【加計】寺脇研氏が、”某全国紙”から前川前事務次官の会見についてコメントを求められたものの、掲載がボツにされたことを暴露!

Pocket

どんなにゅーす?

元文科官僚で映画評論家の寺脇研氏が、加計疑惑をめぐって前川前事務次官が記者会見を行なったことについて某全国紙からコメントを求められ、これに答えたものの、掲載がボツにされたことを暴露した。

・寺脇氏は、フェイスブックでボツにされたコメントを公開するとともにその内情を打ち明け、「このコメントは載せるなと上からの命令があり、掲載が見送りになりました」と、担当者から暗い声で電話がかかってきたことを明かしている。

スポンサーリンク


↓某全国紙にボツにされた寺脇氏のコメント。

前川前文科次官の会見は堂々たるもので、信念の人だと改めて感じた。覚悟を決めて証言したのだろう。
今回の問題は、獣医学部の新設を特区として認めるための手続きが適正に行われたかどうかにある。指摘された文書が本物とすれば、本来あるべき関係省庁の合意形成がないのに内閣府の官僚が首相の意向であるかのように恫喝し、文科省に設置審査入りを急がせていたことになる。
官僚が首相の意向を勝手に忖度し、手柄を立てて評価してもらおうと強引に進めていたのなら大問題だ。忖度は森友学園の問題とも通じる。官邸が幹部人事をコントロールしていることが、忖度の行政を生んでいるのではないか。
内閣府という役所は歴史が浅く、他の省庁のように役人としてどうあるべきかという「吏道」が確立していない。官邸の下部機構なので官邸が強大になれば内閣府の官僚は各省庁に対して強権を振るえる。本来、それぞれの所掌について責任を持ち政策提案するのが各省庁の本務のはずなのに内閣府の下請け状態となっている。これは正常な内閣制度とは言えない。

【フェイスブック(寺脇研)】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍政権が作り上げた、マスコミがつい自主規制してしまう「恐怖の忖度システム」とは?

元文科省の官僚で映画評論家の寺脇研さんが、加計疑惑を告発した前川さんの記者会見について「ある全国紙」からコメントを求められたところ、上からの指示によってコメント掲載がボツになってしまった内幕を明かしてくれました。

やはり、これが今の日本のマスメディアの現状なのですね…。

上の寺脇氏のコメントを読んでみたものの、特におかしなことは言っていないように感じるし、個人的には、何故こうしたコメントが掲載禁止になるのかがさっぱり分からんね。
まさに、今の日本のマスメディアは、安倍政権による強い支配と監視の元で運営されていることを感じるし、特に全国紙の各新聞社(テレビ局も)の幹部レベルは、それぞれに差はあるものの、ほぼもれなく安倍政権の意向に従わざるを得ない実情になっていると見るのが良さそうだ。

恐らく、そうした事態になってしまっている背景の一つとして、安倍政権が大量に送り込んでいる「ネット工作員」をはじめとした、安倍政権のカルト的なネット支持者の影響があることが考えられ、安倍政権に対して強い批判を含んだ記事や番組をひとたび流せば、ほぼもれなく、彼らの「組織力」によってネット上でその記事や記者に対する誹謗中傷の活字が躍るし、酷い場合には会社の窓口に大量の苦情メールや嫌がらせの電話が掛かってくる(いわゆる電凸)との話もある。

ボクはこうした「言論弾圧集団」を、安倍政権が政党関係者や支援者に加えて多くのバイトを雇って運営しているものと見ているけど、こういう嫌がらせをかなりの規模でやられてしまうと、本来の業務にも支障が出る他、やはり精神的にも強いプレッシャーを受けることになるだろう。

こういう事態を避けようとすれば、いやが上にも安倍政権に忖度する記事や番組を作るようになるだろうし、すでに、こうしたことの積み重ねでメディアが自然と自主規制をし、面倒なことをやりたがらないようになってしまっていることも考えられる。

どちらにしても、寺脇氏の今回のエピソードも、相当やばいまでに日本のマスメディアが自由な報道が出来なくなっている現状を表わしており、ことに政治の分野に関してはことごとく安倍政権に与(くみ)した歪められた報道しか行なわれなくなってきている実態を改めて感じてしまうね。

まさに、これ(強力なメディアコントロール)こそが、安倍政権がここまで長期政権を維持し続けている大きな要因の一つなのですね。
そして、安倍政権によってかつてないまでに組織化&巨大化されているネット工作員は、日本の政治に関する情報社会を大きく歪めている一因かと思います。

秘匿性や匿名性の高いインターネットの中での話ゆえに、いまだにその全容はあまり解明されていないけど、もはやこれに対抗していくには、野党側も強力な「ネット部隊」を構築していく他はないのかもしれないね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket