法道氏(71)に多くの自民県議が支援に回った激しい保守分裂選挙で、野党は埋もれっぱなし。無風だった過去2回と同じく、立憲と国民両県連は現職支持の“相乗り”でお茶を濁す体たらくだった。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.2.23.】


これはなかなかにマズいわね…。
衆院選以降、ますます野党の勢いが弱まってきているし、なんだかんだ言って、菅さんと比べて岸田さんの方が圧倒的に選挙で良い結果を出しているわ。

衆院選でもそうだったけど、地方選挙でもびっくりするくらいに野党系候補が勝てていないようだね。
やはり、(マスコミでは色々いい加減なことが言われているけど)実際のところは、先の衆院選での野党共闘について多くの有権者が大きな期待を寄せていたところ、(東京8区騒動をはじめとした)立憲による「れいわ排除」などの傲慢で身勝手な対応がよほど多くの人々を失望させたことが推測される。
事実、投票前の下馬評では野党共闘候補の優勢が伝えられていた上に、岸田政権が大幅に議席を減らすとの推測まで出ていたし、ボク自身も野党の頑張り次第ではこうした展開も十分にあり得るのではとみていた。

第二次安倍政権が誕生した時の衆院選もそうだったけど、一度国民の失望を買って票が逃げてしまうと、票が元に戻ってくるにはかなりの挽回策が必要になるのよね。
でも、今の立憲には、逃げた票を取り戻すための必死さもあまり感じられないし、敗北の原因を共産のせいにしようとしたり、あまつさえ「提案型野党」などと言い出している時点で、このような結果になるのは同然だわ。

これらの地方選挙の結果をより重く受け止めて、今からでもすぐに、必死の挽回策を考えていかないといけないはずなんだけど…。
やはり、次の参院選に何としても勝とうとする気概や真剣さも感じられないし、このままでは、本当に「惨憺たる選挙結果」が出ることで、いよいよ、グローバル支配層による「グレートリセット」が実行されてしまうことになるのではないかな。

 

ファイザーやモデルナなど、mRNAワクチン企業の株が軒並み暴落!→世界の投資家が「この先の展開」(世界規模の薬害事件)を予測か!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事