■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】菅政権・入管法改悪の強行採決を断念!、維新が「ベーシックインカム」導入を提言!(ヤバ目)、米国人やカナダ人からも「東京五輪No!」の声!

【ゆるねと通信】菅政権・入管法改悪の強行採決を断念!、維新が「ベーシックインカム」導入を提言!(ヤバ目)、米国人やカナダ人からも「東京五輪No!」の声!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年5月18日号)

菅政権・入管法改悪の強行採決を断念!スリランカ人女性死亡に、現地の遺族からも怒りの声が上がっていた中で!

出入国管理法などの改正案 今国会成立見送る方針伝える

~省略~

出入国管理法などの改正案は、先週の与野党の修正協議で内容は大筋で一致したものの、収容施設で死亡したスリランカ人女性の施設内での様子などを映した映像の開示をめぐって折り合いがつかず野党側は、衆議院法務委員長の解任決議案を提出しました。

そして、立憲民主党など野党3党は、18日、スリランカ人女性の遺族らに映像が開示されないかぎり、採決には応じない方針を確認しました。

これを受けて、政府・与党は、野党側の理解を得られないまま改正案を採決するのは望ましくないとして、今の国会での成立を見送る方針を固め、18日昼過ぎ、自民党の二階幹事長と立憲民主党の福山幹事長が国会内で会談しました。

この中で、二階氏が「改正案の審議はこれ以上、進めないことを決めたので、法務委員長の解任決議案は撤回してもらいたい」と述べたのに対し、福山氏は「決断を評価したい。スリランカ人女性の遺族にも配慮して対応してもらいたい」と応じました。

そして、野党側は、法務委員長の解任決議案を取り下げました。

~省略~


【NHK NEWS WEB 2021.5.18.】

入管収容中に死亡のスリランカ人女性 遺族「お姉さんは殺された」死亡経緯を入管に問う 名古屋

スリランカ人の女性が、名古屋の入管施設で、体調不良を繰り返し訴えながら死亡した問題。入管の中間報告の客観性や、真実性に疑問符がつきかねない記録が存在していたことが分かりました。遺族らは17日、名古屋入管を訪れ、説明を求めました。

遺族「誰が責任をとっているのか、わからない」

名古屋出入国在留管理局の収容施設で、3月に亡くなったウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の葬儀が、16日、市内で営まれました。

「お姉さんが亡くなったことは、お母さんも、私たちも、すごく悲しいです。こんなことになって、誰が責任をとっているのか、私たちもわからない」(ウィシュマさんの妹)

支援者によると、ウィシュマさんは、2017年に来日しましたが、日本語学校の学費が支払えなくなり退学したということです。

在留資格を失い、2020年8月、名古屋入管の施設に収容されました。

2021年1月ごろから、繰り返し体調不良を訴えていましたが、3月6日、施設内で倒れた後、亡くなりました。

死因について出入国在留管理庁は「調査中」としています。

入管の「中間報告」に疑問符

体調不良を訴えていた、ウィシュマさんに、適切な治療は施されていたのか。入管の中間報告の客観性や、真実性に、疑問符がつきかねない記録が存在していました。

出入国在留管理庁の中間報告には、2月5日のウィシュマさんの診察の際「医師から点滴や入院の指示がなされたことはなかった」と記されています。

しかし、関係者によると、2月5日の診察記録には、医師が点滴や入院を指示する内容が記載されています。

この診察記録について、法務省は13日、中間報告の作成前に、確認したことを認めています。

~省略~

【メ~テレ 2021.5.17.】


出典:TBS News

菅政権が強行採決を目指していた「入管法改悪」が廃案になる見込みになったとのことです。
どうやら、入管によって事実上殺されたスリランカ人女性の遺族が、野党からの協力を受けて国内外に向けて問題提起をしていく姿勢を見せており、本格的に国際問題に発展していく可能性が出てきたこと、菅政権の支持率が過去最低レベルにまで下がってきていることなど受けて、ひとまずは、強行採決を断念し、ほとぼりが冷めた頃に再び強硬的に採決させていく方針に変えたようですね。

ひとまずは良かったわっ!!
(安倍トモ検事・黒川氏の違法な定年延長を含んだ)検察庁法改悪の強行採決が直前でストップされた時と同じような流れで強行採決を止めることが出来たし、今回もまた「民衆が大きな声をあげれば、悪徳政治屋連中は確実に大きく怯む」ということが明確に証明されたわっ!

ああ。遺族が本格的な”実力行使”に出てきたのをみて「これはまずい」と思ったのだろうし、簡単に言えば、入管は今回のケースに限らず、何人もの(様々な事情を抱えていることで自国に帰ることができない)外国人を殺してきたからね。
今回のケースについても、実際は、虐待・殺人そのもののような行為をしていたものの、「しかるべき治療や措置を行なっていた」などとウソの報告書を作っていた疑いも高まってきているし、平たく言えば、日本の入管というのは、不法滞在の外国人よりもよほど重大かつ凶悪な犯罪を繰り返してきた「凶悪犯罪組織」といってもいいようなもんだ。
政府の中にこのような恐ろしい「殺人部署」が存在していることは、日本国民にとっても大きな脅威だし、こうした、「帰るところが無い・身寄りがない」弱い立場の外国人を容赦なく虐待し、殺すような風潮が政府内で横行していけば、その牙はいずれ日本の社会弱者に対してもますます本格的に向いていくことになる。

先の記事でも述べたけど、安倍・菅政権による入管法改悪は「使い捨て奴隷大量呼び込み政策」であり、日本国民の「使い捨て奴隷」が少子化によってどんどん数が減ってきているのを受けて、今度は海の向こうから「使い捨て奴隷」を安定的に確保しようとしているに過ぎない。
こうした、一般市民を真性奴隷(家畜)をみなしている「グローバリスト政権」に本格的に鉄槌を下さない限り、いずれ日本国民にとっても「史上最悪のデジタル奴隷システム」がやってきてしまうのは自明の理だ。

とにかく、今の日本政府に横行している「使い捨て奴隷システム」をどうしかしていかないと、問題の本質が改善されることはないし、菅政権による「入管法改悪」の企みそのものを完全に潰していかないと、遅かれ早かれ「最悪のディストピア」がやってくるのは避けられないってことねっ!

今回のスリランカ人女性死亡事件についても、引き続き徹底した真相究明を行なっていく必要があるのは言うまでもありませんし、自民グローバリズム政権による「使い捨て奴隷量産政策」を何としても止めさせる必要があるのは言うまでもありませんね。

 

維新が「ベーシックインカム」導入を提言!グローバリストが推し進める「UBI」は「悪夢の人間牧場」そのもの!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事