【これは酷い】山口敬之氏の準強姦疑惑を必死に否定する同氏のフェイスブック投稿に昭恵夫人が「いいね!」

Pocket

どんなにゅーす?

「安倍総理の忠犬」として知られるコメンテーター山口敬之氏が、週刊新潮が報じた自身の「準強姦&警察幹部揉み消し疑惑」についてフェイスブックで反論している中、なんと安倍昭恵総理夫人が山口氏の反論に「いいね」をしていたことが判明した。

スポンサーリンク

握り潰された「安倍総理」お抱えジャーナリストの準強姦逮捕状 被害女性の告白

山口氏にレイプされたと訴えるのは、海外などでジャーナリスト活動を行う27歳の女性である。氏とは、就職先を探す過程で、2013年に知り合った。

“事件”が起きたのは15年の4月3日。山口氏と2人で東京・恵比寿の飲食店に入ったあと、途中から記憶を失ったという。

「私は薬(デートレイプドラッグ)を入れられたんだと思っています。身体に痛みを感じて目覚めた時、あの人が身体の上に乗っている状態でした」(被害女性)

その後、彼女は警察に訴え、6月頃に山口氏への「準強姦」の逮捕状が発付された。ところが逮捕直前になり、逮捕状の執行は取り止めに。その背景には、菅義偉官房長官の秘書官も務めた中村格・警視庁刑事部長(当時)による隠蔽の可能性が取り沙汰されている。

【デイリー新潮】

レイプ報道の安倍応援団・山口敬之が“セカンドレイプ”的反論! それに昭恵夫人がなんと「いいね!」を

にもかかわらず、山口氏は〈法的措置を含め断固たる対応を検討〉と恫喝し、女性をさらに傷つけるようなことを書き綴っている。

〈犯罪行為がなかったという最終的な結論が一年ほど前に出た後も、当該人物側がこの話をスキャンダルとして各種メディアに売り込もうとしていたことは察知していました。しかし私としてはやましいことは一切ないので、本を出版したりテレビに出演したりしてジャーナリストとしての活動を続けてきました〉

事件がもみ消されようとする中で、被害をメディアに訴える手段に出ることは当然の話だが、それを山口氏は「売り込もうとしていた」などと、あたかも女性が金銭目的であるかのように印象付けているのだ。

このように、山口氏の反論はセカンドレイプと言ってもいいものなのだが、信じがたいことに、この一方的な主張に「いいね!」と反応した人物がいる。安倍昭恵夫人だ。

【リテラ 2017.5.11.】

スポンサーリンク

出典:伊達直人

↓山口氏のフェイスブック上での反論。

スポンサーリンク

「女性の味方」を自称してた昭恵夫人が、山口氏の説得力薄の”釈明”に賛同し、「いいね」!

はあ~~っ!?
森友学園疑惑でも、自身の積極的な関与の疑いがますます増しているにもかかわらず、一向に表に出てきて説明しようともしない昭恵夫人が、山口敬之の一方的な釈明に「いいね」をしていたなんて…!

一体この人は、どこまで自分本位で都合がいい思考回路をしているのよ!?

しかも、昭恵夫人に関しては、過去にミス・インターナショナルで優勝した吉松育美氏が「芸能プロダクションの取締役からストーカー行為を受けた」と訴えていた際には、「吉松さんと一緒に闘う」などと共闘役を買って出た上に、女性の人権を守るといわんばかりに、こんなことを発言していたらしいぞ。

「マスコミの皆さん、特定秘密保護法の批判をするのなら、彼女のことをきちんと報道して下さい。全ての女性のために吉松さんと力を合わせていきたいと思います」(Facebookの投稿、2013年12月25日)
「今回、主人が総理になってから、女性がもっと輝ける社会をつくっていくために取り組んできた。そんな中で、彼女の問題が闇に葬られてしまっては絶対に良くない」(「週刊文春」2014年2月27日号/文藝春秋)

【リテラ 2017.5.11.】

つまりは、「全ての女性の味方」を自称していたのも、ただ単に自分自身の威厳や影響力を高めるためにやっていただけで、自分自身にとって都合が悪いケースについては、たとえ女性をより傷つけることになろうとも、「セカンドレイプ」に迷わず加担するような思考回路の持ち主だったということだろう。

全く、昭恵夫人も安倍総理と肩を並べるほどのろくでもない人間だわっ!!
結局は、安倍総理も昭恵夫人も山口敬之氏も、自分に都合が悪いことはデマやごまかしや逆ギレで逃げるばかりで、権力を笠に着つつ不正もインチキもやりたい放題のとんでもない輩だってことね!

まさに「類は友を呼ぶ」というか、絶望的なまでの「傲慢さ」と「厚顔無恥」、そして「反知性(白痴化)」がウィルスのように蔓延しているのがこの国で起こっている現実だろう。

山口氏の反論を見ても、よく読むと、ホテルに女性を連れ込んだことも、意識を失っていた女性を襲って、避妊もせずに行為に及んでいたことも明確に否定していないし、この時点で完全に「準強姦」に該当することになる。
そして、昭恵夫人も同じくだけど、山口敬之氏も「フェイスブック」という、より自分自身が発した言葉に対する「責任」が比較的軽くて済む媒体を利用して、「ライトな反論(エクスキューズ)」に徹しているのも、とてもせこい上にまるで不誠実な対応だ。

こうした一面を見ても、安倍一派のメンタル構造が透けて見えてくるし、今回の一件は山口氏だけでなく、昭恵夫人の歪んだ人間性をますます浮き彫りにしたといえるだろう。

とにかくも、こんな連中をのさばらせていれば、日本がどんどん滅茶苦茶に破壊されきっちゃうことは火を見るより明らかだわ!

すでに警察や検察なども汚染されきっているみたいだし、一刻も早く何とかしないといけないね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket