【これは酷い】今村大臣辞任を受けて寿司トモ田崎史郎氏が大暴言!「政治家は被災地に寄り添っているフリをしなきゃならない」

Pocket

どんなにゅーす?

・今村復興大臣による”暴言辞任”の件について、安倍総理の寿司トモ報道人の一人である田崎史郎氏がトンデモ発言を行ない、批判が殺到している。

・2017年4月26日放送のTBS「ひるおび」の中で、田崎氏は「政治家は被災地に寄り添っているフリをしなきゃならない。でもフリすらできないで『良かった』と言ってしまう。これは言葉の使い方がなっていない。」と発言し、「今村氏は被災地に寄り添うフリをするべきだった」と主張した。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:Twitter(@nukaboko)

毎度毎度、安倍政権に対する耳を疑う”アクロバット擁護”を繰り返し、世間の冷笑とヒンシュクを買っている田崎史郎氏が、またまたトンデモ発言を行なったことが話題になっている。

なんと、今村大臣の辞任について「政治家は被災者に寄り添う”フリ”をしなければならない」ビックリする自説を展開したようだね。

なーに身も蓋もないトンデモ発言をしちゃってるのよぉ!!

それじゃあ、そもそも「政治家は、被災地の人たちの弱者の目線で寄り添わないのは当然のこと」とでもいわんばかりの、本音丸出し発言じゃないのぉ!!

つまり、「政治家が嘘つきなのは当たり前で、税金を払っている国民を上手に騙す”ペテン師”であり続けるべき」ということなんだね。

さすが田崎氏、安倍政権の本質も見事なまでに分かっている、実に鋭い発言だ。

管理人さんもそんな呑気なこと言ってないで、もっと田崎氏を徹底的に批判してよぉ~!!
こんな男が、公共の電波のコメンテーターとして当たり前のようにふんぞり返っているなんて、完全な異常事態よぉ!!

とにかく、森友のゴミ撤去の「例の発言」以上に、これは看過できない超ど級の暴言であることは確かだね。

安倍政権になって以降、やけに田崎氏を色々な番組で見かけるようになったけど、もう二度と番組に出られないように、徹底的にクレームをしていくのがいいんじゃないかな

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket