【こんな話も】レイプ&逮捕揉み消し疑惑の山口敬之氏に新たな醜聞が!「TBS局員との不倫&戸籍謄本偽造」疑惑

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理の新進気鋭の腰巾着として知られるコメンテーター山口敬之による「レイプ&逮捕揉み消し疑惑」が話題になる中、TOCANAが新たな彼の醜聞として、「TBS局員との不倫&戸籍謄本偽造疑惑」を紹介している。

スポンサーリンク

安倍政権御用達・鬼畜レイパー山口敬之記者が「乳首から血が滲むほどのレイプ&揉み消し」疑惑!暴露された“もう1つのヤバすぎる不倫”とは?

さて、新潮の記事では最後に「被害女性の主張がふんぞり返った権力を揺らすだろうか」と結んでいるが、ここでもうひとつ、トカナ編集部が仕入れた重要な情報を付け足しておこう。編集部は、山口氏の逮捕揉み消しについては昨年から情報をキャッチしていたのだが、そこには新潮に書かれていない驚くべき“別の女性との追加不倫情報”があったのだ。以下、事情通の話である。

「山口氏は、レイプ事件のほかにも局内で問題行動を起こしており、それも原因のひとつとしてTBSを退社したといわれています。それは、TBS局員Aさんとの不倫です。しかも、山口氏は離婚を偽装し、独身を装ってAさんに接近。これを信じたAさんは山口氏とK市で同棲し、事実婚状態となっていました。戸籍謄本まで偽造して信じ込ませたという噂もありますから、タチが悪い」(事情通)

「その間にAさんは二度も妊娠した可能性があるといわれています。しかし、後に山口氏がいまだ現在の妻との婚姻関係を続けていることを知り、別れるに至ったとか。昼ドラを凌ぐ泥沼不倫を経て退社したというわけです」(同)

「裏切られたAさんの怒りは凄まじかったと聞いています。彼女のその怒りがどこへ向かったかというと、なんとTBSドラマ。そのドラマの内容がAさんの恋愛そのものであることに気づいた当時のスタッフは、山口氏及び上層部からお咎めはないかとヒヤヒヤしていたそうですよ。なにせ公共の電波を使ってリベンジポルノをしているようなものですからね…。とはいえ、山口氏の撒いた種ですし『もっとやってやれ』と思っていたスタッフは多かったんじゃないですか」(同)

【TOCANA 2017.5.10.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新進気鋭の「安倍総理の忠犬」山口敬之氏のさらなる驚きの”醜聞”が…

出典:ポコポコちゃんのブログ

週刊新潮に衝撃の性犯罪&警察幹部による揉み消し疑惑がスクープされた山口敬之氏ですが、新たに、TBS職員の女性との不倫と2度の妊娠中絶、さらには戸籍謄本偽造という、仰天の情報が出てきています。

これを報じているのが、今のところサイゾー系のTOCANAだけなので、実際どこまで本当なのか分からないけど、こりゃまたまた凄まじい話が出てきたね。
結構具体的に書かれているので、新潮に続いてこちらも気になってしまうけど、もし、これも全てが事実なのだとしたら完全に犯罪行為なのは間違いないだろう。

それにしても、安倍政権の周りに群がっているのは、自らの下半身のコントロールすらも全く出来ない「発情期の獣」のような人間が実に多いね。
中川俊直議員も前例のないほどのスキモノぶりだったけど、この山口敬之氏も負けてなさそうだ。

前にも書いたけど、まさしくこれこそ自民党の「お家芸」であり、国民のための政治や報道もそっちのけで、権力(安倍政権や海の向こうの”ご主人様”)へ忖度と忠誠心の見返りに、金と色にひたすら溺れている連中はまだまだたくさんいるはずだ。

山口氏の衝撃の新潮スキャンダルは、今の所どこの新聞・テレビも一切触れようともしていないみたいだけど…このままウヤムヤのまま闇に葬るつもりなのか、それとも、メディアが大々的に報じたことで「第二の籠池氏」となるか、よく見ておくこととしよう。

全ては、「安倍総理に対する親密度や忠誠度」で、どちらに転んでいくかが決まっていきそうです。
「火の無いところに煙は立たない」と言いますし、いずれにしろTBS時代から多くの問題を抱えていた可能性は高そうですので、この山口敬之氏は今後も注意して見ていくのが良さそうです。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket