森友疑獄のキーマンで昭恵夫人付だった谷査恵子氏、堅く口をつぐんだ”ご褒美”に異例の大出世!在イタリア日本大使館の1等書記官に就任!

Pocket

どんなにゅーす?

・森友疑獄のキーマンの一人で、昭恵夫人の代わりに籠池氏と国有地取引で連絡を取り合っていた谷査恵子総理夫人付が、ノンキャリ官僚として異例中の異例である大出世をしていたことが判明した。

・中小企業庁の職員だった谷氏は、現在在イタリア日本大使館の1等書記官に就任していることが発覚。同じく森友疑獄を隠蔽した財務省の佐川氏や、山口敬之氏のレイプ逮捕を揉み消しにした警視庁の中村格氏など、安倍政権の疑獄の隠蔽に貢献した役人たちの異例の出世が相次いでいる

スポンサーリンク

元首相夫人付の職員、伊大使館へ異動 森友問題に関与

安倍晋三首相夫人付の政府職員だった中小企業庁の谷査恵子氏が6日付で異動し、在イタリア日本大使館1等書記官に就いていたことがわかった。谷氏をめぐっては、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題に関連して、学園側に土地取引に関するファクスを送っていたことが3月に明らかになり、経緯についての説明が政府側と学園側で食い違っていた。

経済産業省関係者によると、谷氏は経産省のいわゆるノンキャリア官僚で、欧米の大使館への異動は異例という。

【朝日新聞 2017.8.15.】

河野外相なぜ認めた 森友疑惑キーパーソンが海外“高飛び”

森友疑惑で“渦中の人”となった総理夫人付秘書官・谷査恵子氏の在イタリア日本大使館勤務という“栄転”を認めてしまった。谷氏は、経産省のノンキャリア官僚ながら安倍首相の妻・昭恵氏を秘書としてサポート。何より、大阪地検特捜部に詐欺容疑で逮捕された籠池泰典前理事長と財務省をつないだ「口利き役」という、疑惑のキーパーソンだ。

外務省はそんな重要人物を出向先として迎え入れ、谷氏は晴れて6日付で1等書記官に着任した。これ以上、野党とマスコミが追及できないように、事実上、海外に逃がした形だ。なぜこんな人事がまかり通るのか。政治評論家の山口朝雄氏がこう言う。

「常識的に考えれば、ノンキャリの官僚が在イタリア大使館へ栄転する人事はあり得ない。特別な人事を行うことで、政権に協力すれば褒美として出世させると官僚に見せつけたのも同然です。河野太郎氏も、外務大臣に“大栄転”したことで、官邸に歯向かえなくなっているのではないか。

【日刊ゲンダイ 2017.8.15.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新たに安倍政権の「極悪ブラック人事」が発覚!安倍政権の疑獄を全力隠蔽し、国民にとことん背を向いた政治家・役人はもれなく異例の大出世!

またまた信じられないくらいの、安倍政権のメチャクチャな人事が発覚したのね!
あの、森友疑獄のキーマンの一人で、一切表に出てきて何も語ることがなかった谷査恵子さんまでもが「異例中の異例の大出世」なんて…!

森友疑獄の重要書類を隠蔽・破棄し、虚偽の答弁を繰り返して国民を欺いた財務省の佐川氏や、詩織さんをレイプした罪で逮捕寸前だった「安部総理の代弁者」のジャーナリスト山口敬之氏の逮捕を中止させ、一切の事柄の揉み消しを指示した警視庁の中村格氏などと全く同じパターンだね。
しかも、谷氏を遥か遠くのイタリアに派遣させてしまうことで、マスコミが取材することも容易ではなくなってしまうので、安倍政権にとってはまさしく「一石二鳥」ということだ。

安倍政権の性質は終始一貫しており、政権の不正や疑惑を全力で隠蔽し、国民に対してとことん背を向いた官僚や政治家に対しては、これ以上ない厚遇を用意し、逆に国民の利益を優先し、政権に対して異を唱えた人間に対しては、ネット工作員や配下のメディアを総動員し、言われなき誹謗中傷を浴びせ、見せしめにした上で再起不能にさせる

まさに北朝鮮のキム政権もビックリの暗黒政権であり、モラルや倫理観、人としての最低限のマナーや常識も皆無の、日本史上最悪の「ブラック国家」と化しているといえるだろう。

また、日刊ゲンダイでもこの人事を黙認した河野太郎外相を強く批判しているけど、河野氏は、以前にも山口氏の詩織さんレイプ&揉み消し事件に関しても、逮捕を揉み消した警察官僚側を擁護するような発言を行なっており、(父親の洋平氏や脱原発の主張などに惑わされる人がかなり多いものの)この政治家は安易に信用しないほうがよさそうだ。

まったく、常識もモラルもゼロの何もかもがメチャクチャな状態じゃないのよぉ!!
河野太郎さんも、結局は自身の権力や保身が恋しい、ただの政治屋の可能性が高そうだし、もう自民党の政治家の誰も信用できないわっ!!

そもそも自民党自体がCIAの後ろ盾でできた生粋の「売国政党」だからね。

このようなニュースをきっかけに、国民が現在の未曾有の政治腐敗の実態をよく知り、これらをきっかけに日常的に政治や時事に興味を持ち、やがては多くの国民が本質を見極める「目」や様々な誘導や騙しに引っかからない能力を手に入れていくことで、何とか「真の国民主権社会」を手に入れていくような流れに向かっていってほしいものだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket