【ゆるねと通信】国民には「自助」を求め大企業(日産)には真っ先に「公助」する菅長官!、菅長官が「総理の国会出席は限定すべき」と早くも国会サボる気満々!、森友事件で危機感を表明していた伊勢谷友介氏が大麻所持で逮捕!

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年9月9日号)

国民には「自助」を求める一方で、大企業(日産)には真っ先に「公助」!菅長官の歪んだ「強者優遇」精神!

日産への政府保証1300億円は『半沢直樹』のモデル日本航空の倍! 背景にゴーン逮捕から続く菅官房長官と経産省の日産支配

~省略~

いま、テレビドラマ『半沢直樹』(TBS)の続編でモデルになっている日本航空の経営破綻の際にも同様のスキームで融資が行われ、約670億円の政府保証をつけて、結果的に約470億円の国民負担が生じたが、日産への政府保証はその倍近く。1300億円というのは過去最大の規模だ。

コロナ対策の補償をあれだけ渋りながら、日産にだけいったいなぜ、こんな優遇措置をとったのか。少なくとも、政権幹部が動かなければこんな無茶苦茶は絶対に通らないだろう。

「政府保証を求めたのは、政投銀からのようだが、それに応じて推し進めたのは経産省、それを菅官房長官が強く後押しした構図のようだ」(全国紙経済部記者)

やっぱりか、と言わざるをえない。というのも、異例の巨額保証を決めたとされる菅官房長官と経産省は、日産の経営危機の端緒となったゴーン会長逮捕にも深く関与しているとされてきたからだ。

日産とルノーの経営統合計画を推し進めはじめたゴーン会長を阻止するため、菅官房長官と経産省が自分たちの息のかかった日産幹部を動かし、クーデターと東京地検特捜部への告発をやらせた──。当時から、そうした見方が根強くささやかれてきた。

~省略~

【リテラ 2020.9.8.】


出典:テレ朝news

私たちが疑っていた通り、やっぱり、日産への「特別優遇」の背後には、菅さんの意向が介在してたみたいね。
巷では、「パンケーキおじさん」「庶民の痛みが分かるたたき上げ」なんて、悪質な洗脳工作が全開になっているけど、この人のやってきたことをよく見れば見るほど、「陰で怪しいことをコソコソやっている、怪しい根回し&利権漁りばかりやってきた悪徳政治屋」のイメージしか見えてこないわ。

今の日本で「家柄も地位もない庶民が強大な財力や権力を得るにはどうすればいいのか?」といえば、残念ながら、社会的にまっとうなことばかりを真面目にやっていても、「絶対に超えられない壁」にぶち当たってしまうのが現状だ。
したがって、(今のアベ友官僚や人気吉本芸人らを見ればわかるように)腐った権力者の不正の手助けをしたり、権力に懸命に擦り寄りデマやミスリードを用いて徹底賛美、カネを握らせたり飯をおごって買収&懐柔を徹底するなどをしないと、地位や財力もない貧乏人がのし上がっていくことは極めて厳しい。

菅氏は、まさに、そうした「今の日本で庶民がのし上がるにはどうすればいいのか?」を真に体現した存在といってもいいだろうし、こうしたプロセスを経て権力を手に入れた「歪んだたたき上げ型」の人間は、「保身や権力強化のためなら一切の手段を選ばない」といった感じで、大抵精神が激しく歪んでいるものだ。

みたところ、菅氏は、安倍総理のさらに上を行く(安倍総理は単に”ご主人様”からの命令にそのまま従っていただけ)ほどに、「強者優遇&弱者切り捨て」の精神性が深く根付いている悪徳政治屋とみた方が良さそうだし、生まれながらにして、エスカレーター式で総理になれる道筋が敷かれていた安倍総理よりも、よほど、様々な黒い裏工作や謀略を企ててはこれらを成功させてきたことがうかがえる。

本当に、困っている人たちへの救済や社会貢献の活動を繰り返してきたことで今の地位を手に入れたのであれば、それこそ「本物の実力者」だと思うけど、見たところ、菅さんはニセモノの「たたき上げ」であって、総理を務める資格は言うまでもなくゼロだわ。

(ヤラセ同然のプロセスで)あっという間に菅氏が次期総理に決まってしまったことそのものが、「腐った権力の不正や犯罪を率先して手助けした人間こそ、優先的に出世し、強大な権力を得られる」という、今の日本の政界や官界の末期的な現状を如実に表しているし、こんな「明らかに間違ったプロセス」で菅政権が誕生しても、日本のさらなる没落と破滅は最初から約束されたようなものなのではないかな。

 

話力ゼロの菅長官、「総理の国会出席は限定すべき」と早くも国会をサボる気満々!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。